【双子出産】管理入院〜出産入院の持ち物まとめ | いつまでに準備すべき?

まどぅー
双子のふたりママのまどぅー(@madocanada)です。

双子の妊娠がわかったとき、驚きと喜びでいっぱいでした。

同時に双子妊娠について調べると、単胎妊娠よりもリスクが高いことを知って不安になったんですよね。

管理入院が必須とか、切迫早産の可能性が高いとか、様々な心配事が尽きませんでした。

「双子に安定期はない」と聞きますが、うちは管理入院なしで無事に産まれてきてくれました。

ただし、いつ入院するかわからないので、単胎妊娠よりも早めに入院準備をしておく必要があります。

出産入院の持ち物」をまとめたので参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

入院必需品

まどぅー
必需品ですね!

電子機器

  • パソコン
  • スマホ
  • カメラ
  • スマホのネックストラップ
  • カメラのネックストラップ
  • 各種充電器
  • イヤフォン
  • 音楽

パソコン

病院はWi-Fi完備で自由に使えました。映画や音楽を事前に大量ダウンロードしておいて良かったです。

管理入院することになった場合、数週間から1ヶ月は病院に滞在の可能性もあります。

音楽・動画をダウンロードしておく

音楽はAmazon Music Unlimitedで大量にダウンロード。

動画はAmazon Prime Videoに登録。

カメラ

産まれてから撮影できるようにカメラは必須ですね。スマホのカメラでも画質がよければ十分です。

うちはスマホとGo Proを使いました。

Go Proは広角レンズが搭載されているし、画質もいいのでおすすめ。コンパクトで軽いので邪魔にならないし。

カメラのネックストラップ

Go Prpは首から下げられるようにネックストラップを事前に購入しました。

スマホのネックストラップ

スマホも同様にネックストラップを装着しておきました。

↑スマホのネックストラップ

両手が空いていると、便利ですよ。

生活用品

  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • メイク用品、メイク落とし
  • ヘアブラシ
  • リップクリーム・マスク
  • シャンプー、トリートメント、洗顔
  • ランドリーネット
  • 爪切り
  • 汗拭きタオル、バスタオル
  • 延長コード
  • ハサミ
  • ゴミ袋
  • ヘアドライヤー(病院になかった)

リップクリーム・マスク

病院内が乾燥していたので、持っていて正解でした。

マスクは病院内にある場合が多いですね。寝るときにマスクがあると保湿されてすぐに寝れました。

ランドリーネット

洗濯物はランドリーネットにどんどん入れました。帰宅してからそのまま洗濯機へ。

バスタオル

自分のシャワー用のバスタオルです。病院で貸し出している場合もあります。

爪切り

自分の爪が長いと赤ちゃんを傷つけてしまうので、こまめに切っていました。

<下に続く>



飲みもの・食べもの

ストロー付きタンブラー

飲みものはストロー付きのタンブラーを持参すると、飲みやすいです。環境のためにもマイストローを持参しましょう。

軽食

食事制限がない場合、自分の好きな軽食や食べやすいものがあるといいです。

  • ゼリー
  • カロリーメイト
  • チョコレート など
病院には冷蔵庫、冷凍庫、電子レンジがありました。事前に使用可能か確認しておくといいですね。

マタニティ用品

管理入院の場合はまだ必要でないものもありますが、どっちにしろ出産入院で必要になるので準備しておくといいですよ。

  • 陣痛を和らげるグッズ
  • うちわ
  • 骨盤ベルト
  • 母乳パッド
  • 乳首ケアクリーム
  • 授乳用ブラジャー(2〜3枚)
  • 産褥ショーツ(2〜3枚)
  • 産用ナプキン、生理ナプキン
  • 圧縮靴下(むくみ防止)

陣痛を和らげるグッズ

陣痛を和らげるために以下のものがあると便利。

  • テニスボール
  • ヒートパット
  • 使い捨てカイロ
  • 冷えピタ など

骨盤ベルト

産前から産後まで使える骨盤ベルトがおすすめ。

双子妊娠のお腹のサイズでも使えます▼

母乳パット

とりあえずは2セットほどで十分。

乳首ケアクリーム

乳首ケアクリームは必需品です。毎日使います。

産褥さんじょくショーツ

2〜3枚準備しておくといいですね。

ベビー用品

出産後に病院で必要なベビー用品です。

  • 赤ちゃん用の爪切り・ミトン
  • ガーゼ
  • 赤ちゃんの肌着(短肌着、長肌着など1人6枚)
  • おくるみ(1人6枚)
  • おむつ(1人1日6〜10枚)
  • おしりふき
  • 抱っこ紐
  • トッポンチーノ
  • 双子用の授乳クッション
  • チャイルドカーシート

