初めてのダンスの体験レッスンの持ち物・服装・靴は?おすすめの商品やブランドも紹介

まどぅー
旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

本記事では初めてのダンスの体験レッスンの持ち物・服装・靴をまとめています。

以下の5点が基本的には必要になります。

  1. Tシャツ
  2. ジャージ
  3. ダンスシューズ
  4. 飲み物
  5. タオル

「どんなブランドがいいの?どんなサイズがいいの?」という方のためにもう少し詳しく説明しています。

これからダンスを始める方はぜひ参考にしてくださいね〜!

 

スポンサーリンク

持ち物①ダンスレッスン着

ダンスのレッスン着は上はTシャツ、下はジャージやスウェットパンツ、バスケットパンツが主流です。

ヒップホップダンスの場合は、Tシャツが一回り大きめのサイズで、ジャージは少し細めが今の流行スタイルです。

最初はあまりスタイルは気にしなくてもオッケー。基本的には動きやすい格好で大丈夫です。

とはいえ、参考に写真や商品を紹介しておきますね!

こちらはわたしのダンスの生徒です▼

Photo by Tanabe+Photography

一番左の子はグレーのTシャツにラインの入ったジャージを履いています。

真ん中の子は大きめの白いTシャツにスウェットパンツ。

右の子は赤いTシャツに下はバスケットパンツですね。

まどぅー
動きやすければ最初はなんでもあり!

おすすめのストリートブランドは?

慣れてきてストリートブランドにこだわりたい方は以下のブランドがおすすめ。

  • Stussy(ステューシー)
  • Adidas(アディダス)
  • THRASHER(スラッシャー)
  • Jordan(ジョーダン)
  • DC SHOES(ディーシーシューズ)
  • XLarge(エクストララージ) など

体験レッスンを受けてみて「ダンスを続けたい!」と思ってからストリートブランドをチェックして買い揃えるのが無難です。

Tシャツ

Tシャツは汗をかくのでしっかりとした素材のTシャツがおすすめ。

ジャージ

ラインが入ったジャージが最近の流行り。

特にアディダスは不動の人気です。

キッズがジャージ履いても可愛い▼

冒頭でも述べましたが、ジャージは比較的に細め。なので、Tシャツはゆるっとサイズを大きめに着こなすとハマります。

スウェット

大きいシルエットでルーズ感をだすスタイルが好きな人はスウェットがおすすめ。動きやすく履き心地も良いです。

キッズもあり▼

個人的には90年代ヒップホップスタイルが好きなので太めスウェットが好きです。でも最近は細身スウェットの方が人気です。

どちらもありですが、スウェットの場合は裾部分にゴムが付いている方がシルエットがカッコイイです。

バスケットパンツ

夏はバスケットパンツがおすすめ。

バスケットパンツは衣装としてもよく使われます。

↑紫のバスケットパンツ

着替えについて

ダンスレッスンでは汗を掻くので着替えを準備しておきましょう。

大体のスタジオには更衣室があるので、レッスン前にダンス服に着替えて、レッスン後に私服に着替えることになりますね。

家が近いとか車でスタジオに行く場合は、最初からダンス服でもオッケーです。

小さなスタジオだと更衣室がない場合があるので事前に確認しておいた方がいいですね。

持ち物②ダンスシューズ

ダンススタジオは室内になるので、室内用のシューズが必要です。

ヒップホップの場合、裸足や靴下で踊るのはおすすめしません。慣れない動きで滑ったり転んだりする可能性もあるので。

まどぅー
自分の足を守るためにもシューズは必須!

体験レッスン前に良いダンスシューズを購入するのが難しい方は、外用のスポーツシューズを雑巾で拭いて使うしかないですね。

ただ、ダンスを継続的に行なう方は絶対に新しいダンスシューズを購入した方がいいですよ〜!

おすすめのダンスシューズは?

初心者さんに多いのがランニングシューズをダンス用として使うこと。

実はランニングシューズは全くダンスに適していない靴なんですよ!

