マイストローの持参を始めました!おすすめのマイストローと衛生面について。

まどぅー
こんにちは、まどぅー(@madocanada)です。

ついにマイストローの持参を始めました!

この記事ではおすすめのマイストローを紹介しています。

 

スポンサーリンク

マイストローの持参を始めた

わたしが住んでいるカナダのビクトリアは環境保護に対する意識がめちゃくちゃ高いんですよ!!

タンブラーやエコバックを持ち歩くのは当たり前です。

エコバックの持参を忘れた日には、恥ずかしくてスーパーに買い物へ行くのを躊躇するほどです。

タンブラーやエコバックだけでなく、マイストローを持参する人も増えてきました。

日本でもプラスチック製ストローを廃止して、紙ストローを普及させる動きが広がっていますよね。

そんなわけで!

わたしも遂にマイストローを購入しました。

購入したマイストローはこちらです▼

↑マイストロー

ステンレス鋼で作られているので錆びる心配がありません。味も変わることなくスムーズに安全に飲めます。

まどぅー
繰り返し使えるのでエコですね!

専用の洗浄用ブラシが付いているので、中もきちんと洗うことができます。

↑専用ブラシで中を洗える




亀の鼻に突き刺さったストロー

マイストローが広まるきっかけになったのは、亀の鼻にストローが突き刺さってしまった映像なんです。

下記の映像ですが、かなり痛々しいので閲覧注意です。


 
プラスチックは自然に分解されることはありません。特にストローは軽く小さいので、きちんとリサイクルされにくいんです。
 
道路などにポイ捨てされたものは雨や風で遠くまで流されて、最終的に海へと流れ着きます。
 
そして魚がマイクロプラスチックを食べてしまうという問題に発展しています。
 
しかも、そういう魚をわたしたちは微量ながらも食べているんですよね。

おすすめのマイストローは?

なので是非、マイストローを持参することをオススメします!

持ち歩き可能なストローには以下の種類があります。

  • 金属製ストロー(ステンレス・チタン)
  • シリコン製ストロー
  • 紙製ストロー

さらに折りたたみできるストローや最初から曲がっているストローもあります。

①klean kanteen(クリーンカンティーン)

クリーンカンティーン(Klean Kanteen) はステンレスとシリコンからできています。

まどぅー
なんといっても、飲み口がシリコンになっているので飲みやすい!

シリコン部分は取り外せるので洗うときも便利です。

②YBWM ステンレスストロー

YBWM ステンレスストローは名前の通りステンレス製のストローです。

先端が円滑になっているので口が切れることもないですよ!

ステンレス製なので、冷たいものはひんやりと飲むことができます。

わたしが持っているのはこのステンレスのタイプです。

③Forin 折りたたみ式ストロー

Forin 折りたたみ式ストローは冷たい飲み物と温かい飲み物の両方に使えます。

ブラシ付きだし、食器洗い機にも対応しています。小さくなるので持ち運びに最適ですね。

熱い飲み物を飲むときは火傷に注意!

④紙製のストロー

ステンレス製は繰り返し使えて丈夫なのがメリットですが、子どもには少々硬いです。

そこでおすすめなのが紙製のストローです。

使い捨てにはなりますが、紙製なので可燃ごみとして処理できます。プラスチックは永久的に自然分解されないですが、紙は生分解されます。

衛生面で心配な方やホームパーティーでたくさん使用する場合に使えますね!

マイストローの衛生面

ストローは細いので専用のブラシがないと洗えません。でも大概は専用のブラシとセットで販売していますよ。

ただ、中の汚れが見えないので綺麗になっているのか不安ですよね。使用後はすぐに洗うように心がける必要があります。

あとは、ステンレス製であれば煮沸をおすすめします。

まとめ

この記事ではおすすめのマイストローについて紹介しました。

洗うのが苦にならない人にはステンレスのストロー

持ち運びに楽なのは折りたたみ式のストロー

子どもにおすすめなのは飲み口がシリコンになっているクリーンカンティーンのストロー

衛生面で心配な人には紙製のストローです。

まどぅー
自分に合ったストローで環境対策をしていくのが一番いいですよ〜!

以上、まどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】