ピースボートには「モンテッソーリ保育園」があるって知ってる?子どもと世界一周したい人は必見!

まどぅー
過去にピースボートで世界一周した、まどぅー(@madocanada)です。

「世界一周なんて子どもがいるから無理だな〜」と思っている方に必見です!!

世界一周クルーズ「ピースボート」には洋上保育園があるんですよ。

「ピースボート子どもの家」と呼ばれていて、モンテッソーリ教育が実施されています。

親子で世界一周したい方は続きをどうぞ▼

 

スポンサーリンク

洋上保育園「ピースボート子どもの家」とは?

「子どもにも「世界」を体感させたい、家族で地球一周したい」
そんな声に応えて始まったのが、小さな子どもと一緒に旅するプログラム「ピースボート子どもの家」です。公式サイトより引用

なんと!世界一周しながら保育園に通うことができるんです!

もちろん各国に到着したら、異文化を肌で感じる環境があるし、現地の子どもたちと交流することもできます。

地球の反対側の国にお友達ができる経験なんて、とても貴重です。

船の中の保育園はこんな感じ▼

「ピースボート子どもの家」では主役は子どもたちです。

これは子どもたちの自主性を育むためにモンテッソーリ教育を採用しているから。(後ほど説明)

なので全てが子どもサイズ。

自分たちで洗濯できる環境が整っていたり、

掃除道具も子どもサイズなので、扱いやすくなっていたりします▼

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、イタリアの女性医学博士のマリア・モンテッソーリによって作られた教育法です。

「平和は子どもからはじまる」といったのも彼女ですね!

簡単にいうと、子どもの自立を育むためのメソッド。

ピースボートの公式サイトによると、子どもの家の特徴は以下8つです。

  1. 子どもが主人公
  2. 異年齢、縦割り保育
  3. 子どもサイズ
  4. 本物の体験
  5. 手や道具をよく使う
  6. 5つのコーナー(日常生活の練習、感覚、言語、数、自己表現)
  7. 自由と責任のバランス
  8. 発達段階や敏感期の尊重

船内にはモンテッソーリの教具も充実しています。

以下の写真は色版と呼ばれる教具で、色の名前を覚えたり、色の違いや明度の変化を学べるそう▼

さらに詳しくモンテッソーリについて見てみる

ピースボートの資料を請求してみる(無料)

子どもが世界一周するメリットは?

海外に行くと、日本の常識は非常識ともいわれています。

当たり前のことが当たり前じゃない世界。

肌の色や話す言語がちがう人と交流したり、現地のものを食べたり、壮大な景色に囲まれたり、見たことのない動物に出会えたり・・。

ピースボートの生活は「みんな違ってみんないい」を身をもって体験できる場所でもあります。

子どもには差別心や偏見がないですよね。

その何も染まっていない時期に世界を見ること、本物を経験することができるのは、この時期だけと言っても過言じゃありません。

親子が一番長く一緒にいられる時期に、「親子で世界一周する」という選択肢は超ワクワクします!!

<下に続く>



洋上保育園では何をするの?

保育園の開園時間は9時から15時半までの1日6時間半のプログラム。

大きく分けて5つのことを学んでいます。

  • 日常生活の練習
  • 言語
  • 自己表現
  • 感覚

針に糸を通す練習している子ども▼

自分が訪れる国を学んだり、絵日記を書いたり。

毎日様々なことを自主的に学んでいきます。

ある親子の一日のスケジュールを見てみる

ピースボートの資料を請求してみる(無料)

子どもの対象年齢は?

「ピースボート子どもの家」の対象年齢は2歳から6歳です。

年齢が異なる子たちと同じ教室で学ぶことで、お互いに助け合う環境が生まれているのも特徴ですね。

コース内容や料金を資料請求できます!

2020年の出航クルーズが発表されました。

①第104回ピースボート地球一周の船旅

初夏の北欧・ヨーロッパコース
2020年4月9日~7月23日[横浜/神戸発着・105日間]

②第105回ピースボート地球一周の船旅

ヨーロッパ&南太平洋コース
2020年8月21日~12月6日[横浜/神戸発着・107日間]

お得なファミリープランもある!

早期割引で申し込むと安くなります。

ファミリープランでは、大人一名につき、未就学児一名の旅行代金が無料で乗船することができるそう。

詳しい代金や割引は問い合わせお願いします。資料請求は無料ですよ〜。

最後に

たくさんの国に一気に訪れることができるのもピースボート船旅の魅力といえます♪

船で世界をまわるので、航空券やホテルを手配する必要もないのも楽ですよ。

まさに子連れで旅をしたい人にはピースボートはぴったりです。

以上、ピースボート過去乗船者のまどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】