ランニングシューズは前に走る動きを意識して作られています。ヒップホップは激しく左右に動いたり止まったりするので、向いていません。

バスケットシューズやテニスシューズがいいですね。

ヒップホップダンスはつま先を使ったり、フロアステップもあるので、バレエシューズなどの柔らかいふにゃふにゃの素材はNGです。

底が平で硬いものを選びます。

以下のブランドがダンサーによく使われます。

  • NIKE(ナイキ)
  • adidas(アディダス)
  • puma(プーマ)
  • Reebok(リーボック)

超定番のシューズはナイキの『AIR FORCE』ですね。ダンサーなら誰もが持っているor一度は履いたことがある定番の靴です。白は服とも合わせやすい。

キッズのナイキ▼

まどぅー
ナイキは一足持っていると便利!

黒もシックで好きです▼

ヒップホップ界のカリスマアーティスト「RUN DMC」が履いていたことで人気を博したのが、アディダスの3本ラインシューズです。

ただ、他のメーカーと比べて横幅が狭いので、足幅がある人はやっぱりナイキがいいかも。

わたしはナイキとアディダスの両方持っています。



持ち物③汗拭きタオル

汗っかきの人は特に汗拭きタオルの準備をしましょう!

まどぅー
わたしは汗っかきです・・w

生徒がひとりも汗をかいていないのに、わたしだけ汗だくってことも多々ありますw

それはさておき、フェイスタオルより長めがいいですよ。首にも巻けるし。

持ち物④飲み物

大きなダンススタジオだったらスタジオ内に自動販売機があるところが多いですね。

でも!エコのためにも家から飲料水を持っていくことをおすすめします。

保温・保冷の両方ができるRicoRich 500MLのボトルは一押しです!

他の水筒に比べても軽めに作られているし、逆さまにしても液体がこぼれないツクリになっています。

500ml▼

750ml▼

持ち物⑤小型カメラ

わたしがダンスを習っていたころ、当時の先生たちはこう言ってくれていました。

「ビデオ撮影した方がいいよ!あとで自分でどこができていないか分かるから。」と。

最初から最後までビデオを回す必要はなく、最後の振り付け部分だけビデオ撮影していました。

一緒にレッスンを受けていた友人とあとで一緒に練習したりしましたよ〜!

先生やスタジオによっては撮影禁止の場合もあるので了解をえる必要がありますが、スマフォや小型カメラがあると便利。

ただ、子どものダンスレッスンで付き添いの親がずっと撮影している光景はよくないですね・・。他の子どもたちも集中できなくなるし、先生もプレッシャーです。

持ち物⑥カバン

練習着、シューズ、飲み物、タオルをカバンを入れるカバンは断然にリュックが楽です。

わたしが使っているのはノースフェイスのヒューズボックス(BC Fuse Box II)です。

わたしは練習着などの他にパソコンやスピーカー、ニーパッドなども入れています。

↑わたしの持ち物

↑機械類

これらをノースフェイスのヒューズボックス(BC Fuse Box II)に入れると、こんな感じです▼

↑上から見た感じ

デッドスペースがなく、物も取り出しやすく収納できるのですごく重宝しているリュックです。

ボックス型は立てて置けるのも特徴なんですよ。

詳しいレビューは別記事にまとめています!

ノースフェイスのリュックはヒューズボックスで決まり!【BC FUSE BOX レビュー】ダンサーにおすすめする6つの理由

2018.07.06

気になった方はチェックしてみてくださいね。

キッズ用はカラフルなのが豊富にあります▼

まとめ

本記事では「初めてのダンスの体験レッスンの持ち物・服装・靴は?」について書きました。

  1. 動きやすい格好(Tシャツ・ジャージ)
  2. ダンスシューズ
  3. 飲み物
  4. タオル

家にあるものを最初は持って行き、慣れてきたらデザイン・機能性の優れたものを買い揃えていくのがベストですよ〜。

以上、まどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】