赤ちゃん用の爪切り

持っていくのを忘れて、義両親に後から持って来てもらいました。赤ちゃんは爪が伸びるのが早いです。うちの子たちは生まれた時からわりと爪が長かったです。

顔を引っ掻いて傷になってしまうので、必須でした。

ミトンも使いましたが、大きすぎてすぐ取れちゃったので意味なかったです。

ガーゼ

赤ちゃんの口を拭いたり、沐浴で使用したり、とにかくたくさん使います。

単胎の場合は5〜10枚ほど、双子の場合は10〜20枚はあるといいですね。

病院ではタオルを支給されましたが、ちょっとごわごわしていました(笑)

赤ちゃんの肌着

短肌着、長肌着など合わせて1人6枚準備しました。

まどぅー
双子なので倍の12枚。

病院から家に帰宅する時にもこの肌着で帰宅。

おくるみ

肌着以外では、病院に常備されている白いおくるみを使用していました。

こんな風にサナギみたいに巻いて使います▼

↑おくるみで巻く

おくるみの方が赤ちゃんの体が固定されるのでミルクをあげやすいし、抱っこもしやすいです。巻かれていると安心するのか、ぐっすり寝てくれますよ。

おむつ

おむつは病院に準備してありました。うちは入院期間中は何枚でも使用可能でしたが、数枚のみ準備されている場合もあるので、持っていくことが基本。

1人1日6〜10枚ほど使います。

入院中は使い捨てのオムツ、帰宅してから環境と赤ちゃんの肌のために、布おむつに切り替えました。

洗うのが大変と言われていますが、布おむつサービスを使っています。

双子用の授乳クッション

授乳クッションは病院の枕で代用も可能です。

ただ、双子用の授乳クッションはないので持って行きました。

ダブル授乳を考えている人は必須アイテム。

洋服

  • 前開きのパジャマ
  • パーカーかカーディガン
  • 退院時の洋服

前開きのパジャマ

パジャマは楽なのであれば、なんでもいいですが、マタニティパジャマが好まれます。

肌触りが良く、スナップボタンになっていて楽なので。

色はグレーや紺の方が普段着にも見えるのでおすすめです。

スーツケース、カバン

単胎妊娠だけでも大変ですが、双子だとちょっとだけ荷物が増えますね。

まどぅー
これでもだいぶ荷物を減らした方なのですが。

荷物が多いと大変ではありますが、快適に過ごせますよ。

すぐに使わないものは車の中に置きっ放しにしたり、家族が来てくれる人は後から持って来てもらってもいいかも。

冒頭でも述べましたが、うちは管理入院なしだったのでカバンは分けませんでした。大きいスーツケースに入れて病院に持ち運びましたよ(笑)

が、カバンは2〜3つに分けておくと後で使いやすいです。

  • 管理入院で必要なもの
  • 陣痛時に必要なもの
  • 出産後に必要なもの

必要ないもの

なるべく荷物減らしたい方は病院で事前に聞いておきましょう。

バスタオルは貸し出し可能なのか、オムツは何枚病院から支給されるのかなど。

いつまでに出産の入院準備すべき?

双子妊娠の場合、いつ管理入院するかわからないので入院準備は早めに揃えておいた方がいいです。

うちはのんびりしすぎて、前駆陣痛が始まって慌てて準備しました…。

早い人だと26〜28週から管理入院する人も。

管理入院せずに乗り切った双子ママもたくさんいますが、どっちにしろ入院準備は必要。

できれば24週(7ヶ月)あたりには準備を済ませておいた方がいいです。

まとめ

この記事では「【双子出産】管理入院〜出産入院の持ち物まとめ|いつまでに準備すべき?」について書きました。

入院準備は少しづつして、無理しないようにしてくださいね。

うちは妊娠から出産後まで計9日間入院しました。その間に義両親に洗濯を持って帰ってもらったり、足りないもの持って来てもらいました。

参考になれば嬉しいです。

以上、双子のふたりママのまどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】