プロフィール / Profile

まどぅー

初めまして。カナダ在住の旅するダンサーの鈴木まど佳です。まどぅー (@madocanada)と呼ばれています。

わたしの人生の転機は主に以下です!

  • 不登校
  • 世界一周
  • 国際同性婚
  • カナダ移住
  • ダンススタジオ経営/独立
  • 世界100ヶ国200人と生活中
  • ブログ運営
順を追って自己紹介をさせてください!

小学校で不登校・進学校を自主退学

まずは少し遡って過去の話をします。

11歳の時に「みんなと同じでいなければいけない教育」に疑問を持ち不登校になったんです。

中学はかろうじて行きましたが、教師からの体罰や厳しいルールに常に疑問を感じていたんですよね・・。

自由な校風の高校に行くために受験をガンバり、無事に進学校へ入学します。

まどぅー
しかし!!

16歳の時に学校で教わったことは「どうやって人生を安定させるのか」でした。

なんか思ってた高校生活と違う・・・

周りが「進学校をやめるなんてモッタイナイ」と反対する中、やめました。(のちに別の高校を卒業)

この学校で学ぶべきものは何もないと思ったからです。
 

クラシックバレエで初めての挫折

ここからは、わたしの人生において重要であるバレエとダンスの話をしようと思います。

3歳から16歳までクラシックバレエを習っていました。当時は厳しいバレエスクールに通っていて、足のつま先が血だらけになるまで練習の日々。

不登校で学校に行き場がなかったこともあり、バレエに没頭しました。

ミスをしないように常にビクビクしながら踊っていたのを今でも覚えています。

発表会に向けて練習をしていたのですが、自分のミスが原因で役を外されたのです。(当時11歳)

役を外されたことをキッカケに、自分には才能がないと思いました。

そして「もうこれ以上踊りたくない!」と心が悲鳴をあげていたことに気づいたんです。

バレエスクールにも学校にも行き場をなくしてしまい、家にこもる日々が1〜2年ほど続きました。

その後、他のバレエスクールを転々とし理解ある先生との出会いもありましたが、「バレエを心から楽しむ気持ち」はすでに失っていたんですよね。
 
結果的には10年以上はバレエ人生でした。
 

ヒップホップに出会う

そんな時に出会ったのがヒップホップです。

中学生の時にDA PUMP(ダパンプ)が司会をやっていた「少年チャンプル」というダンス番組にクギ付けになったんです。

▼当時、すり切れるほど見たDVD▼

高校入学と同時にダンスにのめり込みました。

バレエとは違ったストリートダンスの世界観や、舞台で踊る楽しさに魅了されて、

「踊ることが好きなんだ」と再確認する時間でもありました。

ダンサーの夢を叶えるために上京するも・・

18歳の時に東京で一人暮らしを始めました。

ダンサーの夢を叶えるためです。

しかし、「ダンサーになりたい」と人に言うことができなかったんですよね。自分より上手なダンサーがわんさかいる東京で、自分の夢を口にするのが恥ずかしかった。

それでもダンスレッスンに通い、1ヶ月に何本ものダンスイベントに出演し、忙しい日々を送っていました。

そして友人たちとダンスコンテストに挑戦しました。

↑コンテストに出場した時の写真(左から2番目わたし)

ダンスで成功するにはコンテストで賞を受賞することが王道。これが最後のチャンスだと思い、何度かチャレンジしたんです。

が、コンテストには負けました。

コンテストのために一時的に組んだチームだったので自動的に解散。

自分の道をもう一度、考え直そうと思いました。
 

20歳の時にアメリカへ

うだつの上がらない日々を繰り返し、気づけばネガティブ思考になってしまったんですよ。19歳から20歳になるあの1年間は、相当もがき苦しみました。

「自分なんてどうせ何をやってもダメなんだ・・・」と絶望しかなかった。

救いようのない日々を過ごして孤独に押しつぶされそうで、理由がなくても涙が出る日々。

「誰にも会いたくない」と約束した予定をドタキャンすることもありました。

そんな時に高校の同級生の誘いを受け、アメリカへ行くことに。

アメリカではいくつかのダンススタジオに訪れてダンスレッスンを受けてみたんです。

その時に、「あ、自分はダンスで食べていける」と確信したのです。

※ここだけの話、自分より下手なダンスの先生がいたんですw

↑アメリカでダンスレッスンを受けた時の写真

「ブラックアイドピーズ」のモデルダンサーの仕事

同時期にはダンスゲーム「The Black Eyed Peas Experience」のモデルダンサーのお仕事をいただいたんですよ!

まどぅー
涙が出るほど嬉しかった・・!

