村の子どもたちの晴れ舞台!ダンスを通して彼らの可能性は広がると確信した日

まどぅー
カナダでダンススタジオを運営している、まどぅー(@madocanada)です。

先日、子どもたちの学校でタレントショーが行われました。

去年も私のダンススタジオの生徒が出演したのですが、今年も出演したんですよ!

ダンスを通して子どもの可能性はもっと広がると確信したお話です。

 

スポンサーリンク

学校でタレントショーが行われることに

わたしはカナダのビクトリア、マチョーズン村という場所でダンススタジオを経営しています。
 
オープンして1年半が経ち、最初は10人ほどの生徒だったけど、今では30人に増えました。

まどぅー
嬉しいことに!!

1年に1回、子どもたちの小学校でタレントショーが行われるんです。(毎年5月)

この時期になると、気づけばタレントショーの振り付けを依頼されるようになっていました。

今回の参加者は9人。同じ小学校に通う子どもたちが出演することになりました!

↑タレントショーでの一枚

迎えたタレントショー当日

会場は学校の近くの教会で行われました。
 

↑小さなステージ

まどぅー
客席は子どもたちの友達や家族、先生たちの熱気で溢れていましたよー!

↑賑わう客席

まどぅー
最年少(4歳)のノア君が登場した時には、客席がざわつきましたねw(いい意味で)

実はわたしのレッスンは6歳からしか受け付けていないのですが、

ノア君は、2歳上のお兄ちゃんと練習して急遽ステージに出ることになったんですよ!

彼が練習できたのはたったの2回だけだったので心配もありつつ、みんなで最年少のノア君を見守りました。

↑一番右が最年少のノア君

年齢や経験こそバラバラだけど、ダンスが好きで私のもとに集まってくれたメンバーです。

まどぅー
みんなが踊っている姿を見て、本当にダンススタジオを開いてよかったなって思った。

この経験をきっかけに「ダンサーになりたいって子が現れるかも!」と思うとちょっぴりワクワクします。

いや別に将来はダンサーにならなくても、「子どもの時に習っていたダンス楽しかったな」って思い出になってくれるだけでも嬉しい。

踊ること・表現することの楽しさ、奥深さ、ダンスを通して人と出会えること。

子どもたちには自分が経験してきたことを伝えたい。そして自分ができなかったことに挑戦してほしいなぁって思っています。

まどぅー
なんて偉そうなこと言っても、子どもたちから学ぶことの方が圧倒的に多いんですけどね。

むしろ、こんな感動的な日をわたしの人生に作ってくれてありがとう!!

感謝しかないです。

当日の映像はこちらから↓

わたしが子どもたちに全力を注ぐ2つの理由

わたしが「ダンスを通して子どもたちに何かしたい!」って思うようになったキッカケは2つあります。
 
1つめは学校教育に恵まれなかったことが影響しています。みんなと同じでなければいけない教育にとても窮屈を感じていました。

まどぅー
人権を無視した学校教育は自分には合わなかった。

教師から生徒への威嚇や無視、体罰性差別…。

今思い出してもゾッとする教育を受けてしまったなと思っています。

だからこそ、子どもをとことん信じること、理解してあげることが必要だと思っているんです。

あのとき出会っていたかった大人になるために。

↑ある日のレッスンにて

2つめはブラジルの音楽団体アフロヘイギに訪れた時に、リーダーから聞いた言葉が印象に残っているんです。

子どもたちは、何か打ち込めることがあれば絶対に非行に走らない。

この言葉を聞いた瞬間に、「自分のダンスを今後どうやって使っていくのか」というのが明確化されたんですよ。

訪れた南アフリカやブラジルではまだまだ経済格差があり、貧困からドラッグに手を出してしまう子どもたちが多くいました。

まどぅー
でも、ダンスや音楽に打ち込んだおかげで、非行に走る子どもが格段に減ったそう。

だから、「ダンスを学ぶ環境」をこの村に作ることで、子どもに無限の可能性が広がると確信していました。

↑タレントショーでの一枚




子どもたちの成長を感じた

事実、子どもたちはこの1年間で驚くべき成長を見せてくれたんですよ!

お母さんが側で見学していないと踊れなかった子どもは、今では一人で踊れるようになったり、

超がつくほどの人見知りで全く喋れなかった子どもは、声を発するようになったり、

レッスン中に全く笑ってなくて心配だった子どもは、よく笑うようになったり。

まどぅー
逆に今はレッスン中が賑やかすぎる時もあるけどw

↑超人見知りだった子ども(Photo by Tanabe+Photography

そして堂々とタレントショーで踊りきったのです( ´∀`)

この村では、東京みたいにダンサーたちを常に間近で見ることができる環境なんて皆無。

ダンサーはYouTube上での存在でしかないんです。

でもチャンスが少ないからって、子どもの可能性を埋もれさせたくはない。

↑タレントショー後に子どもから貰った手紙

好きなことをもっと好きになってもらいたい

今の時代、「良い学校に入れば幸せ」なんてことはなく、好きなことを仕事にしたいという傾向にシフトしていっていますよね。
 
「好きだ」と思えることをもっと好きになってもらうことで、ひらける未来がある。
 
ダンスは誰かを勇気付けたり感動させたり、自分のうちなる想いを訴えたりすることもできます。
 
言葉が必要ないから、世界中に友達ができるキッカケにもなる。
 
この中からダンスを通して世界に羽ばたく子どもが出てくるかもしれない、なんて思った日。

まどぅー
みんな、今日という日をありがとう!

↑出演してくれた子どもたち

以上、まどぅー(@madocanada)でした。

前回のタレントショーの記事はこちらから↓

夢を叶えるなら今しかない。あのとき夢を諦めていたら出会うことはなかった兄弟ダンサーの話

2017年11月23日
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】