【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

わたしのカミングアウトの方法とタイミング【LGBT】

まどぅー
こんにちは!!まどぅー(@madocanada)です。

LGBT当事者が、自分のセクシャアリティを相手に打ち明けることをカミングアウトと呼んでいます。

わたしの歴史を振り返ると、こんな感じです▼

22歳初めて女性と付き合い、自分でも驚く
23歳母親に初めてのカミングアウト
24歳友達数人にカミングアウト
27歳カナダで国際同性婚・SNSで公にカミングアウト
その後新しい人に会うたびにカミングアウトしたり、しなかったり。

わたしはカナダでの同性婚をきっかけに、SNSやブログでカミングアウトしました。

しかし、新しい人に出会うたびに自分のセクシュアリティの話題になるのが未だに怖くてたまりません。

そんなわけで、この記事では「わたしのカミングアウトの方法とタイミング」をまとめてみました!!

カミングアウトを推奨している記事ではありません。
<下に続く>
 

スポンサーリンク

方法①言葉を変えて話す

異性愛が前提の社会では同性のパートナーがいても「彼氏/彼女」や「夫/妻」という言葉を使われがちですよね。

わたしの場合は、会話の中でさらりと言葉を変換しています。

こんな感じです▼

会話例①

友人
いま彼氏いる?
まどぅー
彼氏はいないけど恋人がいるよ!

会話例②

友人
まどぅーの旦那さんはカナダ人なの?
まどぅー
パートナーはカナダ人だよ。

このように言葉を変えて話しています。

勘がいい方だと、「彼氏」ではなく「恋人やパートナー」に言い換えて会話を続けてくれますね。

ただし、勘が悪い方だと、「ん?」という反応をして「どういうこと?」とさらに聞いてくる可能性はあります。

「パートナー」と何度も言ってるのに「旦那さま」と言い直されたことも過去にありました▼
 

方法②重く話しすぎない

重い口調で切り出すと、相手も重く捉えがちです。

明るく話してみると、ビックリされるかもしれないけど、案外「へーそうなんだ」で終わることもあります。

あくまでわたしの経験です。

<下に続く>


方法③メールや手紙にする

メールや手紙にするメリットは以下です。

  • 緊張が半減する
  • 自分や相手に考える時間がある
  • テンパることなく想いを伝えられる
  • 感謝の気持ちも添えられる

面と向かってカミングアウトすると、どう反応していいかわからない人もいます。

でも手紙やメールにすることで、お互いに落ち着いて対応できる可能性がありますね。

この本を添えて手紙を渡すのもオススメ▼

 

方法④様子を探ってからカミングアウトする

LGBTが題材のドラマや映画、漫画などの話をフってみて反応を見ます。

例えば、『おっさんずラブ見たんだけど面白かった!』とか。

反応次第で「この人なら言っても大丈夫だな」と思う人に伝えるのもひとつの方法。

この辺オススメ▼

方法⑤ブログやSNSでカミングアウトする

わたしは自身の結婚をきっかけにSNSで公表しました。

なんと500件以上のイイネを押していただき、祝福のコメントは100件も寄せられたんですよ。

ブログやSNSでオープンにしていると、意外と楽なことがわかりました。

既に同性のパートナーがいることを知ってくれている場合が多いので、わざわざカミングアウトする必要が減ったからです。

結婚までのストーリーは別記事にてアップしています!!
 

方法⑥無理にカミングアウトしない

ここまで、わたしなりのカミングアウトの方法を挙げてきました。

でも実は、「その場ではカミングアウトしない」ことも多々あります。

こんなにブログやSNSで公表しているのに!

異性愛を前提とした言葉の表現は多く存在するので、その度に訂正するのは疲れてしまうんですよね。

まどぅー
場面ごとに自分の心と相談しながら乗り越えています。
 

最後に

忘れてはいけないのが、「相手の反応はコントロールできない」ということ。

残念ながら家族や友人に理解されない、祝福されないケースもあるのです。

実際に家族から絶縁された人もいますし、アウティングされた人もいます。
 

アウティングとは?

自分のセクシュアリティを勝手に他人に口外されること。

 
なので、「カミングアウトするといいよ!」ということでは決してありません。
 
また、伝え方に正解はないし、こうすれば「必ず上手くいく!」という保証がないのも現実。
 
まずは「自分自身を愛し受け入れること」、そして「心を込めて伝えること」が大事です。
 
以上、まどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】