初めてダンスでお金をいただけたことは自信になりましたね。

この(↓)モデルダンサーはわたしです!

ネガティブ思考だった自分が少しづつではあるけど、プラス思考に変わっていく瞬間でもありました。

踊りながら世界一周へ

21歳で世界に出ようと思い、10ヶ月間必死でアルバイトをして資金140万円を貯めました。

22歳で念願の世界一周へ。

  • ダンスはなぜ生まれたのか?
  • 人はなぜ踊るのか?
  • 自分はなぜ踊るのか?

この3つの答えを探し求め、ピースボートでアフリカ・南米へと旅立ちます。

まどぅー
この世界一周が今でも原点!

路上で大きな声援に囲まれて踊った時は、鳥肌が止まらなかった。

島国モーリシャスで現地のダンサーと踊った一枚

気づけば訪れた国は20カ国以上、一緒に踊った人の国籍は100国籍以上に。

↑「モーリシャス」にて踊るわたし

壮大な景色に圧倒され、自分のちっぽけさを感じた。

カナダ・アルバータ州

踊りながらの旅は奇跡のような出会いの連続だったんです。

南アフリカで偶然タップダンサーだったホストファザー

自分と同じ考えをもつダンサーにも出会えました。彼とは今でもダンスメイト!

↑ダンスメイトのカナダ人「ジョッシュ」

世界で学んだことは今でも自分の軸になっています。

色んな国の「当たり前」や「普通」を見れたことは財産です。

踊り続けてきたからできた経験も山ほどありました。

一緒に踊ってくれた世界のみんなのおかげで、「自分はそのままでいいんだ」と思えるようになったんです。

↑モーリシャスの路上で踊ったみんな

たくさんの出会いと気づきがあった旅でした。

路上で出会った南アフリカの子どもたち

世界一周をして自分が踊る意味を明確にできました。

▼ダンス映像『わたしが踊る意味』▼


 
世界一周での出来事は別記事にもアップしているので是非。
 

再び海外へ行くチャンスが!

日本に帰国し、ダンス講師としてスタートを切りました。

↑日本で教えていた時のダンス生徒

 

 
しばらくダンス講師をしていましたが、再び海外に行くチャンスがやってきたんです。

TEDにダンサー出演

カナダに訪れてすぐに、現地のユースグループ「Heart Mind Body(ハート・マインド・ボディ)」に誘われ、加入。

バンクーバーにて仲間たちとTEDへ出演を果たしました!

最前列の右から2番目(真ん中あたり): わたし

マイケルジャクソン追悼イベント

数百人規模のマイケルジャクソン追悼フラッシュモブにも参加しました。

真ん中右:わたし(マイケルジャクソンの「スリラー」を117人で踊っている瞬間)

ボブマーリー孫娘のドニーシャからメッセージを貰う

さらにこんな出来事もありました。

ボブマーリーの孫娘であるドニーシャが、わたしのダンス映像を見てわざわざメッセージをくれたんです。

まどぅー
ボブマーリーの孫娘!?

ポスターにメッセージを書いてくれた↓

↑ポスターに書かれたドニーシャからのメッセージ

ドニーシャから貰ったメッセージを翻訳しました。

MADU!
You have danced your way into my heART! I will never forget you! Soon..We will meet!
ONE LOVE, Donisha:)

まどぅー!
あなたは私の心の中で踊りました!あなたのことは絶対に忘れません!すぐに会えるでしょう!
ONE LOVE、ドニーシャより

HIPHOPアーティスト「ヴァニラ・アイス」に指名される

また、90年代ヒップホップアーティストが出演するイベントに行った時に、こんなこともありました。

一世を風靡したアーティスト「ヴァニラ・アイス」から舞台で踊るように指名されたのです!

「こんなことってあるんだ!」とイベント後も興奮がおさまらなかった・・。

ベストパフォーマンス日系賞を受賞

超有名ポエトリーアーティストのシェーンコイザンがわたしのためにダンスの詩を捧げてくれるという、夢のような出来事もありました。

その詩をもとに、自分のダンスを表現しようと心に決めます。

作品が完成したのと同時に、2015年の夏にカナダで開催された日系スター・タレントサーチに出場することにしました。

まどぅー
自分のダンスで改めて挑戦したかったんです!

出場チームは全部で70組。オーディション、セミファイナル、ファイナルを勝ち抜き、

「最も記憶に残るベストパフォーマンス賞」を受賞することができました!

