【カナダ】ビクトリアにあるティティス・レイク (Thetis Lake)はカヌーやピクニックに最適の場所だった!

まどぅー
こんにちは、カナダ在住の旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

カナダのビクトリアにあるThetis Lake (ティティス・レイク)という湖で友人たちとカヌーしてきました!

湖でのカヌーやカヤックは無料です♪(レンタルはなし)

泳ぐこともできるし、ハイキングコースもあるし、ピクニックにもぴったりの場所です。

カナダでレンタカーを借りるなら「レンティングカーズ」

初めてのカヌー・カヤックに必要なもの!服装や持ち物は?

2018年8月13日
 

スポンサーリンク

Thetis Lake (ティティス・レイク)湖とは?

日本語には「th」の発音がないので、ティティス・レイクと訳されていますが、聞いた感じは「シーティス・レイク」に近かったですね。

Thetis Lake Regional Park (ティティス・レイク・リージョナル)は、カナダのビクトリアにあります。

その公園内にThetis Lake(ティティス・レイク)という湖があります。


 
これが公園内の地図(↓)
 

ハイキングコースもあるし、湖付近ではピクニックもできるので特に夏場は人気スポットになっているんです。

まどぅー
地図内にある湖をもう一度拡大してみましょう!

この地図に書いてある「Lower Thetis (ローワー・ティティス)」と「Upper Thetis (アッパー・ティティス)」でカヌーをしてきました!

Thetis Lake (ティティス・レイク)の景色

湖まで自宅からは車で15分。

マイカヌーを持ってるカナディアンは多いですね。

そんなわたしたちもマイカヌーを持っています♪(中古で以前に購入)

↑マイカヌーを車にのせた

これが湖の景色です。

ブワーッと青空が広がっています!

↑湖

湖は小さいと聞いていましたが、思った以上に大きかったですね。

太陽が反射してキラッと湖が光ってました。

↑太陽が反射

たくさんのスイレンが湖に浮いてて、緑が際立って美しく見えました。

↑緑色のスイレンに囲まれて

カヌーで進んでいきます。

↑友人たちとカヌー

小さな橋の下もくぐれます。

↑橋の下

湖では泳いでる人やカヌーをしている人もいるし、プカプカと浮き輪で浮いてる人もいました。

こんなスポーツをしてる人も。

↑SUP(サップをしている人)

これは「SUP(サップ)」と呼ばれるウォータースポーツです。

「SUP(サップ)」はスタンド・アップ・パドルボードの略ですね。

専用のボードの上に立って、パドルで漕いで水上を進むアクティビティです。

まどぅー
ずっと立ってるのは疲れそうだけど、楽しそう!

この崖(?)から飛び込んで遊んでいる人も。

↑崖から飛び込んで遊んでいる人

せっかくなのでパノラマも撮影。

途中で止まって休憩したり、景色をぼーっと眺めたり、ゆっくりした時間を過ごせました。

愛犬のWinnie(ウィニー)もカヌーに初乗船♪

↑カヌーに初乗船のWinnie (ウィニー)

カヌーの中では、フィジーで暮らす友人が作ったドライパイナップルを頬張りました!

まどぅー
おいしいぃ〜〜!

↑フィジーからのドライパイナップル

持ち物

個人的にあると便利だったのは、以下の3点。

  1. iPhone防水ケース。
  2. 面白い写真が撮影できるTHETA (シータ)
  3. かかと付きのサンダル

iPhone防水ケース

防水ケースがあれば、スマフォを水の中に落とす心配が無くなります!

この防水ケースのメリットは、カバーの上から指紋認証も使えるんですよ。

首かけの長さは調整可能だし、水に浮くので落としても沈むことがないので安心です。

RICOH THETA(リコーシータ)360度全天球カメラ

全天球カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」では、周囲360度の景色を撮影できます。

まどぅー
面白い写真が取れるので愛用しています!

画質の良さを求めるならTHETA Vがオススメですね。

こちらの記事もどうぞ↓

【RICOH THETA(リコーシータ)】360度全天球カメラで実際に撮影して面白かった場所をあげてみる。被写体の参考にどうぞ!

2018年7月31日

かかと付きのサンダル・KEEN(キーン)

KEEN(キーン)はカルフォルニア発のサンダルブランドです。

つま先、かかとを保護してくれるおしゃれなデザインのサンダルとして注目されていますね。

長時間履いても疲れないというメリットがあります。

↑わたしが使っているもの

サンダルなので、もちろん靴下いらず。

通気性が抜群なので夏場にはもってこいのアイテムだし、濡れた地面でも滑りにくいのでカヌーやカヤックなどのウォータースポーツにも最適です。

まどぅー
通常のサンダルだとすぐに脱げてしまうので!

公式ページにも、持ってくるといいものが掲載されていました。

  • 周辺の地図
  • 水、スナックや食べもの
  • 懐中電灯
  • 大きなビニール袋(ゴミ入れやレインコートに代用など)
  • 予備の服、帽子
  • 水着
  • 日焼け止めクリーム
  • ポケットナイフ(果物カットしたり)
  • 救急箱
  • ホイッスル

どのくらい滞在するか、何して遊ぶか(カヌー、ハイキング、バイクなど)で各自の持ち物は変わってきますね!

Thetis Lake Regional Park(ティティス・レイク・リージョナル公園)のアクセス方法

ビクトリアのダウンタウンからは車で20分ほど。

バスだと1時間ほどですね!

ハイキングやキャンプをするときの注意事項は公式ページから見れました。

HP:Thetis Lake

夏は人が多いですが、奥の方までカヌーで進むと誰もいなくて静かでした。

自然が好きな人はぜひ一度訪れてみてくださいね。

カナダでレンタカーを借りるなら「レンティングカーズ」

まどぅー
以上、旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)でした。
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】