【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

不登校だったわたしがアフリカで大号泣。ピースボートで出会ったみんなが教えてくれたこと

まどぅー
こんにちは!旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

「ダンスはなぜ生まれたのか・人はなぜ踊るのか」というテーマを掲げて、ピースボートで踊りながら旅をしていました。

教科書から学べないことは人から学べること身をもって体験したんですよね。

本記事は全2話ストーリーの2話めになります。

世界一周クルーズ「ピースボート」の資料を無料請求をする
 

全2話ストーリー
  1. ピースボートが人生の転機だった。不登校だったわたしの人生の作り方
  2. 不登校だったわたしがアフリカで号泣。ピースボートで出会ったみんなが教えてくれたこと←イマココ

 

スポンサーリンク

奴隷から生まれたセガダンスを体験

20数カ国旅をしてきて、最も印象的だった国があります。

それがモーリシャスという島国です。

モーリシャスでは伝統的なセガダンスを体験するピースボートのプログラムに参加。
 
セガダンスはもともと奴隷として連れてこられた民族の間で生まれたダンスだそうです。
 
奴隷の叫びから生まれたダンスとは思えないほどに華やかでしたよ〜!

↑地元の人たちがセガダンスを披露

ストリートダンサーとの出会い

体験ダンスの後は友人と街を歩きました。

どうしても現地のダンサーと踊りたかったので、「ダンサーがどこにいるか知っている?」と訪ねまわったんですよね。

返ってくる答えは「知らないよ」とあっさりした答えで、なんだか、ちょっと気落ちしていました。

ところが!

そのまま歩き続けていると、好みの音楽が聞こえてきたんですよ!

そこには現地のストリートダンサーたちが音楽を心から楽しみ、リズムにのって踊っていたんです。

まどぅー
迷うことなく彼らと一緒に踊りましたよ!
↑現地のダンサー数人とわたし

「わー」っと響き渡るオーディエンスからの歓声と、

「あの娘はだれ?」と誰かが叫んでいるのを耳に、

汗だくになって踊り続けました。

音楽が鳴り止むまでひたすらに踊るわたしたち。

↑赤いキャップを被った現地のダンサーと主にセッション

高橋歩さんの「Love&Free(ラブアンドフリー)」という本に書かれていた「トリハダは嘘をつかない」って言葉が思い浮かんだ。

当時、英語が全く喋れなかったので、思うようにコミュニケーションができませんでした。

まどぅー
だから、彼らの名前すら聞き取れなかったんですよね、この時・・・。

でも、名前も知らない人たちと踊ることで、こんなにも感動することってあるのでしょうか。

こんな感動をまた味わえるのだろうか?とのちに涙したくらいです。

異国の地で英語もままならない、どこの誰かもわからないわたしに向かって、

「お前はすごい!」って何度も何度も言ってくれたんです。

社会に希望を持てなくて、やりたいことはあるのに夢の叶え方がわからなくてモヤモヤしてて、自分はダメなんだって思い込んでいたわたしに。

不登校で希望が見えなかったわたしに。

彼らに認めてもらえた経験が今の私の自信に繋がっているのです。

自分の人生の一場面として生涯忘れられない出来事になったことは言うまでもありません。

まどぅー
人生はマジで何が起こるかわからないよ!

わたしと一緒に踊ってくれて、本当に本当にありがとう。

↑ダンスは人を繋げると実感する一枚

世界一周クルーズ「ピースボート」の資料を無料請求をする

ダンス映像

めっちゃ恥ずかしいけど当時の映像を貼り付けておきますw

1分47秒〜2分33秒はモーリシャスで踊ったダンス映像です。





世界一周してみては?

ハッキリ言って、世界一周しただけで人生は変わりません。

自分は自分であり、そう簡単には変わらない。

でも、今までに見たことのない景色に触れ、出会ったことのない人と話し、新しいことに挑戦する環境に囲まれた自分を想像してみてほしいのです。

家に引きこもっていたら絶対に見えなかった景色や出会えなかった人たち。

旅から学ぶことは多いんです。

うだつの上がらない日々を過ごしたり、日常でモヤモヤを抱えている人には

世界に出て環境をガラッと変えてみてほしい。
 
不登校だったわたしがオススメするのだから間違いないです(笑)
 
世界一周に行くならピースボートがおすすめです。35歳未満なら乗船費用が実質無料にできるし、約100日間で20カ国以上も周れますよ〜!
 
わたしは本当にピースボートに乗船して正解でした。こんな素敵な出会いが待っているなんて思ってもみなかったんですから!


 
資料の取り寄せは無料なので世界一周してみたい方はぜひ!

前編はこちらから↓

ピースボートが人生の転機だった。「不登校だったわたし」の人生の作り方

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】