【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

同性婚を実現するために私たちにできることは?具体的な応援方法5つ

まどぅー
カナダで国際同性婚をした、まどぅー(@madocanada)です。

2019年2月14日、同性婚を求める13組の同性カップルが、国を一斉提訴しました。(現在進行中)

いわゆる同性婚訴訟ですが、正式名称は「結婚の自由をすべての人に訴訟」です。
 

 
この訴訟の弁護団の寺原弁護士によると、最高裁の判決が出るまでは4-5年はかかると言われています。

最終的には、LGBT+当事者だけでなく、多くの方が関心を持って意識を高めていく必要があります。

まどぅー
国民の注目度によって判決が変わるんです!

今まで同性婚について考えてこなかった人はこの機会に関心をもってほしい!!

この記事では「同性婚を実現するために私たちにできること」について書いています。

 

スポンサーリンク

同性婚を実現するために私たちにできること

同性婚を実現するために私たちにできることをまとめてみました。

  1. 署名する
  2. 裁判の傍聴に行く
  3. 寄付をする
  4. イベントに参加する
  5. SNSで拡散する

今からでもすぐにできるアクションばかり!

まどぅー
ひとつずつ説明していきますね。

私たちにできること①署名する

結婚の自由をすべての人に訴訟」では、署名を集めています。

集まった署名は裁判所に提出します。

署名を書くのに抵抗がある…って人も中にはいるかもしれません。

だけど、人間は誰しも生きづらい部分を抱えています。

その「生きづらい」と思う理由が、社会の制度であり、差別や理不尽を引き起こしているのだとしたら、変えるべきだと心から思います!!

まどぅー
署名はオンラインで簡単にできますよ。

現在は2つの署名を集めています。

  1. 同性婚を求める署名
  2. 東京原告の方の「本人尋問」を求める署名

①同性婚を求める署名

Change.orgで行なわれている同性婚を求める署名は、6万人を超えています。

たくさんの署名を集めることで社会を大きく変えていけると信じています。

同性婚を認めるべき理由は別記事に書いています。
 

 

②東京原告の方の「本人尋問」を求める署名

地裁もいよいよ大詰めというところで、東京原告の方が本人尋問を拒否されているという緊急事態になっています。

まどぅー
当事者の困難や体験を聞かずに書面だけで判決しようとしているなんて。

記者会見では弁護団も「異例の状態です」とおっしゃっているんですよ。

結婚の自由をすべての人に訴訟」は全国で5カ所で行なわれていますが、本人尋問の機会が奪われているのは東京だけ・・・・です。

まどぅー
本人尋問は裁判の証拠になる大事な大事な機会であるのに!

「本人尋問をやるべき」という声を裁判所に届けるための賛同署名です。

とはいえ、「本人尋問ってなに?裁判用語とかわからない…」という方も多いと思います。

別記事にくわしく、わかりやすく解説しました。こちらからお読みいただけます▼

【同性婚訴訟】緊急!本人尋問の機会が奪われた!署名を広げよう。

こちらの署名の期限は2021年2月24日までになります。

私たちにできること②裁判の傍聴に行く

同性婚を認めないことは憲法違反として、13組の同性カップルが原告として立ち上がっています。

13組のLGBT+当事者の原告の方たちは、

差別を受けてきたことや、家族に言えなかった苦悩、社会的に保証がないことを法廷で訴えます。

実際に裁判の傍聴へ行ったすずきえり(@eri_suzuki_)さんから法廷画を提供していただきました。

↑実際の法廷の様子(提供:@eri_suzuki_さん)

ドラマで見る光景そのもの!

