【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

【2018年】カナダで行われたビクトリア・プライドパレード (25th Annual Victoria Pride Parade)に参加してきたよ!

↑サインを掲げて見学
まどぅー
カナダで国際同性婚をした、旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

2018年7月8日(日)にカナダで行われた、ビクトリア・プライドパレードに行ってきましたよー!

パレードには1万人、フェスティバルには2万5千人が来場し、毎年盛り上がりを見せています。

実際に参加してきたので、写真と共に様子を紹介します!

LGBTとは?LGBTQ2の意味とは?わかりやすいLGBT用語集

 

スポンサーリンク

ビクトリア・プライドパレードとは?

ビクトリア・プライドパレードとは、ビクトリア・プライド・ソサエティー(The Victoria Pride Society)が毎年主催しているイベントです。

↑パレードの様子

彼らのミッションを翻訳しました↓

わたしたちは教育、平等、安全を通して、すべての人々が自分の本当の人生を送ることができるように、差別、暴力、無知のない未来を創ることをミッションとしています。

LGBT+当事者であってもそうでなくても、みんなが自分自身であることに誇りを持ち、お互いをお祝いする日なんですよ。

ビクトリア・プライドパレードは25年前にビーコン・ヒル・パークという場所からピクニックの延長で始まりました。

カジュアルな雰囲気でスタートしているんです。

なんと、今年で25周年を迎えました!

まどぅー
おめでたいですね〜!

今では100を超える地元の企業、非営利団体、LBGTQコミュニティが参加するほど大きなイベントになりました。

日本でも東京レインボープライドの参加者が年々増加していますね。2018年は浜崎あゆみが出演し話題になりました。

 

どんな人が参加しているの?

パレードはLGBTをサポートしている企業、団体、協賛企業ごとにまとまって歩きます。

一般参加者の登録の必要は特にありませんが、基本的に一番うしろが参加列です。(一緒に歩いてみたい場合)

↑パレード後列は一般参加者

もちろん、パレードを見るだけでもオッケー。

その場合は早めに行って場所をとっておくといいですね。思ったよりも人が多いので。

↑歩道にはたくさんの人

出発地点はパンドラストリートとガーバメントストリートの角から始まります。

今年もたくさんの企業や団体が参加していましたよー!

↑パフォーマーたち

救急隊や警察の人もLGBTをサポートしています。

↑レインボーの救急車
↑警察もパレードで歩く

こちら(↓)はTD BANK(ティーディーバンク)という銀行で働く人たち。銀行もサポートしているんですね。

↑銀行がパレードに参加

学生サークルも盛り上がっていました。トラックの荷台にはDJブースが設置され、音楽をかけてみんなが踊っていました。

↑カモスンカレッジの生徒たち

こんな人も(↓)

バイクを派手に装飾↑

パレード最中は「Happy Pride!(ハッピープライド!)」とたくさんの声援が飛び交うんですよ。

「ハッピープライド」はお互いをお祝いする気持ちが含まれています。

↑大きな『LOVE』という文字風船

年齢も幅広く、子どもから家族連れ、お年寄りも参加していました。

↑年齢も様々

想い想いの服を着ているので、かなり派手めでも大丈夫。

↑派手メイク

大きめのレインボーフラッグをマントのようにするだけでも雰囲気でます。

↑レインボーフラッグはパレード定番アイテム

笑顔で声を掛け合ったり、ハイタッチしたり、目があうと微笑んでくれたり、なんとも幸せな気分になります。

↑レインボーフラッグを掲げて歩く人

プラカードを掲げて歩く人もいましたね。

「ゲイであってもストレートであっても、わたしたちの子どもは素晴らしい」(訳↓)

↑プラカード

参加者1万人のパレードで歩いたよ!

わたしたちは「LOVE IS LOVE (愛は愛)」のサインを持ってパレードを楽しみました!

何かしらアイテムやサインを持っていると、「ハッピープライド」と声をかけてくれることが多いですよー!

↑サインを掲げる

終盤に近づいたときに、最後列に並んでパレードを実際に歩きました。

改めて・・・す、すごい人!!

