【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

同性婚訴訟とは?結婚の自由をすべての人に訴訟とは?

まどぅー
双子のふたりママのまどぅー(➠プロフィールはこちら)です。

2019年2月14日に、13組の同性カップルが国を一斉提訴しました。

求めているのは婚姻の平等です。

正式名称は結婚の自由をすべての人に訴訟です。

別名は同性婚訴訟や同性婚裁判とも呼ばれていますね。

まどぅー
裁判用語が並ぶと、かたくるしく思えてしまう…。

内容がちょっとわかりづらいと思うので、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

「結婚の自由をすべての人に訴訟」とは?

「結婚の自由をすべての人に訴訟」とは、いわゆる「同性婚訴訟」のことです。

同性婚を求める13組の同性カップルが、国を一斉提訴しました。

2019年2月14日のバレンタインデーのことです。(なんてロマンチック!)

まどぅー
現在も裁判は継続中です。

同性カップルの方たちが訴状を提出するために東京地方裁判所に入っていくシーンは、

全国で生中継されましたね▼
 


マリフォーのYouTubeチャンネル登録はこちら

まどぅー
歴史的な第一歩だと心が震えました。

この裁判で求めているのは「婚姻の平等」です。

「国を提訴!!」なんて聞くと、なんだか身構えてしまいますよね。

でも、特別扱いを求めているわけでも、むずかしいことをお願いしているわけでもないんです。

「愛する人と一緒に生きていく当たり前の権利」をお願いしているもの。

まどぅー
実はとーってもシンプルなんです。

<下に続く>


「結婚の自由をすべての人に訴訟」と「同性婚訴訟」のちがいは?

「結婚の自由をすべての人に訴訟」は「同性婚訴訟」とも言われています。

またニュースによっては同性婚裁判とも。

まどぅー
正式名称は結婚の自由をすべての人に訴訟になります。
全て・・」ではなくひらがな表記の「すべて・・・」になります。

なぜ正式名称が「結婚の自由をすべての人に訴訟」なの?

まどぅー
とはいえ、正式名称が「結婚の自由をすべての人に訴訟」って長すぎません?

同性婚訴訟ではダメなのだろうか?と思っていたら、

東京原告である小野春さんの書籍「母ふたりで“かぞく”はじめました」にその答えがバッチリと書かれていましたよ!!

手術をしていない(性別移行していない)トランスジェンダーの人は、たとえ戸籍上同性のパートナーとの結婚であったとしても、同性・・婚」とは表現されたくないという意見だってあるのです。

そうした思いも込めて「求めているのは、独立したふたりの大人が、結婚するあるいは結婚しない(できない、ではなく)という選択ができる自由を」ということで

この名前に決まったそうです。

とても良い名前です。これを聞いて、この訴訟の原告になりたいという思いが確かなものになりました。本文185/186ページより引用

ただ、正式名称が長いので、記事やニュースでは今でも同性婚訴訟や同性婚裁判と使われることが多いですね。

頭文字をとって略して「けじすべ訴訟」とハッシュタグが使われるようになりました!!
 

結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟)について

「結婚の自由をすべての人に訴訟」をもう少し詳しく説明していきますね。

「結婚の自由をすべての人に訴訟」で求めていること

本訴訟で求めていることは、冒頭でも述べた通り、婚姻の平等です。

主に下記の3つが争点のポイントになっています。

  1. 「法の下の平等」に反している(憲法14条)
  2. 「婚姻の自由」が侵害されている(憲法24条1項)
  3. 「個人の尊厳」が守られていない(憲法24条2項)
まどぅー
つまり、同性婚を認めないことこそが憲法違反ですよ〜ということ。
なので、憲法を変える必要はありません。

裁判の争点については詳しく別記事にまとめました▼

同性婚ができないのは憲法違反。裁判の争点をわかりやすく説明するよ。

「結婚の自由をすべての人に訴訟」が行なわれている場所

「結婚の自由をすべての人に訴訟」は全国5ヶ所で同時に行われています。

  1. 北海道(札幌地方裁判所)
  2. 東京(東京地方裁判所)
  3. 愛知(名古屋地方裁判所)
  4. 大阪(大阪地方裁判所)
  5. 九州(福岡地方裁判所)

全国で同時に行なわれているのを知らない方も多いのではないでしょうか。

これほど大きな憲法訴訟なんですね!

