【DIY】ダンススタジオを激安材料で作る方法!幸せボンビーダンサーの最大限の工夫と作り方

 
2017年1月ダンススタジオを作るという夢がカナダのビクトリア、マチョーズン村で叶いました。

前回はダンススタジオを持つまでのストーリーを書きましたが、今回はスタジオの内装についてです。

まどぅー
業者には一切頼まず、すべて自分たちで手がける「Do It Yourself」略して「DIY」というものにチャレンジしました!
前回の記事はこちらから

 

 

スポンサーリンク

ダンススタジオに必須!鏡を設置

まず第一に必要だったのは壁に鏡を貼ることです。

スタジオ用の大きな鏡の値段は1枚で約1万円ちょい。それを壁一面に貼るとしたら6〜8枚ほど必要で6〜8万円ほどになってしまいます。

まどぅー
ううっ・・・。これは高すぎますね。

とうことで、今回利用したのはカナダ、ビクトリアのコミュニティサイトUsed.Victoriaです。

このサイトは地元の人たちがいらなくなったものや売りたいものをオンラインで売買できるクラシファイドのことです。

地元民にかなり重宝されていて様々な物品が安く手に入ることが多いんです。

サイトのトップページはこんな感じ。

↑右上のサーチ部分に欲しいものを入力

ここで検索部分に「鏡」 と入力し、安くて大きな鏡が売っていないか頻繁にチェックしていました。

手に入れた鏡が合計6枚で120ドル。

なんと1枚たったの20ドル!!

まどぅー
や、やすいっ!!

↑元々はクローゼットのドアミラーとして使われていた鏡

↑鏡に付いていた白いフレームを外しました

電動ドライバーはDIY初心者でも扱える軽量ので十分。

ミラークリップは6セットで20ドルくらい。

↑使用したミラークリップ

鏡を水平になるように貼っていきます。

↑鏡を貼るときは軍手をしましょう

この時に活用したのが水平かどうかを調べるアイフォンのコンパス。

まどぅー
横にスワイプすると画面が切り替わりますよ。

↑これで傾きが調べられました

↑全部の鏡を貼り付け終わった

必要なもの

電動ドライバー、ミラークリップ、軍手、鏡用接着剤、水平機、メジャー、鉛筆

発泡スチロールでレンガ作り

さて次は、既に穴がボコボコに空いている壁をなんとかせねば。

↑こんなボロボロの状態

検索してみると発泡スチロールで簡単にレンガ風の壁が作れるそう。早速取り掛かりました。

  • 1.発泡スチロールにレンガをイメージ
  • 2.鉛筆で下書き
  • 3.半田ごてを使って線をなぞる

      たったそれだけです!

      まどぅー
      超簡単!

      ↑半田ごては100均でも売ってます

      わざとデコボコ感を出すのがまたいい感じに♪

      できたら好みの色を塗るだけ。

      ↑塗料で色付け

      壁の真ん中にロゴを入れたかったので一つだけデザインを変えました。

      ↑これも塗料で色付け

      単純作業ではありますが、壁一面なのでけっこう時間がかかっちゃいましたね。

      ↑少しづつ完成

      ちなみに塗料はホームセンターで「OOPS(ウップス)」というコーナーがあります。

      このコーナーでは間違って作成してしまった色が安く手に入るんですよー。

      まどぅー
      「OOPS」の意味は訳すと「しまった!」とか「おっと!」という日本語の意味です。

      夜も遅くまで作業。

      ↑ひたすらペイントしている時

      出来上がったものを床に並べた状態です。

      ↑これを壁に貼り付けます

      完成したのがこちらの壁!タターン!

      ↑壁一面に発泡スチロールレンガ

      近くで見るとこんな感じです。

      ↑様々な色を組み合わせて塗りました

      おおー満足。

      ↑「MOVEMENT DANCE」真ん中のロゴはこんな感じに

      かかった費用は発泡スチロール36ドル、塗料4ドル。

  • 必要なもの

    大きい発泡スチロール、塗料か絵の具、テープ、半田ごて、鉛筆

    参考にさせてもらったブログ

    フォトブースの設置

    余った発泡スチロールでフォトブースを作っていきます。

    まずは100均で買った厚紙にデザインをします。

    ダンススタジオなので「HIPHOP」の文字とダンススタジオの名前「MOVEMENT DANCE」を書きました。

    ↑これがフォトブースの上部分になります

    けっこう大きい。

    ↑ポスカで色ぬり

    発泡スチロールを半分にカットし、テープでくっつけて3Dになるようにフォトブースの両端を作ります。

    で、デザインしたやつを上の部分に貼る。制作費は12ドル。

    出来上がったフォトブースがこちら。

    ↑フォトブース上部分

    全体像は、こんな感じ。

    ↑フォトブースの完成!

