【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

【2022年5月】まどぅーの自由記

まどぅー
こんにちは、まどぅー(➠プロフィールはこちら)です!!

このページはブログ「旅するダンサー自由記」を運営している、まどぅーの2022年5月の日記をまとめたものです。

ブログタイトルから文字取って「まどぅーの自由記」にしました!

今まではツイッター(@madocanada)にその日のできごとや感じたこと・考えたことを呟いていたのですが、

これからはブログに好き勝手に自己満足で書いていこうと思います!!

ゆるゆると更新していくので不定期更新スタイルにしま〜す。

 

スポンサーリンク

2022年5月1日「生徒とダンス」

ピアソンカレッジの生徒と朝から踊った。

再来週にパフォーマンスをすることになったのでとても楽しみ〜〜!

生徒に混じってうちの子(2歳半)も一緒にフリーズの練習してて可愛かった。

子育てでバタバタしたり、コロナもあったり、仕事が忙しかったりで最近はピアソンの生徒たちとダンスする時間がめっきり減っていた。この感じ久しぶり〜!!と思いながら刺激的なダンス時間を過ごした。

今までカナダのいろんな高校でダンスを教えてきたけど、ピアソンでダンスを教えるのが一番好き、ということに改めて気づく。他の高校は「授業」って感じからどうしても抜けきれなかった。

ピアソンは一緒に生活しているからファミリーって感じがする。

ピアソン生徒は「まどぅーありがとう!」って何度も何度も心から言ってくれる。他の高校でこんなにありがとうって言われることってないよ。。お礼を言われたいためにみんなと踊っているわけじゃないけど、やっぱり嬉しくなる。

こちらこそ一緒に踊ってくれてありがとう。

2022年5月2日「森のシアター」

簡易的に森の中にシアターを作った。

木と木の間に、カーテンを枝で引っ掛けて作った簡単なもの。

わたしが物語を作って披露すると手をパチパチしながら笑顔で聞いてくれて楽しいひと時を過ごしている。(ちなみにお家にパペットがなく人形で代用)

続いて子どもたちもやりたいと言い、おもしろ可愛い物語を披露してくれて微笑ましかった!

2022年5月3日「マイホームの行方は」

さて4月に引き続き、マイホームの話。(4月の日記はこちらから

不動産と話し合った結果、今年2月から4月にかけて少しづつ家の価格が下がってきているそう。(それでも1億円超えの家がわんさかある)

売り出されている家が少ないため、条件に合う家を探しつつ様子を見ようということに。

2007年の不動産の流れと似ているらしく、急速に資産価格の下落が起こる可能性があると。その少しの可能性を狙っている。

2022年5月4日「イヤイヤ期がひどすぎて」

最近は双子のイヤイヤ期が凄まじく、精神的にも体力的にも疲労感でいっぱいである。

ダメなことをわかっていてわざとお水をこぼしたり。。食べたくないものを床に落としたり。。

我が家のルールに沿って、イライラしないように頑張っているけど、さすがにイラっとしてしまうことが多々あり。。

将来のために勉強したり、やりたいことも山ほどあるのだけど、子たちが寝た後は家事をして疲れて終わってしまい、今日も勉強できなかったと後悔の念に苛まれる。

夏からは保育園なのでもう少しの辛抱だ!

カレッジ内で飼ってる卵を子たちと毎日見に行っているんだけど、ついにヒヨコが産まれて感動。「卵がパカッとわれて産まれたね」と子たちも嬉しそう。産まれた時からわりとフワフワなんだね。

近所の子羊も先日産まれて、春だな〜としみじみ。どうしても慌ただしくなってしまう毎日。1日中穏やかだったらいいのにな〜と思いつつ、イヤイヤ期の中にも、自然や動物と触れ合う時間が流れることにホッとする。

2022年5月6日「自分で家を作りたい」

さて、ずっと引っ張る家探しの件について。今日はまた新たな可能性についてキムと話し合った。

安い土地を買うことができれば「自分たちで家を作れないかね?」ということ。理想としてはパーマカルチャーを筆頭によく使われているアースバック建築法のコブハウス(Cob House)と呼ばれるもので、自分たちの力で家を作りたい。

アースバック建築というのは、土台が木材ではなく、「土」を主材に、袋に入れて積み上げて作るもの。

調べてみると、どうやら私が住んでいるこのカナダの島にはコブハウスの3代目創設者が暮らしていることがわかった。なんて奇跡だ。

実は先日、この島にあるコブハウスに滞在した。

とっても可愛い。。こんな家住みたい。木ではなく土で作られているので耐久性にも優れているそう。

後ろから見ても可愛い。

作りたい。。

で、結論から言うと、安い土地が今はないから難しい。またコブハウスを自分で作るには市の許可が必要。(それが意外と難しいらしい)

後はプロにお願いせず自分たちで作るなら、とにかくたくさんの人手が必要で時間がかかる。オフグリッドならなんとかできそうな気もするけど、電気や水道やガス、お風呂やトイレの水周りを考えるとやっぱり生活面で不便な気もする。

