プロフィール / Profile

まどぅー

初めまして。カナダ在住の旅するダンサーの鈴木まど佳です。まどぅー(Madu)と呼ばれています。

まずは自己紹介をさせてください。

自己紹介します!

不登校から世界一周へ

3歳から16歳までクラシックバレエを習い、17歳からヒップホップを始め、踊り続けて25年です。

少し遡って過去の話をすると、11歳の時に”みんなと同じでいなければいけない教育”に疑問を持ち不登校になりました。

合わせて読みたい

 

16歳の時に学校で教わったことは「どうやって自分の力で生き抜いていくのか」ではなく、「どうやって人生を安定させるのか」でした。

18歳の時に東京で一人暮らしを始めたものの、20歳の時は東京を離れたいと思っていた時期でした。そして21歳で世界に出ようと思い、お金を貯め、22歳で世界一周へ。

合わせて読みたい

 

⬆︎島国モーリシャスで現地のダンサーと踊った一枚

「ダンスはなぜ生まれたのか?人はなぜ踊るのか?」を探求するために2012年ピースボート78回クルーズに参加。ダンスや音楽が盛んな南回り、アフリカ南米を中心に世界を踊りながら旅しました。

⬆︎ダンス写真

気づけば訪れた国は20カ国以上、一緒に踊った人の国籍は60国籍以上。

⬆︎左: ダンサーの友人ジョッシュ 右:わたし(Photo by Tanabe+Photography )

世界で学んだことは今でも自分の軸になっています。

⬆︎南アフリカで偶然タップダンサーだったホストファザー

たくさんの出会いと気づきがあった旅でした。

⬆︎路上で出会った南アフリカの子どもたち

合わせて読みたい

世界一周帰国後の活動

世界一周後はアジアコレクション(カンボジア)に出演。

カナダのユースグループ(Heart Mind Body)に所属し、TEDx(カナダ、バンクーバー)に出演しました。

⬆︎最前列の右から2番目(真ん中あたり) : わたし

数百人規模のマイケルジャクソン追悼フラッシュモブにも参加しました。

合わせて読みたい

 

⬆︎真ん中右:わたし(マイケルジャクソンの「スリラー」を117人で踊っている瞬間)

日系スタータレントサーチ2013では最も記憶に残るベストパフォーマンス日系賞を受賞しました

合わせて読みたい

 

⬆︎受賞したの時の一枚

【10秒ダンス】

結婚しています

2015年カナダに拠点を移し、2016年6月11日に130人の方に祝福されて国際同性婚をしました。ちなみにカナダでは2009年から同性婚が国の法律によって認められています。

合わせて読みたい

 

⬆︎左:わたし 右:パートナーのキム(Photo by Tanabe+Photography )

ダンススタジオを運営しています

2017年1月ダンススタジオMovement Dance Studioをカナダのマチョーズン村でオープン。27歳で自分のスタジオを持つという夢が叶いました。現在は30人の村の子どもたちが通ってきてくれています。

合わせて読みたい

 

⬆︎ダンススタジオでのレッスンの様子(Photo by Tanabe+Photography *with students permission)

⬆︎ダンススタジオでミニ発表会をした時 (Photo by Tanabe+Photography *with students permission )

スタジオの内装はすべて自分たちで。
鏡は地元のコミュニティサイト(Used.Victoria)で安く手に入れ、発泡スチロールでレンガ風の壁を作り、完成させました。

合わせて読みたい

 

ビフォー

アフター

カナダにある国際学校ピアソンカレッッジに住んでいます

カナダ人のパートナーピアソンカレッジ(UWCの国際学校)にてハウスペアレントとしても活動。私たちのハウスには40人の生徒が世界から集まっています。

⬆︎私たちのハウスに住む世界各国からやって来た40人の生徒

ピアソンカレッジはノーベル平和賞受賞者の元カナダ首相レスターB.ピアソン氏の「人種、性別、貧富、国籍に関わらず全ての人が平等に学ぶべき」という考えに基づき設立されました。

合わせて読みたい

 

