【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

【DIY】おままごとキッチンの作り方 | 超初心者がカンタンに作りました。

まどぅー
双子のふたりママのまどぅー(➠プロフィールはこちら)です。

DIY超初心者のわたしが、子どもたちのために「おままごとキッチン」作りました。

ものづくり初心者でもとりあえず土台さえあれば、それなりに作れることが判明しました。

この記事では蛇口・コンロ・シンク付きの「おままごとキッチンの作り方」を紹介します!!

 

スポンサーリンク

おままごとキッチンの作り方

最終的に完成した「おままごとキッチン」はこちらです▼

晴れている日は外のデッキに置いています。

左: おままごとキッチン 右: 棚

松ぼっくりを混ぜたり、お鍋にどんぐりを入れたりして、本当に楽しそうです。

ここで遊ぶときは、せわしなく動いていますね。

まどぅー
作ってよかった〜!

おもちゃメーカーが発売している既製品もありますが、とにかく安く仕上げたかったので手作りしました。

田舎に住んでいるので、廃材がそこらじゅうにあり、実質ゼロ円だったんです。

とりあえず土台さえあれば、それなりに作れます!

まどぅー
では早速、おままごとキッチンの作り方を紹介しますね。

<下に続く>


おままごとキッチンの土台

おままごとキッチンの土台として使ったのは、棚として使われていた廃材です。

ラッキーなことに、すでに組み立てられていたんですよ!(田舎ってなんでもある)

まどぅー
棚をひっくり返すと、高さもちょうどいい感じでした。

アルコールを使って拭き掃除をし、カビを除去して乾燥させました。

2段カラーボックスや小さな棚でも代用可能ですね。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

おままごとキッチンのコンロ

コンロは黒いリサイクル容器を使いました。

丸く切り取って、グルーガンで接着しました。

↑上から見ると、こんな感じ

クギを使わないですむので、接着にはグルーガンがあるとなにかと便利です。

おままごとキッチンのコンロのつまみ

コンロのつまみは、木のコースターと拾ってきた枝を使いました。

枝をのこぎりで切って、コースター部分に接着すると、コンロのつまみっぽくなりました。

つまみをコンロ下にくっつけました。

前から見ると、こんな感じの仕上がりに▼

グルーガンで接着してしまったので、残念ながら回すことはできませんが、見た目は一応それっぽくなりました。

↑回せないけど、見た目はそれっぽい

市販のものだと、パーツ部分だけの販売もあるようですね▼

おままごとキッチンのシンク

追加でシンクも作ってみました。

まどぅー
DIY初心者、がんばりました。

まずは、シンクをはめるボウル裏返しにしてなぞります。

ドリルで穴を開けて、ジグソーで切り抜きます。

まどぅー
我が家にはドリルしかなかったので、やっとの思いで切り抜きました。

やはりジグソーは必須だと痛感しましたよ。

すこし歪んでしまっても、ボウルをはめ込むと意外と大丈夫でした。

初心者ならあまり気にしなくても大丈夫です。

ただ、若干小さめにカットしないと、ボウルが抜け落ちてしまうので注意が必要!

まどぅー
気になる部分にはあとでヤスリをかけるといいですね。

↑やった、入った!

おままごとキッチンの蛇口

蛇口も作りました。

廃材を下記写真のような形にカットして、

グルーガンで接着しただけです。

完全にフェイクの蛇口なので、ただの飾りになってしまっています。実際にお水は出ません。

お水はカップから注いで使ってもらうことにしました(笑)

ゆくゆくはウォーターディスペンサーを取り付けて、実際に水が出るようになったらいいなと考えています。

【DIY】おままごとキッチンの作り方まとめ

わたしが参考にしたのはインスタグラムの@amontessorigardenさんです。

またインスタのハッシュタグで「#mudkitchen」と検索するとDIYで作ったキッチンがたくさん出てくるので参考になりますよ〜。

田舎に住んでいるので、木材が手に入りやすく、安価に作ることができました。

なにより、子どもたちが楽しんでいます。

ホームセンターの廃材コーナーに無料で木材が置いてある場合もあるのでチェックしてみてもいいですね。

まどぅー
参考になれば嬉しいです。

余談

おままごとキッチンを調べていく中で、以下のような表現を使ったブログ記事や既製品の説明書きがありました。

  • おままごとは女の子の夢
  • お母さんの真似ができる
  • 女の子だったら絶対ほしい

だいぶ社会が変わってきたとはいえ、無意識のジェンダーバイアスの刷り込みは多いと感じました。

こちらの記事も合わせてどうぞ▼

「女らしく・男らしく」じゃなく、性別にとらわれない子育て(ジェンダーニュートラル)がしたい。

なぜ女の子はピンク・男の子はブルー?色やおもちゃを性別で分けるのやめて。

以上、まどぅー(➠プロフィールはこちら)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】