子どもにも大人にもオススメの習い事は断然にダンス!「踊り続けていてよかったな」って涙する日が来るまで踊ってほしい。

 

まどぅー
踊り続けて25年のダンサー、現役ダンス講師のまどぅー(@madocanada)です。

「ダンスをやめなくてよかった」と思った瞬間が人生で何度も訪れたんですよ!

ダンスを続けたからこそ味わえた「感動」がありました。

今回は、私がダンスをお勧めする理由を自分の体験談から語らせてもらいます。

 

スポンサーリンク

幸福になる

少しづつステップができるようになってくると、小さな達成感を味わえます。
まどぅー
「できた!」という気持ちが幸福につながるんですよね。

事実、スェーデンの研究者はダンスを習っている人は幸福感が高いことを発表しています。

不安障がいを持つ少女112人に対して行った実験で、セラピーとして、エクササイズ、ダンス、数学、音楽という4つのレッスンを実施。

その結果、ダンスのレッスンを受けた被験者たちは、どのレッスンよりも不安が大幅に軽減したと答えたそう。

引用:ランニングやジム通いよりも「ダンスがストレスに効く理由より

まどぅー
この実験はとても興味深い!

↑私のダンススタジオにて(Photo by Tanabe+Photography

記憶力が高まる

ダンスレッスンってただ体をやみくもに動かしているわけではないんですよー!
まどぅー
複雑な動き(ステップや振り付け)を覚えなくてはいけませんよね。

振り付けだけでなく、フォーメーションも覚えたりと、脳をフル回転で使っているんです!

ウォーキングなどとは違った角度で脳が刺激され、記憶力が向上します。

↑スタジオレッスンにて(Photo by Tanabe+Photography

まどぅー
中にはアルツハイマー病の予防にもなるとドイツで研究結果も出ています。

世界中の人と繋がることができる

私が思うに、これはダンスの最大の醍醐味かと!
 
ダンスって言葉が必要ないんですよね。
まどぅー
だから「世界共通言語」って置き換えても過言じゃない。

つまり、その国の言語がわからなくても、踊りを身につけておけば、世界中の人たちとつながれるんです!

それってすごくないですか!?

↑モーリシャスの路上で踊った時の一枚

踊ることができれば、世界の言語を知っているのと同じ価値、もしくはそれ以上の価値があります。

私は22歳の時に踊りながら世界一周をしていましたが、当時は英語が全くできなかったんですよ。

まどぅー
でも、数多くのきらびやかな出会いに恵まれた。

英語が喋れたらもっと違う体験ができたのも事実。

だけど、あのとき英語ができなかった自分だからこそ、より深い部分で繋がれたとも思う。

ダンスを通して。

↑モーリシャスの路上で踊った一枚

もしも、私が踊ることをやめていたら、体験できなかった日々なんです!

南アフリカのタップダンサーのホストファザーと踊る私

まどぅー
子どもの時、ダンスをやめなくて良かったって猛烈に思う。

技術や表現は「10年間続けて初めて身になる」とも言われています。

10年以上ひとつのことを飽きずにやり続けるのは大変だけど、続けることで味わえる感動、新たな出会いは絶対にある。

まどぅー
経験談から言わせてください!

あんな感動を味わわずして、やめてしまう(やめさせられる)のはマジで勿体無い!

今、ダンスを始めたばかりの子どもたちには踊ることを長く続けてほしいなって思う。

また別の世界が広がっていくから。

幅広い年齢層の人とつながれる

実は最近、空前の「中高年ヒップホップブーム」なんですよ。
 
大阪府・住之江区でシニア向けのヒップホップダンス講座を開催したところ、キャンセル待ちが出るほど予約でいっぱいになったそう。
 
2014年に公開された映画「はじまりはヒップホップ」の影響も大きいのではないかと個人的には思っています。
 
この映画は平均年齢83歳がダンス世界選手権に挑戦した実話で話題になりました。
 

日本には67歳のB-BOYのAMANOさんという超絶かっこいい方がいます。

AMANOさんは60歳からブレイクダンスを始めたそうで、10代・20代のダンサーたちに混ざってダンスバトルにも出場しています。


 
各所ダンススタジオでは「50、60代から始めるヒップホップ」が今や大人気。
まどぅー
私も大人のヒップホップクラスを受けもっていますが、年齢は20代後半から50代までいます。

ダンスレッスン内では「キッズヒップホップ」「シニアヒップホップ」と分かれている場所でも、発表会では同じステージに立ったり、練習で顔を合わせたり。

ダンスイベントやバトルなどに行くと、様々な年齢層の人が集まっているんですよ。

私も子どもと踊ったり、

サラリーマンと踊ったりと、ダンスを通して幅広い年齢層と関わることができました。

↑カナダの路上でサラリーマンと女の子と踊った様子

まどぅー
キッズからシニアまで、年齢の垣根を超えて人とつながれるのはダンスの魅力です!

