国際同性婚を決めた私のカミングアウトストーリー【LGBT】

まどぅー
こんにちは!カナダで国際同性婚をした、旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

前記事はパートナーとの出会いとプロポーズについてでしたが、本記事ではどのように家族にカミングアウトをしたかを書きました。

実はわたしはカミングアウトはしないつもりだったんです。

ですが、大祖母のお葬式をキッカケに母に伝えることを決意したのです。

全3話ストーリー

カナダ人の恋人(女)からプロポーズされた!国際同性婚までの道のり【LGBT】
②国際同性婚を決めた私のカミングアウトストーリー【LGBT】←イマココ
遂に迎えた結婚式!同性同士でも幸せになれるの?【LGBT】

カナダ人の恋人(女)からプロポーズされた!同性婚までの道のり【LGBT】

2017.10.09

【LGBT】国際同性婚をした私がプライドパレードに参加。フリーハグを実体験!

2017.10.06
 

スポンサーリンク

母へのカミングアウト

家族の中で最初にカミングアウトしたのは母でした。
 
大祖母のお葬式の帰り道、母はこう言いました。
 

人はいつか死ぬのだから後悔しない人生を生きなさい

大祖母が笑顔で亡くなったことを思い返し、なぜか今しかないって思い立ったんです。

いつかキム(彼女の名前)と別れるつもりならわざわざ言わなくてもいい。

まどぅー
でも、別れることが考えられなかったんです。

左:わたし 右:キム(Photo by Kristy )

恋人がいることは喜ぶべきことなのに、わたしは神妙な面持ちで話を切り出しました。

大祖母が亡くなったこともあってか、付き合っていることを伝えながら、思わず涙が。

母は「人を好きになることに性別も国籍も関係ないのだから自信を持っていいんだよ」と涙ぐみつつも受け入れてくれたんですよね。

その後、母は急に、「カナダにいるキムにスカイプしよう!」と提案。

「二人のことを応援しているからね!」と力強く伝えてくれ、キムも日本語で「ありがとう」と嬉しそうでした。

まどぅー
なぜならその時、キム自身もまだ自分の親にカミングアウトしていなかったんですよ。

同性婚ができるカナダですが、家族に受け入れられない、理解されないケースも珍しくないのです。

友人へのカミングアウト

結婚式が近づくにつれて、「式に誰を招待するか」という話に必然となります。
 
式に呼ぶ=カミングアウトをしなければいけない」という心身ともに疲れることをやってのける必要があったんです。
 
わたしは既にカナダに住んでいたので、どうしても来てほしい友人たちには結婚することをメールで伝えることが増えていました。
 

まどぅー
同時にカミングアウトできずに結婚式に招待できなかった友人たちもいます。残念ながら。
 
仲のいい友人たちに徐々にカミングアウトをし始めたものの、キリがないのもまた事実で。
 
さらに新しい人に出会うたびにカミングアウトをしたりしなかったり。
 
「ホモだと思われるよ」と笑いをとる友人たちの何気ない会話が心を悩まし、徐々に距離をとるようになっていきました。
 
まどぅー
居心地が悪いと感じる時もあったけれど、当事者になってから初めてわかることも沢山あったんですよね。
当事者になった自分自身でさえも偏見を持っていたから。
 
のちにカナダで最先端の教育に触れる機会があり、無意識的に行う差別や偏見のことをマイクロ・アグレッションと言うことを学びました。
 

今こうして、わたしがなんの迷いなく不特定多数の人に向けて書いているのは、様々な人と出会ったことでやっぱり世界を変えなければ!と思ったからなんですよね。

まどぅー
世界というと少し大げさですがw

結婚真近で遂に父へカミングアウト!

父とは、ほとんど会話をしていない時期が10年ほどありました。
 
ステレオタイプな父だと思い込み、否定されるのではないかという恐怖心から、わたしたちの関係を打ち明けることに気が進まなかったんですよね。
 

↑真ん中:幼い頃のわたし 右:父

ある日「お父さんの命が長くない」というメールを母から受け取り、「言わなきゃ」と焦りました。
 
ようやく今までの感謝の気持ち、結婚すること、カナダでの生活のことを伝えることができたんです。
 
それからすぐに「命が長くない」というのはわたしと父を近づけるためについた母の渾身の嘘であったと判明しましたw
 
まどぅー
父にはメールではなく、手紙で。

私のパートナー(キム)からも日本語で一筆書いてもらいました。

↑キムからも父へ日本語で一筆。

10年の溝を埋めるかのように一心不乱に書き続けました。

まどぅー
便箋レター6枚にぎっしりの文字になっていましたね。

「いつか返事が来るかなー。まぁ返事が来なくてもいいや」と自分を説得させるように待っていると、

2週間ほどで日本で手紙を読んだ父からLINEメッセージがきたんです。(一部抜粋)

↑メッセージ1

↑メッセージ2

↑メッセージ3

まどぅー
これはめちゃくちゃ嬉しかった。

だって完全にステレオタイプだと思っていた父から「おめでとう」という言葉が聞けるなんて。

わたしたちは歓喜の声をあげて喜び、「よかったぁ」と安堵の涙を流すほどでした。




カミングアウトはしなくてもいい

冒頭でも書いた通り、家族や友人に理解されない、祝福されないケースはあるんですよね。
 

まどぅー
だからわたしのような家族は稀なのかもしれない。
カミングアウトしたことで絶縁されたって話も聞きますし。
 
また、「この人なら大丈夫だろう」と思った人が偏見に満ちている人であったり、「絶対に理解してくれないだろう」と思い込んでいた人が、実は良き理解者になってくれたりと、様々なケースがあります。
 
実際、私もそうでした。
 
「好きな人と共に生きていくこと」を否定されることほど悲しいことはないですよね。
 
だから別にカミングアウトはしなくてもいいんですよ。
 
カミングアウトができないからって悩む必要もない。
 
したいと思った時にしてみたらいいと。
 
まどぅー
必ずしもいい反応ばかりじゃないから、心苦しくなることもきっとあるけど、何かのタイミングで変わる日が来るかもしれない。
もしくは、少しづつ変わっているのかもしれない。
 
今でもわたしは言ったり言わなかったりを繰り返しながら、好きな人と共に生きています
 

Photo by Tanabe+Photography

遂に迎えた結婚式!同性同士でも幸せになれるの?【LGBT】

2017.10.20

カナダ人の恋人(女)からプロポーズされた!同性婚までの道のり【LGBT】

2017.10.09
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】