受賞したの時の一枚

音楽も詩に合わせて編集し、意味と重なるように作品をつくりました。自分自身が何を表現したいのか、向き合った期間でしたね。

▼受賞したダンス映像『Voltage』▼


 

国際同性婚し、カナダに移住

海外でようやくダンスの芽が出始めたころ、2015年カナダに拠点を移しました。

世界一周中に出会ったカナダ人(女性)と結婚するためです。

2016年6月11日に130人の方に祝福されて国際同性婚をしたのです。

左:わたし 右:パートナーのキム(Photo by Tanabe+Photography

驚かせてしまってすいません。

まどぅー
まさか、自分が女性と結婚するとは!わたしも思っていなかったんですよ!

カナダでは2009年から同性婚が国の法律によって認められています。

カナダの首相ジャスティン・トルドー氏が自らプライドパレードに参加したり、差別があった歴史に対して謝罪スピーチを行うくらい、寛容で多様な国なんです。

結婚式は皆様のおかげで人生最高の日になりました。本当に感謝でいっぱいです。

▼結婚式の映像もぜひ▼


 

ダンススタジオを設立!経営しています

2017年1月ダンススタジオをカナダのマチョーズン村でオープンしました。

ダンススタジオの内装はすべて自分たちで行なったんですよ〜!

27歳で自分のスタジオを持つという夢が叶いました!

現在は約30人の村の子どもから大人が通ってきてくれています。

ダンススタジオでのレッスンの様子(Photo by Tanabe+Photography *with students permission)

スタジオを持つという決断をしたからこその、出会いがたくさんありました。

ダンススタジオでミニ発表会をした時 (Photo by Tanabe+Photography *with students permission )

 

まどぅー
決断して本当に良かった〜。

ダンスの仕事がさらに増える!

ダンススタジオを開いたことでダンスの仕事がさらに増えました。

まどぅー
本当にありがたい!

自分のスタジオ以外でもダンスを教えている場所は以下です。

  • レイノールズ高校(カナダ、ビクトリア)
  • ブロックス高校(カナダ、ビクトリア)
  • ウェストモント小学校(カナダ、ビクトリア)
  • ブガルーダンスアカデミー(カナダ、バンクーバー)
  • ピアソンカレッジ(カナダ、ビクトリア)

カナダに滞在した日本人の中高生を対象としたダンスレッスン

気づいたら、好きなことを仕事にする!ができていました。

世界100ヶ国出身の200人と共同生活中

それだけでなく、カナダ人のパートナーピアソンカレッジ(UWCの国際学校)で仕事をしています。

学校が合わず不登校になったわたしが、カナダの学校に住み、高校生と関わっているなんて自分でも驚きですw
 

ピアソンカレッジとは?

元カナダ首相ピアソン氏の「人種、性別、貧富、国籍に関わらず全ての人が平等に学ぶべき」という考えに基づき設立されたカレッジ。

ピアソンカレッジでは主に3つのことをしています。

  1. ハウスペアレント
  2. LGBT(Q2)のサポート
  3. ピアソンダンサーズ

ハウスペアレント

わたしたちのハウスには40人の生徒が世界から集まってきています。寮生のお世話をするのがハウスペアレントです。

私たちのハウスに住む世界各国からやって来た40人の生徒

まどぅー
この学校では世界中に友達ができるんです!

▼ピアソンカレッジの映像はこちら▼


 

LGBT(Q2)のサポート

2018年の在校生のアンケートでは3人に1人がLGBT(Q2)当事者という結果になりました。

グループでは学校内にどんなマイクロアグレッションが存在するか話し合ったり、一緒にプライドパレードに行って楽しんだりしますね。

学校内にはジェンダーニュートラルのトイレも設置しました。

ピアソンダンサーズ

ピアソンダンサーズとはダンスアクティビティです。

まどぅー
日本でいう部活動のようなものですね。

ヒップホップレッスンを行なったり、ダンスイベントの前には振り付けを担当しています。

世界中の高校生たちと踊れるなんて!貴重な体験をさせてもらっています。

▼ダンスリサイタル映像▼


 

2017年からブログ「旅するダンサー自由記」運営する

ブログで希望を与えたい

私のブログのキーワードは以下です。

  • ヒップホップ、ダンススタジオ経営のノウハウ
  • 世界一周、カナダ生活について
  • 国際同性婚、ジェンダー、性差別について
  • 不登校、学校教育、高校でのハウスペアレントとしての生活について
  • 自分の思考や考え方について

ブログを始めたキッカケは「こんな自分でも生きているよ〜」ってことをシェアしたかったから。

不登校で絶望しかなかったわたしが、今ではダンスの仕事をはじめ、国際学校でも働き、ブログでも発信するようになりました。

かつての自分のような、

不登校で悩める子に、

「ダンサーになりたい」と夢みる子に、

LGBT当事者として不安を抱える子に、

希望を与えられるようなブログを書こうと思っています。

旅するダンサー「まどぅー」の応援をよろしくお願いします!

