【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

手洗いで十分!ピースボートの洗濯事情とおすすめ洗濯グッズ

まどぅー
こんにちは!!ピースボート過去乗船者のまどぅー(@madocanada)です。

この記事内では、ピースボート船内での洗濯事情についてまとめてみました。

  • 船の中にランドリーサービスってあるの?
  • 3ヶ月半もの長い船旅で手洗いで乗り切れるの?

という質問にお答えします。

結論から言うと、ランドリーサービス(有料)はあるけど手洗いで十分。

詳しく説明します!!

 

スポンサーリンク

ピースボート船内の洗濯事情

ピースボートの船内で洗濯するには2通りの方法があります。

  1. 船内の有料ランドリーサービスを利用する
  2. 自分で手洗いして部屋内に干す

わたしは3ヶ月半の船旅で有料ランドリーサービスは1度も利用しませんでした。

理由は簡単。

節約のためです(笑)

少しでも節約し、その分のお金を寄港地で使いたかったんですよね。

結論的に、有料ランドリーサービスを利用しなくても乗り切れました。

部屋のメンバーも基本的に有料ランドリーサービスは利用しておらず、手洗いして部屋内に干していました。

平均的に20-30代は手洗いで済ませることが多いです。40代以上はお金に余裕があるからか、有料ランドリーサービスを利用する乗船客が多かったです。

船内で手洗いする場合に必要なもの

自分で手洗いする場合、船内に持っていくべき物は以下です。

洗剤は自分で持参する

船内に洗剤はありません。手洗いする場合は自分で持参しましょう。

部屋メンバーに配慮して、香りがきついものや化学物質が入ってるものは避けてください。

また、部屋干しするので、洗剤にはこだわった方がいいですね。

オススメの洗剤は以下です。

化学物質がなく、肌にも環境にも優しいものを選んでほしい。

粉末より液体がベスト◎

洗濯ロープ(物干しロープ)

洗濯は洗濯ロープを使って自分たちの部屋に干します。

狭い4人部屋がさらに狭くなりますが、湿度が保たれて風邪をひきにくくなります(笑)

オススメはキャンプ用の洗濯ロープ。両端にフックが付いています。

またはハンガーが引っ掛けられるタイプの洗濯ロープ。

携帯ハンガー

やはりハンガーはあると便利です。

かさばるのが嫌な人は「折り畳みの携帯ハンガー」を持って行くのがグッド◎

ロープとセットでどうぞ▼

携帯 ハンガー セット (便利な携帯ハンガー 5個, ハンガーストップロープ 1本)
REAL FIND

以上が手洗いする場合に必要な洗濯グッズです。

ここから先はあれば便利、なくてもOKなグッズを紹介します。

速乾タオル(なくてもOK)

手洗いで一番大変だと感じたのが、「脱水」です。

まどぅー
マジで大変だった。

「脱水」を自らの手で行なうにはかなり限界があります。きちんと絞ったつもりで干しても、気づけば床に水が溜まっていたり。

なので、干す前にバスタオルで巻いて余分な水分を吸収させるのが基本。

フェイスタオルとバスタオルは部屋に常備されているので、持参しなくてもオッケー。

タオルは毎日ハウスキーパーさんが取り替えてくれます。

ただ、速乾タオルは持参しておくと何かと便利でした。靴下や下着を洗った時に活躍してくれました。

寄港地のビーチや船内のプールでも活用できます。

洗面器(なくてもOK)

わたしは洗面器は持参しませんでした。かさばるし邪魔だと思ったので。

洗面台の詮を閉めて水を溜めれば洗えるし、もしくはシャワー室の床部分でも別に問題なく洗えます。

どうしても洗面器を持参したい人は、折りたためる洗面器がオススメ。

少しでも荷物をコンパクトにしたい人には一押しアイテムです。

<下に続く>


船内で自分で手洗いする方法

手洗いする場合の手順は以下です。

  1. 洗面台か洗面器に水をためる
  2. 洗剤を入れる
  3. 押し洗いや部分洗いをする
  4. すすぐ
  5. 絞る
  6. タオルに巻いて水分を吸収
まどぅー
タオルに巻いて水分を吸収させるのがポイント。

手洗いのメリット・デメリット

手洗いのメリットは以下です。

  • 節約できる
  • 少量でも洗える
  • 服が傷まない
  • 部屋の湿度が保てる

デメリットもあります。

  • 脱水が大変
  • 部屋が狭くなる
  • 手が荒れる
  • 乾くまで時間がかかる
洗濯を部屋内に干す場合、部屋メンバーでルームマニフェストを作りましょう!!

有料ランドリーサービスのメリット・デメリット

船内には有料ランドリーサービスもあります。

船室の黒いランドリーバックに洗濯物を入れて、ハウスキーパーさんに預けます。

1回で400円ほどでした。

クルーズによって700円だったりと、値段の変動あり。

有料ランドリーサービスのメリットは以下です。

  • 自分で脱水しなくていい
  • ジーンズなど分厚い衣類は有料がいい
  • 自分で手洗いするより楽
  • 部屋が洗濯物だらけにならない

また、デメリットは以下です。

  • 2~6日間くらいかかる
  • 衣類のタグに油性ペンで部屋番号を書かれる
  • 申請書を書くのがめんどくさい
  • お金がかかる
まどぅー
それぞれメリット、デメリットはありますね〜。

ピースボート洗濯事情まとめ

個人的には、

手洗いで十分に乗り切れました。

洗濯方法や船内に持っていくべき洗濯グッズも紹介したので、参考にしていただければ嬉しいです。

世界に出て日本ではできない経験をするにはピースボートは本当に最高です。

以下から資料請求すると、無料なのでぜひ♪

以上、まどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】