    ポーズを決めて写真撮影!

    必要なもの

    発泡スチロール、カッター、テープ、厚紙、ポスカなどのペン

    無料の木材で台作り

    カナダのホームセンターでは木材の切れ端が無料で手に入るんですよ!

    木材をカットしてくれるサービスの隣に「OFF CUTS(オフカッツ)」と呼ばれる場所があり、そこには中途半端なサイズの木材やカットして使わない木材などが置かれています。

    まどぅー
    もう一度言いますが、無料ですよ、無料!

    ↑「OFF CUTS」と呼ばれる場所

    中にはこんな大きな木材も。

    ↑後日これで机の台を作りました

    手に入れた木材を使って、スピーカーを置く台とパソコンを置く台を作ります。

    木材はウッドステインを使って色を塗ります。これは正規の値段で9ドルでしたね。

    ↑木材の木目を残すウッドステイン

    木箱も購入。4つで36ドル。

    ↑ウッドステインを塗る前

    4つの木箱と無料の木材を合わせて

    完成した台がこちら。

    まどぅー
    立ったままパソコンが操作できるように高めに作りました。

    ↑左の台がパソコンを置く台、右がスピーカーを置く台

    木箱はこういうの↓

    必要なもの

    木材、ウッドステイン、釘、ハンマーまたは電動ドライバー

    スタジオのロゴ制作は自分でデザイン!

    先ほど紹介した「OFF CUTS(オフカッツ)」で同じ長さの木材を二つゲット。

    ↑ダンススタジオ「MOVEMENT DANCE」のロゴ

    ヒップホップといえば、ダンスだけを想像しがちですが、本当は4つの要素があります。

    ・DJ
    グラフティ
    ・ファッション
    ・音楽

    なので、グラフィティのスタイルを用いたスタジオのロゴをポスカを使って書いていきます。

    ↑まずは鉛筆で下書き

    日本製のポスカがやっぱり書きやすい!

    まどぅー
    カナダでは売ってないんですよねー。残念ながら。

    ↑下書きしたロゴをポスカで色ぬり

    出来上がったのがこちら!
     
    これをスタジオの入り口に飾ります。制作費は無料ですね。

    ↑ロゴの完成!

    必要なもの

    木材、ポスカ、鉛筆

    全部でかかった費用は?

    まずは完成したスタジオの写真をアップしちゃいますよ!!

    ↑後ろから撮影した場合

    ↑前から撮影した場合

    ダンスレッスン後のリラックスしたみんなの様子。フォトブースもいい感じです!

    ↑スタジオでミニ発表会を終えた直後の写真 (Photo by Tanabe+Photography with students permission)

    で、内装にかかった費用なのですが、なんと、驚きの230ドルです。

    もちろん、ビジネスライセンスの取得、保険加入、家賃などは別なんですが、ご覧の通り内装はめちゃくちゃ安く仕上がっています。

    まどぅー
    ここまで安くできたのには理由があります。
    • 元はヨガスタジオとして使われていたので床が既に踊りやすいフローリングだった(居抜き)
    • トイレの壁やその他の壁がカラフルにペイントされていて壁の塗装をせず済んだ
    • 最も高いと思われる鏡が超激安で手に入った
    • 発泡スチロール、木材、塗料も無料か安く手に入った
    • 業者に頼まずに全て自分たちで行った

    自分でゼロから居場所を作る

    実は以前に旅人美容師のJunさんの「美容室を手作りで安く作った」という内容のブログを読みました。
     
    すごく刺激をもらったんです。
     
    その時からずっと夢見ていました。
     
    自分のダンススタジオ作るときはそんな風に想いを込めて、時間がかかってもいいから自分でゼロから作りたいって。
     
    自分の居場所を自分で作るってかっこいいなって思った。だからやってみました。
     
    お金がないから夢を叶えられないと嘆くより、お金をかけなくても夢を叶える方法を自分で考え実行することが大事なんだって気付かされました。
     
    夢は叶って終わりじゃない。このダンススタジオはまだまだこれからです。
     
    この場所で出会って、一緒に踊って、みんなと思い出を作っていく。そういう場所。
     
    ひとりでも多くの人がダンスを好きになってもらえるように。
     
    たとえ学校や家に居場所がなくてもダンススタジオが居場所だって思ってもらえるように。
     
    踊ろう♪一緒に!
     

    ↑Photo by Tanabe+Photography

    まどぅー
    「これを見て自分の居場所を自分で作ったよー」という方がいたら、是非ご一報お待ちしています!

    【ダンサーになりたい!】ダンサーになるには?ダンスで食べていく方法とは?

    2017.11.15

    手作りのダンススタジオへようこそ!人口4000人の村で日本人の私が叶えた夢

    2017.11.01
    合わせて読みたい

     

    スポンサーリンク

    【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】