↑パレード後方

毎年参加している友人が言っていたのですが、年々参加者は増加しているそう。

まどぅー
嬉しいことですね!

マクドナルド公園がパレード最終地点!

オスウィーゴ・ストリートに面するマクドナルド公園が最終地点でした。

歩き終えると、この公園がフェスティバル会場になっています。

なのでパレードには参加せず、フェスティバルから参加する方もいますね。

パレードの方が盛り上がっていて、フェスティバルはゆったりしている雰囲気でした。

↑フェス会場


フェスティバルの様子を紹介

ここからはパレード後のフェスティバルの様子を写真と共にお届けします。

大きく5つに分かれていました。

  • 飲食ブース
  • ビアガーデン
  • 物販ブース
  • 子どもの遊び場
  • ステージ

飲食ブース

約10つくらいのキッチンカーがあり、食べ物や飲み物を買うことができます。

わたしたちはギリシャ料理を注文することに。

↑キッチンカーにもレインボーフラッグ

チキン・ソブラキと呼ばれるもの。8ドルでした。

↑ケバブっぽい。

椅子と机が多数あるので野外で食べれるようになっていました。

ビアガーデン

お酒を飲めるビアガーデンは別エリアにありました。入場は無料ですが、身分証明書が必須です!(子ども入場不可)

↑ビアガーデン

ステージ付近

こちらはステージ付近。

↑野外ステージ

ピクニックシートや椅子を持参している人が結構いましたねー!

ステージ前では一般の人が踊っていました。

音楽を聴きながら、家族や恋人、友人とまったり過ごしている人が多かったです。犬連れもいました!

子どもの遊び場

ダンボールで作られた迷路が設置されていました。

↑迷路

このダンボールはペイントできるようになっているんです。

安心して子連れ参加できるのはポイント高いですよね。

物販ブース

テントがばぁーっと並んでいるのは物販や体験ブースとなっていました。

やはりレインボーフラッグが購入できるお店は人気が高かったですね!

↑様々なサイズのレインボーフラッグ

フラッグの種類も数え切れないくらいありました。

↑こんなフラッグも

ヘナ体験ができるコーナーには行列が。

大人にはタトゥーが人気。

↑ヘナ体験を待つ人々

カラフルな洋服やアクセサリーの販売もしていました。

↑服

賑やかな場所、ゆったりくつろげるスペース、子どもが遊べるエリア、とそれぞれあるので過ごしやすくなっていました。

まどぅー
晴天ということもあり、夏を満喫できましたよ♪

改めて思うこと

今日は、2018年7月8日(日)にカナダで行われたビクトリア・プライドパレードとフェスティバルの様子をお伝えしました。

バンクーバーのプライドパレードにも参加したことがあるのですが、今回参加したビクトリア・プライドパレードはまた違った雰囲気で楽しむことができました。

わたしは2016年に国際同性婚をカナダでしたんですが、本当に恵まれていると感じます。

愛する人と安心して共に暮らすことができること、法的に守られていること。

カナダで同性婚が認められたのは2005年。もう10年以上も前のことなんです。

しかし、一方では今でも世界中で当事者がイジメられたり、差別を受けたり、殺されたりしている現状もあります。死刑になる国もあります。

「大きな差別」とまではいかなくても日常的に受ける「マイクロアグレッション」も存在します。親から理解されず、家族の縁を切られた人もいるんですよ・・。

パレードの参加者を見て感じたことは、そんな悲しみや理不尽さを一切感じさせないエネルギーをそれぞれが解き放っていたように思います。

本当に心からお祝いをし、思いきり楽しむ姿だったんですよね。本当に「ハッピープライド」でした。

カナダに住む日本人当事者のひとりとして、パートナーと理解ある友人たちとパレードを歩くことができたことは忘れない思い出です。

↑友人たちと参加♪

愛する人を愛せる世の中になってほしいと、強く願います。

↑派手にレインボーを身にまとうわたしたち

参加できてよかった。

まどぅー
カナダではトロントが北米大規模となっているので、いつか参加したいですね!

▼レインボーグッズフラッグ▼

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】