SNSフォロー歓迎!

フォローしてくれたり、記事をシェアしてくださったら、飛んで喜びます!

▼その他の経歴や講師歴は以下にまとめました▼

メディア掲載歴

今まで掲載されたインタビュー記事などのまとめです!

・スポーツメディアサイト FINEPLAY
平和を希求するダンスメッセンジャー”MADOKA SUZUKI”の超越した表現に世界が涙したわけは?

スポーツメディアサイト FINEPLAY 
ダンスメッセンジャー”MADOKA SUZUKI”が最も記憶に残るベストパフォーマンス賞を受賞!

美女toダンス
美女toダンス 鈴木まど佳インタビュー

海外で働くする人を応援するメディアStar☆tS 
鈴木まど佳-dancer〜海外で働く日本人が答える10の質問〜

ダンスメディアサイトDANCE KEEPERS
DANCDE KEEPERS ダンサー紹介 鈴木まど佳

・NHK番組 旅旅しつれいします。SNS版
【旅人図鑑No.37】《名前》鈴木まど佳

・Job Rainbow (2017年7月)
カナダで同性婚をした日本人ダンサー鈴木まど佳 インタビュー

・世界新聞
世界一周しながら20カ国で踊った話

マチョーズン村ウェブサイトMetchosinWeb.ca ダンススタジオ紹介
Metchosin.ca

マチョーズン村ウェブサイトMetchosinWeb.ca アーティスト紹介
Metchosin.ca

ラジオ番組文化放送・大竹まことゴールデン
大竹発見伝 ザ・ゴールデンヒストリー

nomad journal(ノマドジャーナル
「ダンスさえあれば生きていける」カナダで夢を叶えた鈴木まど佳さんー【海外で暮らすフリーランスのリアル】

・月100万回以上読まれるブログ「ヨッセンス」
LGBT差別大国 → 先進国に移住! カナダで同性婚をした まどぅー さんと対談

ショートプロフィール

日本語プロフィール

なぜダンスが生まれたのか?なぜ人は踊るのか?を探求しにダンス発祥地と呼ばれるアフリカ・南米を中心に世界一周の旅に出る。訪れた国は20カ国以上、一緒に踊った人の国籍は60カ国を超え、レゲエの神様ボブマーリーの孫娘ドニーシャに”革命的なダンス”と言われる。帰国後はカンボジア政府認定事業イベントや、カナダにて行われたTEDxにダンサー出演。日系スタータレントサーチ2015にて最も記憶に残るベストパフォーマンス賞を受賞。2017年1月カナダのビクトリア、マチョーズン村でダンススタジオをオープン。カナダを拠点に世界各地で活動。

          

経歴

・クラッシクバレエ歴:13年
・HIPHOP歴:8年
・The Black Eyed Peas Experience モーションキャプチャーダンサー
・カナダブリティッシュコロンビア大学 ダンサー出演
・コドナ計画 ゲストダンサー出演
・TEDスピーカーのシェーンコイザンと共演イベント出演
・ビクトリアロイヤル美術館 ゲストダンサー出演
・旧黒人居住区南アフリカソウェトにてパフォーマンス&ラジオ出演
・ブラジル音楽ダンス団体アフロへイギでパフォーマンス
・PSYL2015 ダンサー出演、振り付け
・舞台One World 2016 ダンサー出演
・骨髄バンクチャリティーイベント出演
・Cambodia Asia Collection (カンボジア外務省認定事業)
・ TED Performance in Vancouver ダンサー出演
・United World of the Pacific のDance Recitalにて多数振り付け

講師歴

カナダ
・マイケルジャクソン追悼イベントThrill the World
・Cedaedale小学校
・国際学校UWC ピアソンカレッジ
・ICA難民支援センター
・Shorelineミドルスクール
・Raynoldsハイスクール
・Brooksハイスクール
・バンクーバーブガルーアカデミー
・PSYLサマーキャンプ
・Movement Dance Studio

日本
・スタジオパイレーツ
・アクロスモール守谷
・スタジオアートフォリオ
・クレアシオンスタジオ
​・船内自主企画:「ピースボート」78回

     

受賞歴

・国際交流NGO Peace Boat 主催 洋上パフォーマンスコンテスト 特別賞受賞
・学校法人立志舎主催ダンスコンテスト ベストパフォーマンス賞 受賞
・日系スタータレントコンテスト 最も記憶に残るベストパフォーマンス賞 受賞

最後までお読みいただき、ありがとうございました!以上、旅するダンサーまどぅー(@madocanada)よりお届けしました。