【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

【LGBTドラマ】日本で放送されたLGBTが題材のドラマまとめ

まどぅー
カナダで同性婚をした、まどぅー(@madocanada)です。

ドラマや映画に出てくるカップルや夫婦は異性同士が多いですが、最近はLGBTを題材にした作品が日本でも増えてきました。

当事者として、LGBTに関する作品は「どんな風に描かれているのだろう?」と、毎回ドキドキしながら観ています。

話題になった作品から昔の作品まで紹介します。

 

スポンサーリンク

①3年B組金八先生 第6シリーズ

『3年B組金八先生』は担任の坂本金八先生がクラスに起こる問題を熱意持って解決していくという学園ドラマです。

金八先生の第6シリーズが放送されたのは2001年なんですね。わたしは当時、中学生でした。

第6シリーズで上戸彩が演じた鶴本直はトランスジェンダー。ドラマの中では「性同一性障害」という言葉が使われていました。
 

トランスジェンダーとは?

産まれたときに法律的・社会的に認識される性別にとらわれない性別のあり方を持つ人。

このシリーズに出てくる校長先生は凝り固まった考えなので、観ているだけでも腹が立ちましたね(笑)

校長先生がある日こんなことを言います。

「もっと女は女らしく、おしとやかにしないとダメじゃないか!」

すかさず、直はこう言い返しました。

「女だからとか、男だからとか、言われたくありません。誰だってひとりの人間なんです」

まどぅー
堂々と発言する姿がカッコイイ!

鶴本直(つるもとなお)が自分の声が嫌で「フォークで喉を突くシーン」は本当に衝撃だった・・。

周りの生徒が直を理解しようと歩み寄っていくのもリアルに描かれています。

様々な多様あふれる生徒のストーリーなのでLGBTだけがメインの話ではありませんが、一度は観てほしいドラマです。

学生の頃にこんな作品に出会えてよかったな〜と思います。

久しぶりにまた観たいな〜。

 

②ラスト・フレンズ

2008年4月10日〜6月19日まで放送されていたテレビドラマです。当時ドラマを観ていた人には今でも心に残っているのではないでしょうか。

この時に上野樹里が演じた役の岸本瑠可(きしもとるか)はトランスジェンダーだったんですよね。

10年以上前に放送されたドラマでしたが、2017年に「ラストフレンズ」がTwitter上でトレンド入りし話題となったんです!

関西地区限定でドラマが再放送されたためです。

とても切ないドラマですが、社会問題に大きく切り込んだ作品です。

③おっさんずラブ

続いて、SNSを中心に話題になったドラマ「おっさんずラブ」の紹介です。

演技力にキレのある俳優たちがこぞって出演しました。

  • 田中圭
  • 林遣都(はやしけんと)
  • 吉田鋼太郎(よしだこうたろう)
  • 眞島秀和(まじまひでかず) など

メインのストーリーは男性と男性による恋愛物語ですが、この作品がここまで人気になったのには「観やすさ」にあるんです。

俳優陣の抜群な演技力に加えて、テンポよくストーリーが展開されていくし、キャラクターもとても親しみやすい。特に吉田鋼太郎さんが演じる部長は最高でした!

年代、性別関係なしに幅広く愛されるドラマですよ〜!

④弟の夫

弟の夫は、田亀源五郎(@tagagen)さんによる漫画作品が原作です。

この作品は、2015年に文化庁メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞を受賞しているんですよ!

漫画第1巻が発売されたすぐ後に、アイルランドやアメリカで同性婚が合法化されたり、タイムリーな時期に発売されていますね。

ドラマでは俳優の佐藤隆太が主演をつとめたので話題になりました。LGBTにテーマをおき、ストーリーが展開されていくホームドラマです。

田亀さんは「弟の夫」についてインタビューでこう述べています。

『弟の夫』で描きたかったのは無自覚の偏見、もしくは無自覚の差別です。
田亀源五郎と担当編集に聞く『弟の夫』の現場 「無自覚の差別」とは何か?

無自覚の偏見、もしくは無自覚の差別のことをマイクロ・アグレッションと言います。

確実に存在しているマイクロ・アグレッションタイプのリアルな差別が描かれているので、気づきが多い作品です。

DVD▼

created by Rinker
NHKエンタープライズ

漫画▼

⑤きのう何食べた?

2019年4月に放送されたドラマ「きのう何食べた?」は漫画が原作ですね。

ドラマでは俳優の西島秀俊と内野聖陽のダブル主演。

男性カップルの日常、食事の風景が描かれています。

料理シーンが毎回登場するドラマなので、お腹がすいてきます(笑)飯テロと話題になりましたね。

クスっと笑えたり、ホロリと涙がでたり、愛する人を愛するって素敵なことだと思えるドラマです。

漫画も読んでみたい。

⑥女子的生活

「女子的生活」は、坂木司さんの短編小説が原作です。

ギャラクシー賞を受賞して話題になりました。

都会に憧れる田舎育ちの主人公が繰り広げる人間ドラマです。この主人公がトランスジェンダーだそう。

わたし自身まだ観れていないので、見たいな〜と思っているドラマの一つです。

⑦隣の家族は青く見える

「隣の家族は青く見える」は2018年1月にフジテレビで放送されたドラマです。

深田恭子や松山ケンイチが出演しています。豪華ですね!!

不妊治療、同性カップル、事実婚など多様なカップルや家族が出てくるそう。

世界にはいろんな人がいること、多様な家族のあり方があることを題材にした作品。

⑧明日の君がもっと好き

「明日の君がもっと好き」は2018年1月に放送されたドラマです。

女優の森川葵が演じる丹野香がジェンダー・アイデンティティーに悩む役柄で登場します。

⑨家政夫のミタゾノ

「家政夫のミタゾノ」は2016年4月に放送されたドラマです。

前に「家政婦のミタ」という高視聴率ドラマがありましたね。それとは別作品です。

主演はトキオのTOKIOの松岡昌宏ですね。

LGBTが題材の日本のドラマまとめ

わたしもまだ見ていないドラマがあるので気になるところです。

以上、まどぅー(➠プロフィールはこちら)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】