【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

【祝】学Pダンスコンテストで優勝しました!わたしが踊り続ける意味

まどぅー
こんにちは、まどぅー(➠プロフィールはこちら)です。

本日は報告記事です。

なんと…、「学Pダンスコンテスト2020」の

一般ソロ部門で優勝しました!!

去年の年末前にオンラインで開催され、結果発表は2021年1月でした。

優勝したことを「ただの優勝」で終わらせないためにも、自分の想いを書き残しておきます。

安室奈美恵さんや郷ひろみさんのツアーダンサーを務めたことがあるIYO-Pさんプロデュースによるダンスコンテストです。

 

スポンサーリンク

「学Pダンスコンテスト2020」で優勝しました!!

優勝したダンス作品は、「結婚の自由をすべての人に」をコンセプトに踊ったものです。

こちらから観れます▼

わたし自身も、まさか優勝するとは!!思ってもいませんでした。
 

わたしが踊る意味とは

2020年が終わるころ、わたしは何だか気持ちが晴れない日々を過ごしていたように思う。

正解なんてないものを探し回ってあれこれ考えていました。

この気持ちをどこかへ押しやってやり過ごしてしまっていたら、このダンス作品は生まれていませんでした。

それが「DANCE FOR MARRIAGE FOR ALL JAPAN -結婚の自由をすべての人に-」です。

昔からそうなのですが、深く傷ついたときや、悲しみに明け暮れるとき、怒りが収まらないとき、

言葉では言い表せないときに表現がしたくなるようで。

感情の回路が複雑になってしまうと言葉に詰まってしまい、表現の回路だけが作動する人間でして。

だから、このダンスは、わたしの声そのものです。

何も行動しないで腐って終わりたくない、という、自分の叫び声です。

そして、自分なりの、ダンスに対する愛情表現でもあるんですよね。

あぁ、こういう自分みたいな脆くて弱い人間のために「ダンス」がこの世に誕生したのだな、と。

「踊ることは生きること」というダンサーありきたりな言葉を並べてみると、

やけに小っ恥ずかしくなるし、

他人が選ぶ道や好む言葉をあえて避けたがる自分は、そんな言葉は似合わないと思うのだけど。

この作品ができるまでの経緯は別記事「使い古された言葉の中に、わたしの人生はもう存在しない」にも書いているんですが、

何かを届けたくて始めた「自分なりの表現」です。

結婚の自由をすべての人に訴訟」(いわゆる同性婚訴訟)を全く知らない人に

知ってもらえるキッカケになったらいいなぁと。

ダンスを通して。

応援ソング、ではなく、応援ダンスのような、なんというか、そんな想いも多少なりあるけど、

でも「応援」というと、他人事ひとごと感があって。

だからやっぱりこのダンスは、他でもなく自分のために、自分の表現として、

自己満足なものとして生まれたんですよね。

ただただ、表現したいものを作品として残せることが、自分自身の力になってるんだ、ということ。

<下に続く>


ヒップホップ界で同性愛者がタブー視され続ける中で

ダンス界は、特にヒップホップ界では長年、同性愛はタブー視されてきました。

ヒップホップの歌詞の中には、同性愛者を差別するラップが多くあるんです。

そんな中、このダンスコンテストでの審査員総評で、審査員のAcchanさんが

「LGBTに関するダンスが印象的で、この作品を見れてよかった」と言ってくださったんです。

まどぅー
想いは伝わるんだなぁ。

だから、同性愛がタブーのヒップホップ界で「優勝したのは意味があること」だと思いました。

まだまだ否定的な考えを持つ方はいるだろうけど、他のダンサーさんたちにも考えてもらえるキッカケにもなったはず。

このコンテストでは、優勝金、優勝盾、オリジナルダンスPV撮影の権利を獲得しました!

↑優勝盾と優勝金

ささやかですが、優勝金はマリフォーに寄付しました。(応援の寄付はこちらから

まどぅー
こういう形で関われることが幸せです!!!!
マリフォーとはMarriage For All Japanの略称。同性婚訴訟のために立ち上がった一般社団法人です。

壊れたレコードでは踊れないけど、声をあげ続ける仲間がいるから

何度も何度も存在を否定され、愛する人と生きていく当たり前の未来が選べない。

それが今の日本の「同性婚ができない現状」です。
 

 
相変わらず、国からは、繰り返し繰り返し「想定していません」と言われる。

壊れたレコードのように。

その壊れたレコードでは、わたしは踊れない。

それでも一緒に「声」をあげ続けてくれる人たちがいてくれるから、

だったら、わたしはその「声」で踊ります。

壊れたレコードがいつか動くその日まで、踊り続けます。

もがきながら、あがきながら、後ろを振り返りながら、表現し続けます。

いつもありがとう。

ありがとうで溢れます。

「おめでとう」と言ってくれたら嬉しいです。

でも、本当の「おめでとう」は日本で同性婚ができるようになった日に言い合いたい。

わたしは今日からまた、自分にできることを、自分にしかできないことを探してみます。

以上、まどぅー(➠プロフィールはこちら)でした。

東京原告の本人尋問を求める署名を引き続き集めています▼

【同性婚訴訟】緊急!本人尋問の機会が奪われた!署名を広げよう。

第2回めの署名提出日は2021年4月26日の進行協議予定です。

「結婚の自由をすべての人に訴訟とは?」についてはこちらから▼

同性婚訴訟とは?結婚の自由をすべての人に訴訟とは?

外国人同性パートナー在留資格訴訟についてはこちらから▼

外国人同性パートナー在留資格訴訟とは?国際同性カップルが抱える問題について。

このダンス作品ができるまでの道のり▼

使い古された言葉の中に、わたしの人生はもう存在しない。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】