今までの人生でオフグリッド生活をしたことがないから想像もつかない。子どもたちを抱えて本当にそんな極端な生活ができるのか、知識がないままにやってしまうのも違う気もする。

でも現に作っている人や生活している人がいるんだから、調べてどのくらいできるのか、どのくらいできないのか、始めてみないとわからないよねって話になった。

しばらく調べたりしていると、なんと、家から車で2時間ほどのところにコブハウスを建設したエコビレッジがあることがわかったので、この夏、早速滞在してみよう!ということに。

このエコビレッジに住むこともできるので、そのまま住みついてしまう、というのも面白そうである。

何がどうなるかわからないけど、引き続き安くなった土地や中古の家を探していこう。

7月15日に今の家を出なければならないので、6月ごろにはどこに行くかは決まっているはず。

2022年5月7日「車のタイヤがパンクして」

毎週土曜日は畑に野菜を取りに行く日だ。

畑まで車で15分。無事に野菜をいただき、帰ろうとしたらなんだか車が変。。降りてみてみると、見事に車のタイヤがパンクしていた。

後部座席には2歳半の子たちが公園に行きたいとグズリだしている。(お弁当持ってきてよかった)

こんな時に限って代えのタイヤがなぜかなく、車屋さんに電話しきてもらえることになったのだけど、3時間かかると言われ、考えた挙句、子たちを連れて先に歩いて家に帰ることになった。

何もないところでグズる子たちと3時間待つより、歩いて帰ったほうが早いし、お散歩がてらちょうどいいと思ったのだ。

車で15分の距離とはいえ、歩いたらどのくらいかかるんだろうと調べてみたらトレイル(散歩道)を通ると1時間で自宅に着けるらしい。

子どもたちと歩いたら1時間半くらい?と安易な気持ちで歩き出すことに。

しかし、ひたすら車で通ってきた道を引き返しているだけで、歩いても歩いてもトレイルが見つからず、さすがにこのルートでこのペースで歩くなら3、4時間はかかるなゾ・・と思い始め不安になった。

さらに子たちが道端に咲くタンポポや綿毛を見つけるたびに座り込むのだ。

ハァ〜もう自宅まで子たちと歩くのは無理かもしれない。。と思い始めたところ雨がポツポツと降り出し、ものの数分でザーザー雨に。なぜ!天気予報では晴れと言っていたのに!

そんなこんなで心がしょげながらも歩き続けていたら、(子どもたちは雨が降ろうが晴れていようが楽しそうなんだが)

野生動物の獣医さんとしてこの近くで働く友人に遭遇し、「よかったら乗っていかない?」と言っていただけ、お言葉に編めることができた!ドラマのような展開であった。

2022年5月8日「ボロボロになった肩掛けカバン」

11年前に母に買ってもらった肩掛けカバン。ボロボロだけど使い続けている。

なんかの記念日だったわけでもなく、地元のジャスコというデパートで買ってもらった、ごくごく平凡な安物のカバン。

変わらずに使い続けているのはシンプルに使いやすいから。サイズもちょうど良い。

ある人には「買い換えたら?ボロボロすぎじゃない?」と言われ、またある人には「物を大事にする人なんだね」と言われる。

18歳の時に買ったボトムスもかれこれ15年も履き続けている。(あの頃よりは体重が増えたけどゆるっとしたボトムスなので今も履けている)

素材なんだっけな?カバンはボロボロだけど、そのボトムスは洗っても全く傷まず健在。

ある人には「まだ履いてたんだ!!」とビックリ笑われ、ある人にはその物持ちに感心する。

それぞれの価値観で生きているんだなとふとした瞬間に垣間見る。

2022年5月10日「アイスと海と桜」

子たちを連れてお出かけ。近所の小さなアイスクリーム屋さんに行った。

ここのアイス屋さんは「アイスクリームクッキーサンド」専門店で春夏だけオープンしている。

冷たいアイスクリームを、サクサクのクッキーでサンドしてあるので、両方の食感と味を楽しめる欲張りスイーツである。

子たちは口の周りをべちょべちょにしながら「おいひい!おいひい!もっともっと!」と言いながら完食。2歳児のその食べっぷりを見ていた他のお客さんたちも思わず微笑んでしまうほどに!

アイスを食べ終わると、桜の花びらを見つけて嬉しそうに寝転んでいだ。

大人になると触らないもの気づかないもの、子どもは触るし気づくんだね。

それから海へ。

流木で作られたスティックハウスの中に入り、枝で砂浜にお絵描きをして、貝殻をシャベルのように使い、カモメの鳴き声に大爆笑し、岩面に付着している貝をひたすら集め眺め、流木シーソーを作ってたっぷり遊んだ。

何もしない、何も考えない時間がもっともっと必要だな。そうした空白の時間が人生を豊かにするんだろう。

<下につづく>


2022年5月11日「藍染めがしたい」

何かを創ったり表現したりするのが好きだ。

子どもの時は美術や技術の時間なんて大して好きじゃなかったのに、いつのまにか好きになっていた。

あの頃は授業の中で上手とか下手とかジャッジされたり評価をつけられたりして、知らずに自分でも「なんで下手なんだろう」と自分で自分をジャッジする癖がついて、表現することを純粋に楽しめなくなってしまったんだろうね。

