【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

絵本「かぞくです」を作ろうと思ったキッカケ

まどぅー
双子のふたりママのまどぅー(➠プロフィールはこちら)です。

多様な家族がいることを伝えたい!

その想いをキッカケに仲間と共に絵本「かぞくです」を制作し、現在クラウドファンディング中です。

この記事では、わたしが絵本「かぞくです」を作ろうと思ったキッカケについて書いています。

 

スポンサーリンク

絵本を作ろうと思ったキッカケ

わたしは2016年に同性パートナーとカナダで結婚し、2019年に双子が誕生しました。

カナダでは同性婚は法制化されています。日本ではまだ同性同士の婚姻はできません。
 

左わたし 右パートナーPhoto by Kris westendorp

まどぅー
「ふたりママ」として子育てをしています。

ふたりママとして子育てしていく過程において、

我が子たちは周りの保護者や保育士さんたちに必ずと言っていいほど、お父さんがいることを想像されます。

ほとんどの絵本でも「お母さんとお父さんが揃っている家族像」が描かれています。

確かにほとんどの家庭にはお母さんがいて、お父さんがいる。

だから、いわゆる典型的な家族像を想像されてしまうのは仕方がないことだな、と諦めてきました。

でも、ある日ふと、「仕方がないから」と何もせずにいたら、わたしたち家族は本当にいない存在になってしまうのではないかと思ったんです。

「わたしたちはここにいるよ」と声をあげなければ、と。

全力で今を生きる子どもたちにできることは何だろうか、と。

わたしたちのようなふたりママ家族・・・・・・・の他にも、ふたりパパ家族、障がいを持った方がいる家族、里子や養子を迎えた家族、ひとり親、ふうふ、大家族、ステップファミリー、レインボーファミリー、

ここには書き切れないほどの家族のかたちがあります。

子どもたちには、幼い頃から「家族の形はいろいろあること」を伝えていきたい。

その想いを胸に、家族の多様性を伝える絵本を作ることを決めて、1年ほど前から少しづつ進んできました。

ようやく形になってきているところです!

↑絵本「かぞくです」に登場するとり

まどぅー
にじいろのとりがいろんな家族に出会う、そんな絵本を作っています。

多様性を描いた乳幼児絵本を日本発で出版したい

海外の絵本では多様な家族、障がいのある子、人種の違う子が登場する作品が多く出版されています。

日本でも海外の絵本を翻訳したものがだんだん増えてきていますよね。

ですが、「多様性=海外の話」と遠い話として受け取られてしまう可能性があります。

日本から絵本を出版することで、多様な家族のかたちをより身近に感じてほしいと思いました。

そんなわけで、「ないなら自分たちで作ろう!」と動き始めたのです。
 

<下につづく>


絵本「かぞくです」まとめ

絵本「かぞくです」を出版するために、2022年7月1日〜8月7日までクラウドファンディング中です。
 

この絵本を多くの子どもたちに届けるために、ご支援や拡散していただけたら嬉しいです。

絵本「かぞくです」の関連記事はこちら▼

応援よろしくお願いします!

まどぅー
必ず出版して子どもたちに届けるゾ〜!

以上、双子のふたりママのまどぅー(➠プロフィールはこちら)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】