ダンスアクティビティの顧問もしています。バンクーバーで行われたマイケルジャクソン「スリラー」をゾンビメイクして踊った時の写真です。

⬆︎ダンスアクティビティに所属する生徒とゾンビダンスした時の一枚

海と森の大自然に囲まれ、世界80カ国以上出身の約180人の高校生が在籍しています。

⬆︎海と森に囲まれているカレッジ

地元の高校や小学校、子どもの誕生日会で出張ダンスレッスンもやっています

その他の活動として地元の高校や小学校、他のダンススタジオに呼ばれ定期的にワークショップを行なっています。

⬆︎カナダ、ビクトリアにあるレイノールズ高校での定期レッスン

⬆︎カナダに滞在した日本人の中高生を対象としたダンスレッスン

私のブログのキーワード

私のブログのキーワードは以下です。

  • ヒップホップダンス、ダンススタジオ運営について
  • 旅、世界一周、カナダ生活について
  • 国際同性婚、ジェンダー、性差別について
  • 不登校、学校、教育、高校でのハウスペアレント(寮母)としての生活について
  • 自分の思考や考え方について

興味がある方は、是非ブックマークしていただけたら嬉しいです。

メディア掲載歴

・スポーツメディアサイト FINEPLAY (2015年2月)
平和を希求するダンスメッセンジャー”MADOKA SUZUKI”の超越した表現に世界が涙したわけは?

スポーツメディアサイト FINEPLAY (2015年9月)
ダンスメッセンジャー”MADOKA SUZUKI”が最も記憶に残るベストパフォーマンス賞を受賞!

美女toダンス
美女toダンス 鈴木まど佳インタビュー

海外で働くする人を応援するメディアStar☆tS  (2016年11月)
鈴木まど佳-dancer〜海外で働く日本人が答える10の質問〜

ダンスメディアサイトDANCE KEEPERS
DANCDE KEEPERS ダンサー紹介 鈴木まど佳

・NHK番組 旅旅しつれいします。SNS版
【旅人図鑑No.37】《名前》鈴木まど佳

・Job Rainbow (2017年7月)
カナダで同性婚をした日本人ダンサー鈴木まど佳 インタビュー

・世界新聞
世界一周しながら20カ国で踊った話

マチョーズン村ウェブサイトMetchosinWeb.ca ダンススタジオ紹介
Metchosin.ca

マチョーズン村ウェブサイトMetchosinWeb.ca アーティスト紹介
Metchosin.ca

ショートプロフィール

日本語プロフィール
なぜダンスが生まれたのか?なぜ人は踊るのか?を探求しにダンス発祥地と呼ばれるアフリカ・南米を中心に世界一周の旅に出る。訪れた国は20カ国以上、一緒に踊った人の国籍は60カ国を超え、レゲエの神様ボブマーリーの孫娘ドニーシャに”革命的なダンス”と言われる。帰国後はカンボジア政府認定事業イベントや、カナダにて行われたTEDxにダンサー出演。日系スタータレントサーチ2013にて最も記憶に残るベストパフォーマンス賞を受賞。2017年1月カナダのビクトリア、マチョーズン村でダンススタジオをオープン。カナダを拠点に世界各地で活動。
          

経歴

経歴
・クラッシクバレエ歴:13年
・HIPHOP歴:8年
・The Black Eyed Peas Experience モーションキャプチャーダンサー
・カナダブリティッシュコロンビア大学 ダンサー出演
・コドナ計画 ゲストダンサー出演
・TEDスピーカーのシェーンコイザンと共演イベント出演
・ビクトリアロイヤル美術館 ゲストダンサー出演
・旧黒人居住区南アフリカソウェトにてパフォーマンス&ラジオ出演
・ブラジル音楽ダンス団体アフロへイギでパフォーマンス
・PSYL2015 ダンサー出演、振り付け
・舞台One World 2016 ダンサー出演
・骨髄バンクチャリティーイベント出演
・Cambodia Asia Collection (カンボジア外務省認定事業)
・ TED Performance in Vancouver ダンサー出演
・United World of the Pacific のDance Recitalにて多数振り付け

講師歴

カナダ
・マイケルジャクソン追悼イベントThrill the World
・Cedaedale小学校
・国際学校UWC ピアソンカレッジ
・ICA難民支援センター
・Shorelineミドルスクール
・Raynoldsハイスクール
・バンクーバーブガルーアカデミー
・PSYLサマーキャンプ
・Movement Dance Studio

日本
・スタジオパイレーツ
・アクロスモール守谷
・スタジオアートフォリオ
・クレアシオンスタジオ
​・船内ダンスWS 世界一周クルーズPeaceBoat78
     

受賞歴

・国際交流NGO Peace Boat 主催 洋上パフォーマンスコンテスト 特別賞受賞
・学校法人立志舎主催ダンスコンテスト ベストパフォーマンス賞 受賞
・日系スタータレントコンテスト 最も記憶に残るベストパフォーマンス賞 受賞

SNSフォロー歓迎です!

まどぅー

フォローはお気軽にどうぞ♪

Twitter
Instagram
Facebook