【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

【DIY】ダンススタジオを激安材料で作る方法!幸せボンビーダンサーの最大限の工夫と作り方

まどぅー
カナダでダンススタジオを経営する、まどぅー(@madocanada)です。

2017年1月にカナダにダンススタジオを自作で作り、オープンしました。

業者には一切頼まず、すべて自分たちで手がけたので、材料費も激安だったんです!
 

ダンススタジオの内装手順
  • ダンススタジオに鏡を貼る
  • 発泡スチロールで壁レンガを作る
  • 発泡スチロールでフォトブースを作る
  • 木材でスピーカーの台を作る

激安でダンススタジオを作るコツを紹介します。

自宅にダンススタジオを作りたい場合は別記事へどうぞ▼

【自宅にダンススタジオを作る方法】オススメの大きな鏡は?踊れる床はどう作る?費用は?

 

スポンサーリンク

ダンススタジオの鏡について

大きい鏡を安く手に入れる方法

ダンススタジオに欠かせないのが、壁一面の鏡ですよね。

ダンススタジオ用の大きな鏡の値段は1枚で約1万円ほどするんですよ。それを壁一面に貼るとしたら6〜8枚ほど必要で6〜8万円ほどになってしまいます。

まどぅー
ううっ・・・。これは高すぎますね。

わたしが利用したのはカナダ、ビクトリアのコミュニティサイトUsed.Victoriaです。

このサイトは地元の人たちがいらなくなったものや売りたいものをオンラインで売買できるクラシファイドのことです。

地元民にかなり重宝されていて様々な物品が安く手に入ることが多いんです。

日本だったら、この辺のサイトをとりあえずチェックしておくといいですね。

自宅のダンス練習用の鏡

子どもの部屋などににダンススタジオを作りたい場合は、ダンス練習用の鏡がおすすめ。これ一枚で十分に練習ができる大きさだし、軽量です。

わたしが手に入れた鏡

わたしの場合は、ダンススタジオの壁一面に貼りたかったので、かなり枚数が必要でした。

しかし、コミュニティサイトを利用して激安で鏡を購入。大きな鏡6枚でたったの120ドルでした。

なんと1枚たったの20ドル!!日本円にして1600円ほどですね。

まどぅー
や、やすいっ!!

元々はクローゼットのドアミラーとして使われていた鏡です。

↑手に入れた鏡

フレームがついていたので、外して使用しました。

↑鏡に付いていた白いフレームを外した

鏡を貼るのに必要な道具

鏡を貼るのに必要なものは以下です。

  • 電動ドライバー
  • ミラークリップ
  • 軍手
  • 鏡用接着剤
  • スマホの水平機、メジャー
  • 鉛筆

電動ドライバー

電動ドライバーはDIY初心者でも扱える軽量ので十分です。

ミラークリップ

スマホのコンパス

鏡を水平になるように貼っていくのですが、アイフォンのコンパスが役立ちます。

まどぅー
横にスワイプすると画面が切り替わりますよ。
↑これで傾きが調べられました

鏡を貼る手順

簡単に手順を紹介しておきます。

  1. どこに設置するか測り鉛筆で印をつける
  2. 電動ドライバーでミラークリップを設置
  3. 鏡をミラークリップにおさめる

壁の内装について

発泡スチロールで壁レンガを作れる

ダンススタジオは元はヨガスタジオの居抜きです。ですが、既に壁に穴がたくさん開いていました。

こんな状態▼

↑こんなボロボロの状態

発泡スチロールでレンガ風の壁を作って、貼り付けることにしました。

完成状態はこちら▼

↑壁一面に発泡スチロールレンガ

壁レンガを作るのに必要な道具

壁レンガを作るのに使用した材料は以下です。

  • 鉛筆
  • ペイント
  • はんだごて
  • 発泡スチロール

はんだごて

電動のはんだごてでレンガのデザインしていきます。

発泡スチロール

発泡スチロールは薄めのもの。ホームセンターやセリアで手に入ります。

発泡スチロールで壁レンガの作り方

発泡スチロールに鉛筆でレンガ調のデザインを書きます。

それを電動はんだごてでなぞるだけです。

↑はんだごてで書いたラインをなぞる

わざとデコボコ感を出すのがまたいい感じになりますよ♪

できたら好みの色を塗っていきます。

↑塗料で色付け

壁の真ん中にロゴを入れたかったので、ひとつだけデザインを変えました。

↑これも塗料で色付け

単純作業ではありますが、壁一面なのでけっこう時間がかかっちゃいましたね。

↑少しづつ完成

塗料はホームセンターの「OOPS(ウップス)」というコーナーで安く手に入れました。

OOPS(ウップス)は間違って作成してしまった色を安く販売しているコーナーです。

出来あがった発泡スチロールの壁を床に並べた状態▼

↑これを壁に貼り付けます

近くで見るとこんな感じです。

↑様々な色を組み合わせて塗りました
↑「MOVEMENT DANCE」真ん中のロゴはこんな感じに
かかった費用は発泡スチロール36ドル、塗料4ドル。

フォトブースについて

余った発泡スチロールでフォトブースを設置

余った発泡スチロールでフォトブースを作りました。

完成品は、こんな感じ。

↑フォトブースの完成!

