LGBTQ2とは?トランスジェンダーとは?知っておきたいLGBT用語集まとめ

まどぅー
こんにちは、まどぅー(@madocanada)です。

本記事はLGBTの用語集をまとめました。

わたしが住んでいるカナダではLGBTQ2といいますが、「Q2」ってなんでしょう?

また他にも知っておきたい用語をまとめておきました。

 

スポンサーリンク

LGBT(エルジービーティー)とは?

LGBTとは、以下の英単語の頭文字をとったものです。

  • Lesbian(レズビアン)
  • Gay(ゲイ)
  • Bisexual(バイセクシュアル)
  • Transgender(トランスジェンダー)

セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称として使われています。

まどぅー
ひとつずつ解説しておきます。

「L」・・・Lesbian(レズビアン)

Lesbian(レズビアン)とは、女性として恋愛対象が女性を好きな人のことをいいます。

「レズ」と発言するのは差別用語なので、「ビアン」といいます。ただそれは日本特有の略称で、海外ではLesbian(レズビアン)と略されずに使われますね。

ここでいう「海外」は、わたしが住んでいるカナダのことをさしています。

「G」・・・Gay(ゲイ)

Gay(ゲイ)とは、男性として恋愛対象が男性を好きな人のことをいいます。

海外でGay(ゲイ)という言葉は女性当事者が使うこともあります。

「ホモ」や「オカマ」は差別用語です。英語のhomosexual(ホモセクシャル)からきていますが、海外でもhomo(ホモ)は差別用語ですね。

「B」・・・Bisexual(バイセクシュアル)

Bisexual(バイセクシュアル)とは、異性・同性が恋愛対象になる人のことをいいます。両性愛者とも。

だからといって、誰でもいいわけじゃないですよ。

「T」・・・Transgender(トランスジェンダー)

Transgender(トランスジェンダー)とは、性自認と周りからみられる性が異なる人のことをいいます。

トランスジェンダーにも色々ある

近年ではトランスジェンダーといっても3つに分けることができるとされています。

それが以下です。

  1. トランスセクシュアル(TS)
  2. トランスヴェスタイト(TV)
  3. トランスジェンダー(TG)

さらに、「トランスジェンダー」と「性同一性障害」も似ているようで別の意味を表すんですよ。

まどぅー
それは最近まで知らなかった・・。

それから、こんなふうにも表記されます。

  • FtX……身体が女性で性は無性または中性
  • FtM……身体が女性で性自認は男性
  • MtX……身体が男性で性は無性または中性
  • MtF……身体が男性で性自認は女性

トランスジェンダーについて詳しく知りたい方は下記の記事がわかりやすかったですよ〜。

関連記事:【実は意味が違う!】トランスジェンダーと性同一性障害の違いって何?

自分自身がマイクロアグレッションの当事者にならないためにも正しく言葉を知っておきたいですね。
 

LGBTQ2(エルジービーティーキューツー)とは?

カナダではLGBTではなく、LGBTQ2と表記したり、言ったりします。

2017年にカナダのジャスティン・トルドー首相がLGBTQ2コミュニティへ謝罪スピーチを行なった時も、しっかりとQ2(キューツー)と言っていますね。

さて、このQ2とは一体なんでしょうか?

「Q」・・・Queer(クィアー)

「Q」はQueer(クィアー)の頭文字をとったものです。

Queer(クィアー)はもともと「風変わりな」とか「変わり者」という意味で差別用語だったんですよ。

でも、当事者たちが意味をひっくり返して使うようになり、今ではとても肯定的な言葉として使われています。

「Q」・・・Questioning(クエスチョニング)

「Q」はQueer(クィアー)の他に、Questioning(クエスチョニング)という意味もあります。

Questioning(クエスチョニング)は性自認が「クエスチョン」、つまり、性別がわからない人のことです。もしくは自分の性のあり方を決めない人のこと。

「性別がわからない」というのは、もちろん社会的に割り当てられた性別や客観的にみた性別ではありません。

X(エックス)ジェンダーも「Q」の中に含まれますね。

性は本当に多様で、人の数だけ性があるといっても過言じゃないです。

実際にそんな人いるの?って方はこちら(↓)のブログがオススメ!

関連記事:LGBTQの「Q」私は自分の性別がわからない

「2」・・・2-spirit(トゥースピリット)

2は2-spirit(トゥースピリット)の頭文字をとったものです。Two-spirit(トゥースピリット)と表記されていることもありますね。

カナダや北アメリカの先住民には古くから認識されてきた性があります。

それが2つの性役割(ジェンダーロール)を持つ人です。彼らのことを2-spirit(トゥースピリット)と呼んでいます。

スポンサーリンク




LGBTIQ(エルジービーティーアイキュー)とは?

「LGBT」、「LGBTQ2」の他にも、「LGBTIQ」というのもあります。

Qについては先ほど説明した通り、クィアーまたはクエスチョニングのことをさします。

「I」・・・Intersex(インターセクシャル)

IはIntersex(インターセクシャル)の頭文字をとったものです。

ブロガーのヨス(@yossense)さんの記事から引用させていただきます。

性分化疾患(身体的な性別)が男女のどちらにも典型的ではない状態の人。性器の未分化や両方の特徴を持つ人

参考: LGBTとは? オリンピック憲章でも差別を禁止しているので知っておこうね!

LGBTs(エルジービーティーエス)とは?

他にもLGBTsと表記するメディアもありますね。

LGBTsの「s」はLGBT以外の性的マイノリティを表す記号です。これによってLGBTではない、他の性的マイノリティが含まれるようになります。

LGBT+(エルジービーティープラス)

LGBTの後ろにつく頭文字は色々あるんですね。

  • LGBTQ2
  • LGBTIQ
  • LGBTs

しかし!もっと付け加えると、「LGBTTQQIIAAP」なんてのもあるんですよ。

まどぅー
ちょっと長いですよね。

「LGBT+」という表記を見たことがあるでしょうか?

このプラス(+)を使うときは、書ききれないほどの多様な性が存在していることを表す時に用いられます。

他にもあるLGBT用語

ざっと挙げるだけでも、こんなに用語があるんですよ〜!

  • X(エックス)ジェンダー
    男性、女性のどちらかに規定できない性を持つ人。
  • シスジェンダー
    生まれた時に割り当てられた性別と自分の性自認が一致している人。
  • アセクシュアル
    無性愛者やAセクシャルとも。性別に関係なく、他者に対して恋愛感情や性的欲求がない人。
  • ノンセクシュアル
    非性愛者とも。他者に恋愛感情は抱くが、性的欲求は抱かない人。
  • パンセクシャル
    全性愛とも。好きになる人の性別を重要視しない人。
  • デミセクシャル
    半性愛とも。恋愛・友情などで強い絆が生まれたときに恋愛感情・性的欲求を抱く人。
  • ストレート・アライ
    LGBT当事者ではないが、LGBTの人たちの活動を支持し、支援している人

参考: アセクシュアル(無性愛)とは?ノンセクシュアル(非性愛)との違いも解説!

最後に

カナダで同性婚をした当事者として、少しでも多くの人にLGBTについて知ってほしく書きました。

そもそも「男はこうあるべき、女はこうあるべき」という概念自体、社会が作り出してしまったもの。それによって嫌な思いをしている人はたくさんいます。

誰かが嫌な思いをしないと変わらない社会だからこそ、正しい意味を理解し知っておきたい言葉たちです。

では、まどぅー(@madocanada)でした。

まどぅー
LGBT関連のマンガはこちらがオススメです。
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】