特別なものがいらない

踊るために何が必要かって、「自分の体」だけです。
 

↑バンクーバーにて(Photo by Tanabe+Photography

まどぅー
まぁ、音楽があるに越したことはないですけど、なくても踊れますよね。

水泳だったら水がない場所では泳げないし、サッカーだったらボールがないと蹴れない。

ピアノだったら持ち運ぶのは難しいし、ピアノがある場所でしか演奏できないですよね。

条件が整ってこそ出来るスポーツや楽器が素晴らしいのは承知の上ですが、ダンスは基本的に道具がいらないんです。

タップダンスだったらタップシューズ、バレエだったらトウ・シューズ、レオタードなど必要になってくるので、「ダンス」と一括りにはできないですが。

まどぅー
ストリートダンスは道具を一式揃えなきゃいけないこともなく、比較的簡単に始めることができます。

踊るのもTシャツにジャージやスウェットなど自分が動きやすいものでいいんですよ。

様々な才能あふれる人とコラボできる(出会える)

長く続けたダンスが、趣味から特技に変わると、才能あふれる人との出会いが増えます。
 
deux-leo(ドゥーレオ)というバンドを組んでいるビートボクサーSIMA君と私のダンスをコラボしたことがあります。
 

バイオリンの演奏と見事にコラボしたダンサーもいました。

まどぅー
再生回数が驚異の22万回!

まどぅー
そう、ダンスって様々なジャンルの人とコラボするのに相性がいいんです!
  • ビートボックス
  • ドラムやバイオリンなどの楽器
  • 和太鼓
  • 演劇
  • ダブルダッチ など

「始めること」と「続けること」について

「自分の人生の可能性が少しでも開けるならダンスをやってみたい」って思ってくれたら嬉しいです。
 
そして、今、「ダンスをやめようかな」って思っている人にはどうか続けてほしいです。
 
「始めることより続けることの方が難しい」って口を酸っぱくして提唱してきたけど、それは何人もやめていく人を現に見たことがあるから。
 
ダンス講師になってからも、ダンスをやめていく生徒は何人もいたし、自分が生徒だった時も、友人たちが様々な理由で途中でやめていきました。
 
まどぅー
習い事を続けるのって、めちゃくちゃ大変なんですよね。わかります。

一般的な「続かない(続けられない)理由」を書き出してみると・・・

  • 上達しない、つまらない、集中できない
  • 先生、友達と合わない
  • 家庭の事情(引っ越し、送り迎え、金銭的な理由など)
  • 受験やテストで忙しい
  • 怪我や病気
  • クラスで自分だけ女の子だから(男の子)
  • 新しい習い事をしたい
  • 自分が思っていたのと違う
  • 厳しい、練習が大変

やむをえない事情の場合も勿論あるけど、ザッとあげるだけでこんなにも辞める理由が見つかりました。

まぁ、本当にひとつのことを長く続けるのって大変なわけですよ。

まどぅー
向き不向きもあるだろうし。

私も踊るのもうやめようかな、と思ったことは何度かあります。

「よし!10年続けよう!」と意気込んで、習い事を始める人はまずいないですよね。好きだから気づいたら10年経っていたってことはあるかもしれないけど。

まどぅー
ダンスを25年続けてきて、本当に数多くの出来事がありました。

飛び上がるほど嬉しいことも、はらわたが煮え繰り返るほど悔しいことも、夢が叶わないかもしれないと不安になったことも。

ダンススタジオをオープンして、ダンス講師になって、当時の先生の気持ちが初めてわかったり。

あと1年自分の決断が遅かったら、もしかしたら出会えていなかった子どもと出会えたり。

夢を叶えるなら今しかない。あのとき夢を諦めていたら出会うことはなかった兄弟ダンサーの話

2017.11.23

そんな経験や感情が今の私を作っているんです。

もちろん、ダンスが合わない、興味ないって人も中にはいるはず。

そんな人には無理にはオススメしませんwさっさとやめるなり、諦めるなりして、次の新しい好きなことを見つけてくださいw

でも、もしそうじゃないなら始めてみてください。そして続けてみてください。

「踊り続けていてよかったな」って涙する日が来るまで。

↑壮大なナミビア砂漠の上で踊った一枚

不登校だった私がアフリカで号泣。世界で出会ったみんなが教えてくれたこと。

2017.10.01

世界一周してわかった!不登校だった私が見つけた「夢を叶える方法」

2017.10.01
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】