意味なく「男女に分ける社会」が子どもに悪影響を与えているという話

 
カナダでダンススタジオを運営している、旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

ダンスを教えている中で、「ダンスクラスに自分以外で女の子が一人もいない」から辞めたいと言った子がいたんですよ。

まどぅー
今回は「意味なく男女に分ける社会」が子どもに悪影響を与えているという話です。
 

スポンサーリンク

クラスに自分以外に「女の子がいない」からダンスを辞めたいと言われた

ダンススタジオに通って来てくれている7歳の女の子。1年間通って来てくれて、少しづつ上達してきました。
 
始めたばかりの頃はすぐに疲れてしまっていたけど、最近は体力も集中力もついてきた様子でした。
 
そんなときに彼女がこう言ったんですよ。
女の子
今月はクラスに女の子が一人しかいないから辞めたい。

実際には彼女に直接言われたわけではなく、彼女の親に言われたんですけどね。

確かに6〜8歳のクラスは男の子がめっちゃ多い。8割が男の子なんです。反対に9歳より上のクラスは女の子が多く、男の子が少ない。

カナダは日本に比べて男女平等が進んでいるし、同性婚もできるLGBT+フレンドリーな国です。

個人が尊重されている環境でも、「女の子(男の子)ひとりだと恥ずかしい」という気持ちが芽生えるんだと衝撃でした。

まだまだ社会からの抑圧はあるのかもしれません。

7歳の女の子がレゴ社に宛てた手紙とは?「女らしく・男らしく」なんてのは存在しないってことを教えてくれた

2017.11.29

グループを作るときに男女に分かれたがる生徒たち

他にもこんなことがありました。
 
グループに分かれて、それぞれ振り付けを考えてもらおうとした時のことです。
生徒
「男の子チーム」と「女の子チーム」に分かれたい! 
まどぅー
なんで男女に分かれたいの?
生徒
うーん?なんとなく?

ハッキリとした理由はないんですよ。女の子(男の子)が嫌いなわけでもなく、普段は男女関係なく学校でも遊んでいるそう。

まどぅー
男女で違う振り付けを踊るとかはないから、混合のチームを作ろうよ!いろんな人と踊れるって楽しいよ!

そう言ったら、すぐに納得してくれましたが。

「ピンクシャツデー」でイジメ反対を訴える!ある男の子がピンク色のシャツを着てイジメられた話

2018.02.08

踊るのに性別って関係ない

ダンスに限らずですが、何かを始めるときに性別が邪魔をするのって切ないですよね。
 
私は3歳から15歳までバレエを習っていたときに、同じクラスの男の子がいました。彼は「バレエを習っていること」を学校の友達に隠していました。
 
「男のくせにバレエなんて」と言われイジめられる社会だったからです。
 

MALE DANCERSさん(@male_dancers_)がシェアした投稿

宗教上、女の人とは踊れないとか、男女のパートがあるダンスはもちろん存在します。

だけど、性別でやりたいことが決まるんじゃなく、個人の気持ちがもっと尊重される世の中になってほしいと思う。

まどぅー
これは本当に、ダンスに関係なくです。

社会から執拗に「男・女」であることを求められている

子どもって親や学校、テレビや社会から考えや価値観を学んでいきますよね。
 
何色を好きだっていいはずなのに、女はピンク、男は青や黒という偏見も社会から生み出されたものです。
まどぅー
学校では必要がない場面でも男女に分けられたり。

「泣くなよ、男だろ」「女のくせに気が利かない」などという言葉も日常的に使われています。

こういう表現を使うことで誰かをディスるかたちで性別を利用していいんだと、子どもは学んでいるんですよ。

それに加えて、様々なところから執拗以上に男であること、女であることが常に求められている。

だから結果的に、子どもたち自身も男女に分かれたがったり、女の子(男の子)ひとりじゃ嫌だという思考になっているんです。

まどぅー
こういうのがLGBTへの差別に発展しているのも事実。
 
子どもの教育を学校任せにすると、こんな危険性もあります↓
 

私たち大人ができること

ダンスをやめたいと言った女の子の話に戻りますが、「ダンス好きなの?」と聞くと「好き」と即答したんですよね。
 
好きなら、性別がどうこうでやめるなんてマジでもったいない!
まどぅー
そう思いませんか?

別記事でも書いたのですが、習い事を続けるのってめっちゃ大変なんですよ。

子どもにも大人にもオススメの習い事は断然にダンス!「踊り続けていてよかったな」って涙する日が来るまで踊ってほしい。

2018.04.09

10年続けないと、芽が出ないとも言われていますから。

でも、性別を理由にやめてしまうなんて悲しいですよ。

これはもう、私たち大人がつくった社会の問題に直結していると思うんです。

「男の子でしょ、女の子でしょ」なんて言葉は使わない。

好きなことを性別のせいで諦めてしまわないように。

↑Photo by Tanabe+Photography

「マイクロアグレッション」って知っている?何気なく使っている言葉に潜む差別

2018.03.10

「ピンクシャツデー」でイジメ反対を訴える!ある男の子がピンク色のシャツを着てイジメられた話

2018.02.08
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】