まどぅー
こんな場所では絶対に緊張するはず。

裁判の傍聴に行くことが一番の応援になるんです。

そして、裁判所に多くの人が関心を持っていることを示すこともできるです。

ひとりでも多くの傍聴人がいることは、とても力強い応援になります。

裁判の傍聴の日程を知る方法

結婚の自由をすべての人に訴訟」を「ただの訴訟」として終わらせないために、一般社団法人が設立されました。

Marriage for All Japan(マリッジ・フォー・オール・ジャパン)といいます。

随時ホームページやSNSで傍聴の日程や現状をアップデートしてくれます。

是非フォローしてみてください▼

Website(ウェブサイト)
Marriage for all Japan
 
Twitter(ツイッター)
@mariagge4all_
 
Facebook(フェイスブック)
Marriage For All Japan
 
Youtube(ユーチューブ)
マリフォーチャンネル

私たちにできること③寄付する

LGBT+の人たちの「個人の尊厳を問う裁判」という理由から、

弁護団は全員無料奉仕で活動しているんです。弁護士費用(着手金・報酬)には一切使われません。

集まったお金は、すべて本訴訟の広報等キャンペーン費用や訴訟実費に使われます。

毎年、お金は自転車操業だそう。わたしも定期的に寄付しています。

まどぅー
「関係ないから支援しない」のではなく、「関係ないけど多様な社会が必要!」と考える人が増えてほしい!

▼寄付・支援はこちらから▼

<下に続く>


私たちにできること④イベントに参加する

冒頭でも述べた通り、最高裁の判決が出るまでに4-5年はかかると言われています。

しかし!!

まどぅー
多くの人が関心を持つことで、より早く同性婚の実現ができるはず。

同性婚の実現とは、「婚姻の平等」がすべての人に与えられるということ。

そのために、一般社団法人「Marriage For All Japan」では定期的にイベントなどを開催して情報を発信しているんですよ〜。

原告となった当事者の方たちの生の声を聞くことができるわけです!

まどぅー
ぜひイベントに参加して盛り上げていけたら!
2020年は新型コロナウイルスの影響でオンラインイベントが中心となりました。

YouTubeチャンネルが開設され、定期的にイベントや裁判の報告会が行なわれています。

各SNSを要チェックです▼

Website(ウェブサイト)
Marriage for all Japan
 
Twitter(ツイッター)
@mariagge4all_
Youtube(ユーチューブ)
マリフォーチャンネル
 

私たちにできること⑤SNSで拡散する

そして、もっとも簡単にできることはSNSで情報をシェアすることです。

1イイネで、同性婚に関心を持ってくれる人がちょっぴりだけ増えます。

1リツイートで、行動を起こす人が徐々に現れてきます。

1シェアで、愛する人同士が安心して暮らせる社会に少し近づきます。

何度も拡散することで、これまで「存在しない」ことにされてきた人の人権が守られます。

Twitterのハッシュタグは「#結婚の自由をすべての人に」です。

また、このブログではLGBT+に関することや、「結婚の自由をすべての人に訴訟」のことを発信しています。

こちらのカテゴリーページも是非チェックしてみてください▼

婚姻の平等を得るために

↑カナダで挙げた結婚式(Photo by Tanabe+Photography

わたしには愛するパートナーがいます。

でも日本で一緒に暮らすことはできません。

どちらかが命にかかわるような状況になっても、そばにいられません。

制度がないことで困っている人たちが既にいます。

それを解決する方法は一つです。

当事者ではない方に声をあげていただくこと。

もうそれしかないと思っています。

わたしたちは法律上の「赤の他人」から「家族」になるために、

結婚の自由をすべての人に訴訟」を全力で応援しています。

日本に住んでいたら、わたしたちが原告になっていたかもしれないから。

まどぅー
いずれは「同性婚」なんて言葉がなくなればいいな。

「同性婚しました」と説明するんじゃなくて、「結婚しました!」と堂々と言える日が日本にも訪れてほしい。

裁判とかよくわからないという方はこちらの記事へ▼

同性婚訴訟とは?結婚の自由をすべての人に訴訟とは?

本人尋問が奪われてしまった東京原告の方を応援するにはこちらの記事へ▼

【同性婚訴訟】緊急!本人尋問の機会が奪われた!署名を広げよう。

以上、まどぅー(➠プロフィールはこちら)でした。

関連書籍▼

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】