このブログで【最初に読んでほしい10記事】をまとめました!

まどぅー
こんにちは、旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

ブログ「世界一周旅するダンサー自由記」に訪問してくださり、ありがとうございます!

このブログは様々な多ジャンルを扱う雑記ブログです。

  • ダンス
  • オピニオン
  • 不登校
  • 旅・世界一周
  • LGBT・同性婚 など

最初に読んでほしい10記事をピックアップしたので、気になる記事から読んでみてください!

1. 不登校だった私が世界一周した話

「不登校→高校中退→世界一周までのストーリー」を盛りだくさんに詰め込んだ記事です!
 
世界一周したことは今でも胸が熱くなるくらいの経験をしたなと思っています。

まどぅー
家にも、学校にも居場所がないと感じている人には特に読んでもらいたい・・・!

詳しくはこちらを↓

世界一周してわかった!不登校だった私が見つけた「夢を叶える方法」

2017.09.24

第二弾もあります。
不登校だった私がアフリカで号泣。世界で出会ったみんなが教えてくれたこと

2. 国際同性婚をした話

私は2016年6月11日にカナダ人のパートナー(女性)と結婚しました。
 
本音をいうと、「結婚しました」や「結婚しています」とだけ説明できる世の中になってほしいのですが、あえて「国際同性婚」という言葉を使っています。
 
自分の人生が180度変わった出来事ですね。

まどぅー
こんな人もいるんだぁって知ってもらえたら嬉しいです( ´∀`)

結婚式当日を書いたブログです。

詳しくはこちらを↓

遂に迎えた結婚式!同性同士でも幸せになれるの?【LGBT】

2017.10.20

プロボーズ編もあります。カナダ人の恋人(女)からプロポーズされた!同性婚までの道のり

カミングアウト編もあります。国際同性婚を決めた私のカミングアウトストーリー

3. 夢が叶った!ダンススタジオをひらいた話

2017年1月ダンススタジオを作るという夢がカナダのビクトリア、マチョーズン村で叶いました。
 
本当に自分のやりたいことを突き詰めた結果が、好きなことを仕事にするということ。

まどぅー
東京にいたら私の夢は埋もれて潰されいたと思う。

リスクも苦悩もあったけど、ダンススタジオを作って本当によかったなって思っています!

一歩を踏み出す勇気がない人には、ぜひ読んでもらいたい記事ですね。

詳しくはこちらを↓

手作りのダンススタジオへようこそ!人口4000人の村で日本人の私が叶えた夢

2017.11.01

4. ダンススタジオで出会った兄弟の感動話

ダンススタジオに通ってきてくれていた兄弟との出会いを書きました。
 
もしも、自分の可能性に賭けることができずに、ダンススタジオを持つという夢を諦めていたら。

まどぅー
私の人生に彼らは存在しなかったし、彼らの人生に私は存在しなかったんです!

夢を叶えるなら今しかないよ!ってメッセージを込めて書きました。

詳しくはこちらを↓

夢を叶えるなら今しかない。あのとき夢を諦めていたら出会うことはなかった兄弟ダンサーの話

2017.11.23

5. 小さな差別「マイクロ・アグレッション」についての話

「明らかに差別だ!」とは判断しにくいものだけど、無意識に相手を傷つけてしまうことを「マイクロ・アグレッション」と言います。

まどぅー
日本ではまだあまり知られてないけど、もっとこの知識が広がってほしい。

世界には様々な人がいること、様々な性があることを「想定」することでマイクロ・アグレッションの発信者になることを少しだけ防げます。

詳しくはこちらを↓

「マイクロアグレッション」って知っている?何気なく使っている言葉に潜む差別

2018.03.10

6. 不登校について思うこと

私は小学校5年生から6年生まで不登校だったんですが、今思えば不登校でよかったなと思う時があるんですよ。
 
暴力を受けたり、無視されたり、はたまた「トイレの長さまで指定される教育」になんの意味があるのかなーなんて。

まどぅー
日本の教育の理不尽さをこれからも発信していきたい。

詳しくはこちらを↓

不登校ってそんなに問題ですか?本当は学校に行くことほど怖いものはない

2018.01.05

7. 偏愛マップならぬ「身体マップ」を子どもたちと作った話

私は手作りで物をつくることや、様々なアクティビティをすることが好きです。
 
特別ダンスワークショップで「身体マップ」というのを子どもたちと作りました。

まどぅー
そのアクティビティが大成功だったんですよー!

子どもに関わる仕事をしている人や、ワークショップのネタとしてもオススメです。

詳しくはこちらを↓

偏愛マップならぬ【身体マップ】を子どもたちと作ったよ!等身大の自分に好きなものを描き足していくワークショップが大成功!

2018.03.28

8. 男らしく、女らしくとは?ジェンダーの話

親や先生からも未だに「男の子だから」「女の子だから」と日常的に言われているんですよね・・・。

まどぅー
ううっ、息苦しい社会です。

それが気づかないうちに「俺は男だから」「私は女だから」「男だろ!」「女でしょ!」と自分にも他人にもこうあるべきという価値観を押し付けているんです。

そんなことについて問題提起してみた記事です。

詳しくはこちらを↓

7歳の女の子がレゴ社に宛てた手紙とは?「女らしく・男らしく」なんてのは存在しないってことを教えてくれた

2017.11.29

9. カナダのいいところを書き出してみた

2013年にカナダに初めて訪れ、2016年に結婚を機に正式にカナダへ移住しました。
 
実はカナダは住みやすい国ランキングで常に上位をキープしているんですよ!

まどぅー
カナダっていい国だなぁ。←しみじみ

ワーホリに来る日本人留学生には是非知っておいてほしいことも書きました!

詳しくはこちらを↓

【カナダ】世界で住みたい国ランキング2位!15個のメリットを紹介します。

2018.04.19

10. カナダで行われた「日系スター・タレントサーチ」で受賞した話

カナダで行われてた日系スタータレント・サーチ2015で「最も記憶に残るベストパフォーマンス賞」を受賞しました。
 
賞を受賞したことはもちろん嬉しいことなのですが、それ以上に日系カナダ人への差別があった歴史があります。

まどぅー
この出来事は、カナダにワーホリにくる留学生や移住を考えている人には特に知ってほしい!

【祝】カナダで行われた「日系スター・タレントサーチ」で特別賞を受賞した話

2017.10.02

この記事のまとめ

さて今回は読んでほしい記事を10個ピックアップしました。
 
気になった記事の関連記事もぜひ読んでみてください。
 
これからも記事を増やしていくので、
 
こんな人もいるのかぁと暖かく見守っていただけたら嬉しいです( ´∀`)

まどぅー
SNSもやっています!フォローお気軽にどうぞ♪

→旅するダンサーまどぅーのTwitterはこちらから
→旅するダンサーまどぅーのInstagramはこちらから
→世界一周☆旅するダンサー自由記のFacebookページはこちらから

↑Photo by Tanabe+Photography