今は誰からもジャッジされないで自由に描いたり作ったりできるようになって、そういう環境に身を置けるから表現が楽しいんだと思う。

最近はなぜだか「藍染めをしたいな」とふと思い始めて調べてみた。

本格的にやるんならタデ藍という植物を育てなきゃいけないようで、それがカナダにあるのか、カナダで育てていいものなのか、まだわからないのだけど、(そこも調べろという話なのだけど)

どうにもめんどくさがりな自分にはできなさそうだな、なんてすぐに諦め心を持ってしまう。

そしたらキムがいきなり本格的にやらなくても藍染めの粉がアマゾンで売ってるよ!と教えてくれた。

うん、それならできそうだ。

夏休みになったら物づくりを色々とやってみたい。誰のためでもなく、ただ自分のために。

自分の「楽しい」と思う感情を潰してしまわないように生きていきたい。

2022年5月15日「新しい家族の形ではない」

ふたりママとして子育てをしている、と言うと、「新しい家族の形だね」と言われることがある。

でも、わたしなんかよりずっと前に子育てをしている、していた同性カップルの方はたくさんいる。

だから決して、わたしたちは「新しい家族の形」ではない。異性カップルの親に比べたら確かに少ないけれど、日本にもいるし世界中にいる。

いない存在にされてきただけなんだ、と思う。
 

2022年5月16日「何か打ち込めるものがあれば非行に走らない」

「子どもたちは何か打ち込めるものがあれば非行に走らない。それがここではダンスであり、音楽なんだ」

これは、ブラジルのNGO団体「アフロヘイギ」に訪れた時に、心に深く刻まれた言葉だった。

ギャングになりたい、ドラッグの売人になりたいと言っていた子どもたちが、音楽やダンスを通して夢や目標を持ち、暴力や麻薬の負の連鎖から抜け出したのだ。

南アフリカのソウェトのNGO団体「アフリカン・ユース・アンサンブル」に訪れた時も全く同じことを聞いた。「武器ではなく音楽を」という言葉を掲げて音楽活動をしている団体であった。

踊りながら世界一周をしたあの日から、わたしはダンスの可能性を強く信じるようになった。

「何か打ち込めるものがあれば非行に走らない」というのは、学校内でも同じことが言えるだろうと思う。

わたしが住んでいるピアソンカレッジでは、残念ながら毎年、校則を破って退学になってしまう生徒が出るけれど、

打ち込めるものを見つけた生徒は絶対に非行に走らない。そして、それを見つけた生徒は、自分が何をしたらいいのか明確になっているから迷わずに突き進んでいける。

校則にはお酒を飲まないとか、タバコを吸わないとか、マリファナをしないというものがある。それらをカッコいいと錯覚する、または先生に隠れて校則を破るのが楽しいと錯覚する10代、

他人と違う考えを持ち、夢中になれるものを見つけた人は本当に本当に強いなと思う。

わたしはそれがダンスだったのだな、と思う。

2022年5月17日「海が見える場所でダンスを」

ご縁があって、とあるダンススタジオでレッスンをすることになり、ヒップホップを教えてきた。

戸建てのダンススタジオで、少しばかり古びた外観。

小さな町にあるダンススタジオだ。我が家からは車で25分かな。

バレエやコンテンポラリーがメインのスタジオだけど、階段に描かれたグラフティがいい感じであった。

さらに、窓からは海が見える贅沢なダンススタジオ!こんな場所で教えられるなんて、贅沢だ。。

受け持ったのは11〜15歳の15人クラスと、15〜18歳の6人クラス。バレエを2時間あまり踊ってヘトヘトの生徒にがっつり教えて。

自分が受け持っている生徒は6〜8歳が一番多いから、かなりエネルギーを使うのだけど、(そのぶん子どもたちからもエネルギーもらってるけど!)

ティーンを教えるのはまた新鮮だったな。

みんなを見ていると、むかしバレエをやっていた頃を思い出した。そういえば、あの頃を語ったことは一度もないな。機会があったら書いてみたい。

2022年5月18日「子どもが生まれた時に」

子どもが生まれた時に「同性同士でどうやって?笑」と言われたことがある。

知識がないことを責めるつもりは全くないけれど、「(笑)」をつける意味はあったのだろうかと今でも思う。そこに笑いは必要かな?って。

同性同士に限らず、性行為だけで子どもを授かった人ばかりではないし、子どもを授かる方法をああいう感じで聞かれるのは本当に嫌だったな。

興味本位でバカにしたように笑いながら聞かれるのがね。

性教育の絵本ではこれが一番おすすめ▼

イギリスで5〜7歳を対象に作られた性教育の絵本が日本語の翻訳され出版されたもの。

授かるまでの多様な方法が記載されていて、子どもたちにはこの絵本をもとに性教育をしようと思う。

あと言葉の選択が抜群に良い!お母さん・お父さんという表現がなく、「お腹に赤ちゃんがいる人」「あなたをお腹で育てた人」などという書き方をしているから、

どの家族の始まり方も排除しない性教育絵本だった。

この絵本のレビューも近々書きたいところ。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】