【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

ダンスには無限の可能性がある!カナダ人ダンサーのJosh(ジョッシュ)が教えてくれたこと

まどぅー
こんにちは!旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

わたしは2012〜2013年に踊りながら世界を旅していました。

その旅の途中でカナダ人ダンサーのJosh(ジョッシュ)に出会ったんです。この出会いがなければ、今のわたしはいなかっただろうなと思っています。

ダンスチャンネル観るならdTVチャンネル

 

スポンサーリンク

カナダ人ダンサーJosh(ジョッシュ)との出会い

左:わたし(Madoka Suzuki) 右:ジョッシュ(Joshua Ongcol) /Photographer: Tanabe+Photography

わたしがJosh(ジョッシュ)と初めて出会ったのは2013年の5月のことでした。

パートナーのキムに会うために、わたしは一時的にカナダに滞在していたんです。

その頃わたしはあまり英語ができなかったので、何を話していいかわからず立ち往生。Josh(ジョッシュ)も話し上手ではないので、なぜだかお互い緊張していました(笑)

ダンスを通してだんだん打ち解けていく

最初の頃はあまり会話をしていませんでしたが、ダンスを通して少しづつ打ち解けていきました。

というか、きちんとした会話ができなかったのは完全にわたしの英語力の問題だった気がする(笑)

↑踊るわたしたち Photo by Tanabe+Photography

一緒に踊っていくうちに、自分たちが抱えている「違和感」みたいなものが同じなんだってことがわかったんですよね。

Photographer: Tanabe+Photography

その「違和感」が何に対しての違和感なのか、自分たちでもまだよくわからないから踊り続けた。

Photo by Tanabe+Photography

もがき苦しんだ10代、自分の未来なんて全く想像できませんでした。
 
気づいた時には大人になっていて、「子どものまま大人になってしまったな」という感覚が今でも実は結構あります。きっとJosh(ジョッシュ)もそうなんだろうなって感覚的に感じていました。



Josh(ジョッシュ)の振り付け方法は独特だった

ジョッシュ(Joshua Ongcol) /Photographer: Tanabe+Photography

Josh(ジョッシュ)は他人とは異なった方法で振り付けをしていました。

彼のダンスには一つひとつの動きに「意味」があったんですよ。

例えば、彼が「地面に向かってパンチをするような動き」は、「感情のスイッチを押す瞬間」を表現して振り付けたものでした。

「楽しいから踊る」とか「かっこいいから踊る」とか「難しいステップができる」とかそういう次元をはるかに超えていたんです。

これが本当の表現なんだと心打たれました。

Josh(ジョッシュ)がわたしに話してくれたこと

彼がこんなことを言っていました。

ジョッシュ
僕の学校はひどい。
まどぅー
何がひどいの?
ジョッシュ
君はくだらないとかいう人がたくさんいるんだ。感情を持つことさえもくだらないとか。
まどぅー
わかる。感情よりもルールを大事にしてるよね。
ジョッシュ
ストレスを感じた時に、誰にも影響を与えることなんてできないって絶望しか見えない時もある。変化なんて本当はなくて、自分はただの人間だから。
左:わたし(Madoka Suzuki) 右:ジョッシュ(Joshua Ongcol) / Photographer: Tanabe+Photography

彼ほどに「人が感情を持つことがどれほど尊いか」を知っているダンサーは他にいないでしょう。

ジョッシュ
僕たちは平等で自由であるべきなんだ。不平等であってはいけない。
 
でも僕にこんなこと言った奴がいたよ。「世界はそういうものなんだ。受け入れないと」って。
まどぅー
不平等を受け入れろってこと?それはちょっと違うよね。
ジョッシュ
うん。だけど僕らダンサーは自分たちの「表現」がある。痛み、怒り、ストレス、そういうもの全てが自分たち自身だから。

ダンスには無限の可能性がある

わたし自身、ダンスが好きなはずなのに「踊っていることが苦しい」と思う時期があったんですよね。

誰かによって作られた 「ダンサーになるための道」を疑うことなく進んできたんですが、形から入って満足していることに気づいたんです。

技術が足りないとか、コンテストで負けたとか、そんなことは問題ではなかった。

「自分が誰のために、何のために踊るのか?」を明確にできたのは彼と出会ってから。

ダンスには無限の可能性がある。

そのことを教えてくれたのはJosh(ジョッシュ)でした。

Photo by Tanabe+Photography

彼とはこれからもずっとダンスメイトです。

当時(2013年)、作成したダンス映像はこちらから観れます▼


 
ダンスチャンネル観るならdTVチャンネル
 
以上、旅するダンサーまどぅー(@madocanada)でした。最後まで読んでくださりありがとうございます。
 
▼こちらの記事も人気▼

好きなことを仕事にする方法。複業の時代に知っておきたいサービスやアイディアをまとめました!

「マイクロアグレッション」って知っている?何気なく使っている言葉に潜む差別

 
▼ダンス記事▼

ダンサーなら必ずチェックしてほしい!オススメの本ベスト6

夢を諦める理由はない。後悔しない人生を選んだからこそ出会えた「兄弟ダンサー」の話

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】