【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

【ポットン落としの作り方】いつから遊べる?落とす材料は?

↑ポットン落とし
まどぅー
双子のふたりママのまどぅー(➠プロフィールはこちら)です。

ポットン落としを家で手作りしてみました。

いろんなものを穴に入れて落とすのがポットン落としです。子どものて指の運動にオススメですよー♪

 

スポンサーリンク

ポットン落としとは?

ポットン落としとは、その名の通り、ポトンと物を穴の中に落とす知育玩具です。

↑手作りポットン落とし

モンテッソーリ教育では幼児のうちから親指・人さし指・中指の3指を鍛えておくと、子どもの知能が高められると言われています。

ポットン落としねらいやメリット

知能が高められるだけでなく、他にもこんなメリットや効果があります。

  • 物をつかむ練習になる
  • 物の形状を認識できるようになる
  • 何度も繰り返すことで集中力がつく
  • 難易度アップさせれば年齢別に遊べる
まどぅー
いいことだらけ!

ポットン落としを使ってみて実際に感じた効果は?

実際にモンテッソーリの棚に手作りのポットン落としを設置してみました。

すぐに興味を示してくれました。

何度かやり方を見せることで要領も掴めました!!(遊び方は後述しています)

まどぅー
いったんハマると、集中して繰り返し遊んでくれるので、作ってよかった!

ポットン落としとはいつから遊べる?対象年齢は?

ポットン落としの対象年齢は10ヶ月ごろ〜2歳です。

急にポットン落としにハマる時がきます!!

我が子は生後9ヶ月の双子なんですが、1人はポットン落としにハマっていて、もう1人は全く興味を示しません(笑)

全く興味を示さない場合や、ただ触るだけの場合はまだ早いんだな〜という感じですね。

追記:ちょうど1歳になった頃、ふたりともポットン落としにハマりました。

ポットン落としの材料

ポットン落としの材料は家にあるものや100均一で簡単に集めることができます。

まどぅー
材料は以下の4点です。
  1. 容器になるもの
  2. 落とすもの
  3. ハサミまたはカッター
  4. テープ

①ポットン落としの容器になるもの

わたしはブルーベリーが入っていた箱をリサイクルして使いました▼

容器として使えるものは他にも色々ありますね。

  • ミルク缶
  • 牛乳パック
  • ダンボール
  • タッパー
  • ペットボトル

②ポットン落としで落とすもの

わたしは落とすものは直径4cmのボールを使いました。

落とすものの大きさは掴みやすくて大きいものを使用するといいですよ。

できるようになってから徐々に小さいものに変えていってみてください。

  • ボール
  • 型はめパズル
  • ビーズ
  • ストロー
  • カード
  • アイスの棒
  • ペットボトルの蓋
  • つまようじ
  • コイン
  • おはじき
  • 松ぼっくりや木のみ
  • 豆 など

簡単すぎても難しすぎても飽きてしまうので、子どもの発達によって材料を見極めるのが大事になってきます!

<下に続く>


ポットン落としの作り方

まどぅー
では早速、ポットン落としの作り方を紹介します。

流れは以下になります▼

  1. 箱の上部分にボール穴を開ける
  2. ボールが落ちる出口を作る
  3. 中に斜めの仕切りを入れる
  4. 完成

写真付きで説明しますね。

①箱の上部分にボール穴を開ける

ボールがちょうど入るくらいの大きさに穴を開けます。

②ボールが落ちる出口を作る

ボールが下から出てくるように出口を作ります。

③中に斜めの仕切りを入れる

箱をひっくり返して、中に斜めの仕切りを入れて固定します。

ボールが落ちた後に、スムーズに転がって出てくるように。

④完成!!

横から見るとこんな感じ▼

完成です!

↑手作りポットン落とし

他にもこんなのを作ったよ

アイスの棒とリサイクル箱でこんなポットン落としも作りました。

まどぅー
このタイプは穴が小さすぎて、我が子たちにはまだ早かった…。

自然のものでポットン落としを作ることも可能です。

「松ぼっくり」と「空洞になっていた切り株」でポットン落としを作りました。(作ったとは言わない笑)

↑松ぼっくりと空洞の切り株

月齢に合わせたり、材料を変えたりして楽しめるのがポットン落としです。

↑松ぼっくり落とし

自然なもので作ったら材料費0円ですね。

ポットン落としの遊び方

ポットン落としの遊び方は、シンプルに穴に落とすだけ。

とてもシンプルですが、子どもたちにとっては物をつかんで離すことが楽しいんです!!

ゆっくりと黙ってやり方を見せる

最初はゆっくりとやり方を見せてあげます。

大人にとっては普通のスピードで動いていても、子どもにとっては6~8倍速に感じられるといわれています。

自分が思っている以上にスローペースで、手の動きを見せてあげましょう!!

まどぅー
「大げさにゆっくり」がちょうどイイ!!

また、子どもと対面になるのではなく、同じ方向を向いて見せてあげることも大事ですね!

やり方を見せたあとに説明をする

ゆっくりと黙ってやり方を見せたあとに、簡単に説明するのがいいとされています。

言葉と動作を同時に理解するのがまだむずかしいからです。

子どもが夢中になりだしたら見守る

子どもがポットン落としに夢中になり始めたら、ついついたくさん声かけをしてしまいがち。

すると、子どもの集中力が途切れてしまうんです。

しばらく見守るのがモンテッソーリ教育です。

子ども自身の「できた!」を待つことが必要なんですね!

まどぅー
そうすることで子どもも思う存分に達成感を味わえるそう。

ポットン落としの注意点

ポットン落としの注意点は2つです。

誤飲に気をつけて

落とす材料を間違って飲み込んでしまうと危険です。

落とすもののサイズが子どもにとって適切かどうか判断しつつ、一緒に遊んであげてください!

特に月齢が低い乳幼児は口に入れたがるので。

誤飲に注意!

切り口はテープを貼るなど工夫を!!

缶やタッパーを切って使う場合は、切り口にテープを貼るなどしてケガ防止対策を行なってくださいね。

ポットン落としは通販で購入できる?

ポットン落としは通販でも購入可能です。

まどぅー
人気のポットン落としを紹介しておきますね。

アンパンマンのポットン落とし

安定の人気を誇るのがアンパンマンのポットン落としです。

遊びながら色と形を学べる型はめパズルタイプです。

木製のポットン落とし

個人的には木製のポットン落としがステキだな〜なんて思います♪

10種類のブロックを同じ形の穴に入れるパズルボックスです。

きちんと形を把握しないと入らないようになっているので、子どももあれこれ考えながら学べます。

ボールスロープ

ポットン落としが進化したようなものがあります。

ボールスロープやボールラン、ボールトラッカーと呼ばれるものですね。

落としたボールがコロコロと左右に転がっていくものです。

追視の練習にもいいとされています!!

ポットン落としまとめ

ポットン落としを購入するのもいいですが、お家にあるもので案外簡単に作れちゃうので、ぜひ作ってみてくださいね〜。

以上、まどぅー(➠プロフィールはこちら)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】