【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

【赤ちゃんの3D/4Dエコー写真】実際の顔と比較してみたら似てた!!

↑実際の顔写真と3Dを比較
まどぅー
双子のふたりママのまどぅー(@madocanada)です。

妊娠30週で双子の3D/4Dエコー写真を撮影してもらいました。

率直に感想を言うと、技術の進歩を感じました!!

こんなにハッキリ顔立ちがわかるんだーと感動。産まれた後の顔とも比較してみたので、写真付きで公開します。

 

スポンサーリンク

3Dエコー写真とは?

エコー写真とは、妊婦の超音波検査を通して映される赤ちゃんの写真のことです。

エコーの種類は以下です。

  • 2Dエコー(平面)
  • 3Dエコー(立体)
  • 4Dエコー(動画)

3Dエコーは2Dエコーと比べて、赤ちゃんの顔立ちがはっきりと分かるのが特徴です。

そのため、お腹の中にいる赤ちゃんの様子を3Dエコー写真で撮影して記念に残す人が増えてきています。

さらに4Dエコー写真は映像として映し出されるので、お腹の中であくびをしている様子など捉えることが可能なんです。

まどぅー
実際に撮影してみたけど、技術の進歩を感じた!

3Dエコー写真はいつからいつまで?

3Dエコー写真のおすすめ時期は妊娠15~32週ごろと言われています。

赤ちゃんの成長によって見え方が変わってきます。

全身を見たいか、顔の表情だけで十分なのか、病院と相談しつつ時期を決めるのがいいですね。

うちは双子で妊娠30週で撮影にのぞみましたが、かなりギリギリの週数でした。

妊娠30週にもなると、双子が同じ画面にうつることは難しかったんですよ。

身体全体の撮影は無理でしたが、顔の表情はきちんとおさめることができました。

↑3Dエコー写真
まどぅー
なので、満足!!

赤ちゃん3Dエコー写真の料金は?

3D/4Dエコー写真を撮影してもらう場合、大抵は別料金になっています。

3D/4Dエコー写真の相場は5,000~10,000円です。

我が家は双子の撮影、自宅訪問をお願いし、料金は130ドル(カナダ)でしたね。日本円にして1万300円ほど。

3Dエコー写真のメリットは?

3Dエコー写真のメリットはなんといっても、顔の表情や仕草が立体的にわかること!!

平面の2Dエコー写真って分かりにくいし、産まれるまで待ちきれない!って人には3Dエコー写真をオススメしたいですね。

出産前から想像して楽しめるので、辛いマタニティ生活を乗り切れます。

<下に続く>


3Dエコー写真のデメリットは?

撮影していてなかなか難しいなと感じたのは、赤ちゃんが反対側を向いていて角度的に撮影が困難だったり、手で顔を隠していたりすることがあるんですよ。

角度や赤ちゃんの仕草によって思うような写真が撮れなくても、料金は支払わなきゃいけません。

うちはラッキーなことに、時間をオーバーしても撮影してくれたんですが。

病院によっては複数回の撮影、セット料金として設定している場合もあります。

赤ちゃん3Dエコー写真

実際に撮影してもらった3Dエコー写真を公開しますね。

鼻の形もハッキリ映し出されていました。

↑3Dエコー

あくびをしている瞬間も捉えることができましたよ。

↑3Dエコー

たまに手で顔を隠す仕草も愛らしい!

↑3Dエコー

顔がぐちゃぐちゃに映し出されることもありますが、これは羊水の影響なので心配不要。

赤ちゃん3Dエコー写真と実際の顔を比較!

実際に生まれてきた双子の赤ちゃんの写真と、エコー写真を比較してみました。

まず一人め▼

↑実際の顔写真と3Dを比較

そして二人め▼

↑実際の顔写真と3Dを比較

エコー写真すごい。

双子ふたりともエコー写真のまんま出てきました(笑)

特に鼻が(笑)

口は表情によって変わってしまいましたが、比較的に口も写真と同じでした。ふたりの名前はこの写真を見ながら考えることができました。

3Dエコーは実際の顔立ちと似ていると感じる人が多いようですね。

妊娠30週だったこともあり、顔立ちがほとんど完成していたから、そのまんま出てきたんだろうなと。

とはいえ、赤ちゃんの顔つきはどんどん変わるので、参考までに。

赤ちゃんの4Dエコー公開

4Dエコーもセットで撮影してもらいました。

それがこちらです▼


 
3Dエコーは立体的に、4Dエコーはさらに映像として映し出されるんですね。
 
お腹の中にいる赤ちゃんがあくびをしたり、手で顔を隠したり、目を開けたりする様子が鮮明に分かります。
 
「わーあくびした!」「あ、手が可愛い!」なんてふたりでキャッキャ言いながら、超楽しめました。
 
「本当に赤ちゃんが生きているんだなー」と感慨深かったです。映像を見たことでより一層イメージが湧き、暖かい気持ちにもなれたし。
 
わたしたち親にとって思い出になったのはもちろん、子どもたちが大きくなったら見せてあげられるのも楽しみです。
 
その時にしか残せない写真や映像でもあるので、3D/4Dエコーをやってよかったです!!
 
最終的にはビスタプリントでフォトブックを作成しました〜。
 
以上、双子のふたりママのまどぅー(@madocanada)でした。
 
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】