「ピンクシャツデー」でイジメ反対を訴える!ある男の子がピンク色のシャツを着てイジメられた話

カナダには「ピンクシャツデー」と呼ばれるイジメ反対を訴えるポジティブキャンペーンが毎年2月の最終日にあります。

まどぅー
男子高校生が「ピンク色のシャツを着ていた」という理由で、いじめを受けたことが始まりなんです。
 

スポンサーリンク

ある男の子が「ピンクのシャツ」を着てイジメられた

2007年にカナダのノバ・スコシア州で男子高校生が「ピンク色のシャツを着ていた」という理由で、イジメを受けたんですよ。
 
それを知った上級生らがピンクのシャツをセカンドハンド店で50着ほど買って、友人たちにシャツを着るようにメールでお願いしました。
 
翌朝、登校してみたら、なんと、学校内はピンクシャツを着ている生徒で埋め尽くされていたんです。
 

 
メールを受け取らなかった生徒にまで話は広がっていたんだとか。
 
それをキッカケに、彼に対するイジメがなくなったっていう実話です。
まどぅー
ほんとにね、性別によって色が決まるんじゃなくて、自分が本当に好きな色を身につけられる世の中であってほしいですよね。

ピンクシャツデーとは?

この実話が広まって、カナダでは毎年、2月の最終水曜日がピンクシャツデーとなったんですよー。
 
ピンク色のシャツを着ることで「イジメに反対しますよー」と意思表示をするわけです。だからこの日だけは街中でピンクシャツを着る人が普段よりも多くいます。
 
そして様々な企業がこのキャンペーンに参加しているので、この時期は街中ではピンクシャツが売り出され始めます。
 
無料で生徒にピンクシャツを配る学校もあるし、カナダの首相ジャスティントルドーもピンク色のシャツを着るくらい、色に対する偏見をなくしていこうって活動しているんですよー!

(⬆︎ピンクシャツを着るカナダのジャスティン・トルドー首相)

男の子は仮面ライダー、女の子はプリキュアって誰が決めたの?

少し前にこんな記事を読みました。

今年1月、仮面ライダーのベルトが欲しいと泣きじゃくる女の子に母親らしき声で「女の子だから買わない」「男の子のおもちゃだから」など返す動画がTV番組で紹介され、Twitterで話題を呼んだ

4歳の息子がある日「スカートをはきたい」と言ってきたより引用

リアルタイムで気づけなかったのですが、ツイッターでも話題になっていたそう。

「子供の屁理屈」っていうテーマで視聴者からの投稿で成り立っているテレビ番組でした。仮面ライダーのグッズを欲しがる女の子を出演者たちがこぞって笑っているという、なんだか卑劣でした。

「男の子だから」とか「女の子だから」と価値観を他人から押し付けられる時って、本当は性別が関係ないことが多いですよね。

社会から求められる色を好きになる必要は全くないし、自分が選んだものを他人からバカにされる筋合いなんてないですからねー。

まどぅー

知らず知らずに洗脳されている価値観って怖いですよーってお話でした。

合わせて読みたい

 

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】