【双子妊娠ブログ】16週〜25週の様子!双子の性別がわかるのはいつ?名前はいつ考える?

まどぅー
双子のふたりママのまどぅー(@madocanada)です。

双子妊娠ブログ】16週〜25週(妊娠5〜7ヶ月)までを振り返って記録しています!

双子を妊娠している方にとって少しでも参考になれば幸いです。
 

妊娠したのはパートナーのキム。胎児ネームはみかんちゃんとりんごちゃん。
 

スポンサーリンク

双子妊娠16週

双子に安定期はない

ついに妊娠16週(5ヶ月)。一般的には安定期と呼ばれる週数に入りました。

聴覚が発達してくる時期でもあります。

しかし、双子妊娠の場合は単胎妊娠に比べて様々なリスクが高いことから「安定期はない」と言われているんですよ。

少しづつ、少しづつ、命の誕生に向けて歩んでいるところです。

周囲に妊娠報告

周囲に妊娠報告をし始めたのはこの頃です。やっぱり双子妊娠は母体にもすごく負担がかかっているんですよね。

「双子に安定期はない」と言われているけど、報告してできるだけ周りに理解してもらうことが大事だと思ったんです。

祝福されることが嬉しい

カナダでは同性婚ができるし、近所にはわたしたちと同じように「ふたりママ」がいます。LGBTとして子育て環境もバッチリ整っています。

まどぅー
異性カップルと同じように祝福してくれるのがありがたい。

最近のキムの様子

激しいツワリは相変わらずあまりないようだけど、胸焼けが頻繁になったそう。他の症状としては左手の小指と薬指が痺れるように。

手根管症候群と呼ばれ、妊娠中に起こる症状のひとつだそうです。

サポーターをすると、幾分か楽になったと言っていました。

双子妊娠17週〜19週

この頃のキムはこんな感じ。

キム
足がむくむよ〜。
まどぅー
あ!本当だ、マッサージしてあげるよ〜。

足のむくみがヒドいのと、夜が眠りづらくなってきたキムのためにこちらの着圧ソックスを購入。

マタニティピローも購入しました。かなり場所はとりますが、心地よく寝るために欠かせない。

↑マタニティピロー

双子妊娠20週 エコー写真で性別が判明

↑みかんちゃんの横顔

単胎でも多胎でも、赤ちゃんの角度によるので「この時期に性別がわかる」と断定はできないのですが、我が家は妊娠20週でふたりの性別が判明しました。

産まれるまで性別を知らなくてもいいかなとも思ったのですが、頑なに「性別を知らせないで!」と拒む理由も見つからなかったので、まぁ知っててもいいか~という気分でした。

周りからの「性別どっち?」攻撃

ですが、

周りからの「男の子?女の子?」の質問には正直、うんざりしましたね…。

なかには、第一声から性別を聞かれることもあったし。

何が嫌かって、性別によって「男の子だから」「女の子だから」と枠に当てはめたリアクションをされることです。

まどぅー
社会からつくられたジェンダーのフィルターって分厚い。

結論的に我が家はふたりの男の子を授かったのですが、こういうリアクションが本当に多かった。

  • 男の子大変そう
  • ふたりとも男の子!?賑やかになるね〜
  • わんぱくだろうね など

いただきものにケチつけるという訳ではないんですが、青や緑色のものが多く、「あぁ、こうして男の子はこうあるべきって押し付けられていくんだ」と思いましたね。

なんのために性別って聞かれるんでしょう。

その辺については別記事に書きました▼

妊娠中に赤ちゃんの性別を聞かれるのが嫌。「性別わかった?」攻撃がうるさい時の対象法

2019年7月9日

<下に続く>



双子妊娠21週〜23週 名前を考え始める

妊娠21週ごろには名前を考え始めました。

わたしたちのなかで名前に関する条件が多く、決めるまでに時間かかりました。

いくつか候補を挙げて、最終的には「産まれて顔を見てから決めよっか」ってなりましたね。

名前を考えている時間、ものすごく楽しくて幸せでしたよ〜。

まどぅー
またあの時間に戻りたい(笑)

ちなみにわたしたちが出した名前の条件が以下。

  • 日本語でも英語でも発音しやすい
  • 漢字でも書ける&画数がいい
  • 意味・由来がある
  • 双子の共通点がある
  • 双子の名前の響きが似ていない
  • ありきたりじゃない
  • なるべく中性的な名前
まどぅー
条件ありすぎ(笑)

双子の名付けに関することは別記事にも書きます▼
→執筆中

双子妊娠24週〜25週 エコー写真

この時期のエコー写真▼

↑りんごちゃんの様子

↑みかんちゃんのしっかりした腕

順調に成長しているおかげで、双子でエコー写真に映るのが難しくなってきたところ。

突如訪れたマタニティブルー

この時期、突如としてマタニティブルーが訪れました。

キムではなく、妊娠していないわたしがマタニティブルーになったんです(笑)

まどぅー
今だから笑えるんですが。

調べてみると、男性のマタニティブルー、パートナーのマタニティブルーが急増中らしいです。

双子妊娠はリスクが高いということを知ってから、わたし自身、キムを支えるためにずっと突っ走ってきました。

葉酸多めの食事メニューを毎日考えて、どんなに疲れてても掃除や洗濯を怠らず、仕事帰りに買い物に行って、朝晩は犬の散歩に行って‥

自分も親になるんだ!と完璧主義をめざしてしまったんでしょうね。

ちなみにこの時期に書いたブログがこれ▼

心許せる友達がいない悩み。内向型の人間が海外で友達を作る5つの方法を考えてみた。

吐き出す友人も周りにいなくて、悲しくて書いた記事ですね。かなりバズった記事でもある(笑)

今振り返ってもこの時期はすごくツラかったわ。ある程度、手抜きをして自分を許すことも学びました。

双子妊娠16週〜25週の様子まとめ

この記事は16週〜25週までの双子妊娠ブログでした。

次回の記事「双子妊娠26週〜35週」はこちらから▼
 

【双子妊娠ブログ】26週〜35週の様子!双子は自然分娩できる?帝王切開?

2019年7月31日
 
良ければお付き合いください。
 
以上、双子のふたりママのまどぅー(@madocanada)でした。
 
妊婦にオススメの葉酸サプリはこちらから
→→ALOBABY(アロベビー)の公式サイトで葉酸サプリをみる
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】