まどぅー
だからこそ、もっと注目されほしい!
2019年9月に九州(福岡)が加わりました。

「結婚の自由をすべての人に訴訟」の原告について

原告とは、大まかに言えば「訴えを提起した当事者のこと」です。

この「結婚の自由をすべての人に訴訟」の原告の方たちはLGBT+当事者です。

原告の方たちは全国に13組26人います。

まどぅー
このうち東京の原告は6組12人と最も人数が多いそう。
ちなみに全国でパートナーシップ制度を利用している同性カップルは1000組を超えています。

 

「結婚の自由をすべての人に訴訟」の弁護団について

少し時を遡りますが、2015年7月7日に有志のLGBT+当事者と弁護士によって、

「同性婚を認めないことは、人権侵害である」と国に勧告してもらおうというプロジェクトが動き出しました。

この時に「同性婚が法制化されたら、結婚することを希望する人」は全国で455人集まったんですよ!

まどぅー
LGBT+当事者は今まで「いない」ことにされていただけなんです。
 

この動きから4年が経ち、2019年開始の裁判、「結婚の自由をすべての人に訴訟」に繋がっていくわけなんですね。

そして2020年の現在、「結婚の自由をすべての人に訴訟」に賛同し関わっている弁護士は70人います。

まどぅー
そう、この訴訟は大勢の有志の弁護士さんたちによって支えられているんです!

LGBT+の人たちの個人の尊厳を問う裁判という理由から、

弁護団は全員無料奉仕で活動していて、お金は毎年、自転車操業です。

以下から寄付金をあつめています〜。

Marriage For All Japanへの寄付・支援はこちらから

関連書籍はこちらから▼

「結婚の自由をすべての人に訴訟」の裁判現状

裁判の現状は公式サイト「Marriage For ALl Japan 結婚の自由をすべての人に」の「裁判情報」から確認できます。

次回の期日の日程や、期日後の報告会、オンラインイベントの情報なども発信されていますよ〜。

「結婚の自由をすべての人に訴訟」の判決はいつ?

↑実際の法廷の様子(提供:@eri_suzuki_さん)

全国でいっせいに提訴されていますが、各地裁の進行状況は異なります。

まどぅー
特に2020年は新型コロナウイルスの影響で裁判が延期になったりしましたね。

札幌地裁では、2021年3月17日に判決が言い渡されると発表されました。

そのほかの地裁の判決は現在未定ですが、もし判決で負けたら控訴することになります。

のち高等裁判所、最高裁判所と進んでいくので、

最高裁判決が出るのは2023年の春ごろと予想されています。

結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟)のまとめ

この記事では「同性婚訴訟とは?結婚の自由をすべての人に訴訟とは?」についてまとめました。

最後に簡単にまとめると、こんな感じ▼

  • 正式名称は「結婚の自由をすべての人に訴訟」
  • 別名は「同性婚訴訟」や「けじすべ訴訟」
  • 同性婚ができないのは憲法違反
  • 愛する人と共に生きていくための尊厳をかけた裁判
  • 全国5カ所でいっせいに裁判が行なわれている
  • 裁判の現状は公式サイトから

「裁判ってなんだかむずかしそう…」と感じてしまうかもしれませんが、

同性カップルでも愛する人と共に安心して暮らして生きていきたいのです。

現在あつめている署名の期限が2021年の2月24日に迫っています。

詳しくはこちらの記事に!ぜひ!お力を貸してください▼(期限は2021年2月24日まで)

【同性婚訴訟】緊急!本人尋問の機会が奪われた!署名を広げよう。

関連書籍▼

以上、まどぅー(➠プロフィールはこちら)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】