「ピンクシャツデー」でイジメ反対を訴える!ある男の子がピンク色のシャツを着てイジメられた話

まどぅー
こんにちは!!カナダ在住のまどぅー(@madocanada)です。

カナダには「ピンクシャツデー」と呼ばれる日が毎年2月の最終日にあります。

ピンクシャツデーとは、イジメ反対を訴えるポジティブキャンペーンなんです。

男子高校生が「ピンク色のシャツを着ていた」という理由で、いじめを受けたことが始まりです。

 

スポンサーリンク

ある男の子が「ピンクのシャツ」を着てイジメられた

2007年にカナダのノバ・スコシア州で男子高校生が「ピンク色のシャツを着ていた」という理由で、イジメを受けたんですよ。

それを知った上級生たちがピンクのシャツをセカンドハンド店で50着ほど買って、友人たちにシャツを着るようにメールでお願いしました。

翌朝、登校してみたら、なんと、学校内はピンクシャツを着ている生徒で埋め尽くされていたんです。

メールを受け取らなかった生徒にまで話は広がっていたんだとか。

それをキッカケに、彼に対するイジメがなくなったっていう実話です。

ほんとにね、性別によって色が決まるんじゃなくて、自分が本当に好きな色を身につけられる世の中であってほしいですよね。

ピンクシャツデーとは?

この実話が広まって、カナダでは毎年、2月の最終水曜日がピンクシャツデーとなったんですよ。

ピンク色のシャツを着ることで「イジメに反対しますよー」と意思表示をするわけです。

なので、この日だけは街中でピンクシャツを着る人が普段よりも多くいます。

そして様々な企業がこのキャンペーンに参加しているので、この時期はピンクシャツが普段以上に売り出され始めます。

無料で生徒にピンクシャツを配る学校もあるし、カナダの首相ジャスティントルドーもピンク色のシャツを着るくらい、色に対する偏見をなくしていこうって活動しているんですよー!

(↑ピンクシャツを着るカナダのジャスティン・トルドー首相)



ピンクシャツはオシャレ!!

気づけば、大人って赤ちゃんの頃から色を強要しているなと感じます。

男の子の赤ちゃんと聞けば、青系色の洋服を買ったりもらうことが多いし。逆に女の子はピンクや赤といった感じで。

また、お店でも男の子用と女の子用にきっちりと分けられて店頭にズラリと並んでいる場合がほとんど。

でも、「男の子だから」とか「女の子だから」と価値観を他人から押し付けられる時って、本当は性別が関係ないことが多いですよね。

子ども用でもこんな感じでありました▼

ANKECHANG 子供服 ワイシャツ 長袖 男の子 Yシャツ 刺繍 キッズ フォーマル 蝶ネクタイつき 1-7歳 size 130 (ピンク)
ANKECHANG

ピンクシャツってオシャレで爽やかなイメージなので、個人的に好感が持てます!!

自分が選んだ色を他人からバカにされる筋合いなんてないですよね。ましてやそれがイジメに繋がっているなんて怖いです。

カナダにいる方はぜひ、ピンクのシャツを着て盛り上げていきましょう♪ピンクシャツを着るだけで意思表示ができます。

カナダでは2019年2月19日がピンクシャツデーです。

以上、まどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】