フォトブースを作るのに必要な材料

フォトブースを作るのに使った材料は以下です。

  • 発泡スチロール
  • ペイント
  • 厚紙
  • ポスカ
  • テープ、カッター

フォトブースの作り方

まずは100均で買った厚紙にデザインをしました。

ダンススタジオなので「HIPHOP」の文字とダンススタジオの名前「MOVEMENT DANCE」を書きました。

これはフォトブースの上部分になります。

ポスカで色ぬりをします。

↑ポスカで色ぬり

発泡スチロールは半分にカットし、3Dになるようにフォトブースの両端を作りました。

最初にデザインしたのを上の部分に貼って完成です。

↑フォトブース上部分

ポーズを決めて写真撮影!

Photo by Tanabe+Photography

木材でスピーカーの台を作る

ホームセンターで木材の切れ端を無料で手に入れました。

木材をカットしてくれるサービスの隣に「OFF CUTS(オフカッツ)」と呼ばれる場所があり、そこには中途半端なサイズの木材やカットして使わない木材などが置かれている場合があります。

↑「OFF CUTS」と呼ばれる場所

中にはこんな大きな木材も。

↑後日これで机の台を作りました

無料で手に入れた木材と木箱を使って、スピーカーを置く台とパソコンを置く台を作ります。

スピーカーの台を作るのに必要な材料

  • 木材
  • ウッドステイン
  • 木箱
  • ウッドステイン
  • 釘とトンカチ
  • ウッドステイン

ウッドステイン

木材はウッドステインを使って色を塗ります。

↑木材の木目を残すウッドステイン

木箱

木箱は4つで36ドルで購入しました。

↑ウッドステインを塗る前

こういうのですね▼

スピーカーの台とパソコン台の完成品

4つの木箱と無料の木材を合わせて、スピーカーの台とパソコン台を作成しました。

完成した台がこちら。

まどぅー
立ったままパソコンが操作できるように高めに作りました。
↑左の台がパソコンを置く台、右がスピーカーを置く台

スタジオのロゴを制作する

グラフィティのスタイルを用いたスタジオのロゴをポスカを使って書いていきます。

↑ダンススタジオ「MOVEMENT DANCE」のロゴ

スタジオのロゴを制作に必要な材料

  • 木材
  • ポスカ
  • 鉛筆

木材

ホームセンターで手に入れた無料の木材の切れ端を使いました。

ポスカ

グラフティは日本製のポスカがやっぱり書きやすいですね。

スタジオのロゴ制作の手順

鉛筆でデザインを下書きします。

↑まずは鉛筆で下書き

ポスカで色を塗ります。

↑下書きしたロゴをポスカで色ぬり

出来上がったのがこちら!

これをスタジオの入り口に飾ります。

↑ロゴの完成!

ダンススタジオの内装にかかった総費用は?

まずは完成したスタジオの写真をアップしちゃいますよ!!

↑後ろから撮影した場合
↑前から撮影した場合

ダンスレッスン後のリラックスしたみんなの様子。フォトブースもいい感じです!

↑スタジオでミニ発表会を終えた直後の写真 (Photo by Tanabe+Photography with students permission)

で、内装にかかった費用なのですが、なんと、驚きの230ドルです。

もちろん、ビジネスライセンスの取得、保険加入、家賃などは別なんですが、ご覧の通り内装はめちゃくちゃ安く仕上がっています。

安く内装を済ませることができた理由

ここまで安くダンススタジオの内装を完成させることができたのには理由があります。

  1. 元はヨガスタジオとして使われていた(居抜き)
  2. 最も高いと思われる鏡が超激安で手に入った
  3. 発泡スチロールレンガを作成したので壁の塗装をせず済んだ
  4. 発泡スチロール、木材、塗料も安く手に入った
  5. 業者に頼まずにすべて自分たちで行った

自分でゼロから居場所を作る

実は以前に旅人美容師のJunさんの「美容室を手作りで安く作った」という内容のブログを読みました。

すごく刺激をもらったんです。

その時からずっと夢見ていました。

自分のダンススタジオ作るときはそんな風に想いを込めて、時間がかかってもいいから自分でゼロから作りたいって。

自分の居場所を自分で作るってかっこいいなって思った。だからやってみました。

お金がないから夢を叶えられないと嘆くより、「お金をかけなくても夢を叶える方法」を自分で考えて実行することが大事なんだって気付かされました。

夢は叶って終わりじゃない。このダンススタジオはまだまだこれからです。

この場所で出会って、一緒に踊って、みんなと思い出を作っていく。そういう場所。

ひとりでも多くの人がダンスを好きになってもらえるように。

たとえ学校や家に居場所がなくてもダンススタジオが居場所だって思ってもらえるように。

踊ろう♪一緒に!

↑Photo by Tanabe+Photography

以上、まどぅー(@madocanada)でした。

自宅にダンススタジオを作りたい場合は別記事へどうぞ▼

【自宅にダンススタジオを作る方法】オススメの大きな鏡は?踊れる床はどう作る?費用は?

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】