90年代ヒップホップ・90’s HIPHOP|懐かしの名曲はこれだ!

こんにちは、ヒップホップ好きのダンサーのまどぅー(@madocanada)です!先日、カナダビクトリアで行われた「90s Hip Hop Party」に行ってきました。

「90s Hip Hop Party」とは、1990年代に世に輩出されたヒップホップ音楽をDJが爆音で流すクラブイベントです。

まどぅー
踊るスペースを確保するのも大変なくらい会場は満員!

90年代ヒップホップを聴いて育った世代で埋め尽くされていました!

今回は実際にカナダのクラブで流された90年代ヒップホップ音楽を紹介します。

  • 思いっきりベタな曲
  • スラングがえげつない曲
  • 懐かしすぎて胸が熱くなる曲

 

スポンサーリンク

Mo Money Mo Problems by The Notorious B.I.G

 

ノートリアス(愛称ビギー)は90年代にラッパーとして出てきて、ヒップホップコミュニティで絶大な人気を誇っていました。

軽やかなメロディーにダークなラップが相性抜群なんですよ。この曲がかかると、リズムにのりたくなる!

まどぅー
未だに色褪せない音楽です!

Party Up by DMX

 

聴いていた当時は歌詞の意味とか特に考えてなかったですね。

子どものヒップホップダンスレッスンで使うときなどは気をつけてください。

クラブ内ではサビの「Up in here」はめっちゃ盛り上がっていました!内なるものが滲み出ている深い声が魅力的です。

Rosa Parks by Outcast

 
実在した女性の人種差別がテーマになっていて、社会現象まで引き起こされました。

特に2分47秒からのPVのダンスもカッコいいです。

ユニークさを魅せつつ、心の中に馴染んでくるリズムを持ち合わせています。最後までさらっと聞き流せるのもいいですね。

Roller Skating Jam Named Saturdays by De La Soul

スクラッチのリズムがめちゃくちゃカッコいい音楽です。重いヒップホップが主流だった頃に、ポップでコミカルな音楽をサンプリングしたので新たな注目を浴びました。

ヒップホップ界でも独創的だと一目置かれる存在に。

Scenario by A Tribe Called Quest


 
一度聴いたら頭から離れられないキャッチーな音楽です。巧妙なラップに作り込まれたPVが見どころですね。
 
90年代に活躍し伝説のグループとなりましたが、未だに絶大な人気を誇っています。
 

ア・トライブ・コールド・クエストは1998年に解散していますが、2008年の再結成ツアーに密着したドキュメンタリー映画『ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅』が公開された時は盛り上がりました。

ヒップホップ好きには見ておいてほしい映画です。

Still D.R.E. by Dr. Dre-ft. Snoop Dogg


 
イベントの中盤あたりでお酒も入ったところで少し落ち着いたヒップホップに変わってきました。
 
Dr. DreやSnoop Doggはギャングやドラッグの歌詞が大半なので、「悪そうな奴は大体友だち」という匂いが漂いますw

 

Doo-Wop That Thing by Lauryn Hill


 
ローリン・ヒルは99年のグラミー賞で女性アーティスト史上最多の5部門を受賞しました。彼女の歌には、有色人種として、また女性としてのメッセージが込められいるものが多いですね。
 
女性ヒップホップアーティストとしての魂が声に宿っています。

The Light by Common


 
COMMONの究極のラブソング。メッセージ性あふれるヒップホップとして高評価なんです。
 
ヒップホップというアンダーグラウンドでありながら、ここまで純粋な歌を作り上げたことは話題になりました。
まどぅー
声も素敵です!

Oh My God by A Tribe Called Quest


 
トライブ好きな人は大体知っているこの曲。
 
PVで見るとわかるんですが、ゆったりしたビートにバスタライムズの高いテンションが面白い。
 
このゆるいリズム感こそが90年代ですね。

Work It by Missy Eliott


 
ミッシー・エリオットは数々のヒットソングを生み出していますが、この曲は全米シングルチャートで10週連続2位という大ヒットを記録した曲です。
 
今でもなお沢山のヒップホップダンサーたちにこの音楽は使われ続けているんですよ!PVも有名なダンサーが出演しています。最後の終わり方も超クールにまとめられている曲ですね。
 
んー最高!

Jump Around by House Of Pain

これはベタだけど今でもたくさんの人に愛されている曲。イントロが流れた瞬間に会場が一気に盛り上がりました!
 
イントロだけでこんなに盛り上がる曲って他にあるのでしょうか!?ってくらい人気ですね。
 
とてもキャッチーでノリノリになれる。休む暇なく最後まで突っ走るので息切れはしますがw
 
子どもから大人まで幅広い年代にも愛されている曲です。

Jump by Kriss Kross


 
これを聴いたら世界中の人がジャンプしはじめますw
 
まだアドけない二人のラップは世界中を虜にしましたね。
 
今のヒップホップはスキニーパンツに大きめTシャツと変わってきましたが、この頃に流行っていたのは「大きめTシャツに大きめパンツ」ですよね。クリスクロスのシャツの着こなしも流行りました。
 
音楽のみならず、90年代のヒップホップファッションにも大きく影響しています。

「90年代ヒップホップ」まとめ

今回はカナダで行われた「90s Hip Hop Party」で実際に流された音楽の紹介でした。
 
Amazon Music Unlimitedでは、気になる楽曲をすぐにダウンロードして聴くことができます。
 
便利な世の中ですよねー。(通常:月額980円、プライム会員:月額780円)
 
30日間の無料期間を是非ともお試しくださいね。
まどぅー
ということで、90年代ヒップホップパーティーで実際に流された音楽をまどぅー(@madocanada)よりお届けしました。

90年代ヒップホップイベント「Back to the 90s」に行ってきた!一世風靡した4人のアーティストの音楽が最高すぎた話。

2018.08.30

ヒップホップ界初の同性愛をテーマにした音楽「SAME LOVE」を知っていますか?

2018.01.03
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】