子どもの創造性を育てるダンスレッスンとは?小学生向けに【春休みダンスキャンプ】を主催しました!

 
「春休みダンスキャンプ」を私のダンススタジオで開催しました。

ダンスレッスンの中にアクティビティを取り入れたので、子どもたちには楽しんでもらえました!

まどぅー
私たちダンス講師が実際に行った5日間のダンスキャンプの内容について紹介します。
「ダンスキャンプ」とは?

「春休みダンスキャンプ」は朝9時からお昼の12時まで行いました。(5日間)

「キャンプ」と言うと、テントに泊まってバーベキューするイメージがあるかもしれませんが、全く違いますw

子どもたちの学校がお休みの時期(主に春/夏休み)に、学校や施設、スポーツセンターなどで子どもたちを預かるプログラムのことです。

まどぅー
特別ワークショップのようなものですね!

「ダンスキャンプ」では文字通り、ダンスを学ぶワークショップが提供されます。

Photo by Tanabe+Photography

タップダンスの先生とコラボして、タップダンスとヒップホップダンスを学ぶ5日間のダンスキャンプを主催しました!

それでは、私たち講師が実際に行ったダンスキャンプの内容を紹介していきます!

ちなみに各施設によって「キャンプ」で行われる内容や料金、時間は異なります!夕方まで子どもを預かってくれるキャンプも多いです。
 

スポンサーリンク

アイスブレイク

アイスブレイクとは初対面の人同士が緊張をほぐすために、簡単なゲームをしたり自己紹介をすることです。
 
シンプルなものから盛り上がるものまで様々な種類があります。
 
初日は、自分の名前と好きなダンスムーブを一人ずつシェアしました。
 
全員で円をつくり、自分の番になったら円の中心に行きます。
 
一人が発表し終わるごとに、他のみんなはその子の好きなダンスムーブを真似します。
まどぅー
体を動かすアイスブレイクやダンスに関連した簡単自己紹介が望ましいですね!

タップダンスレッスンの内容

アイスブレイクが終わったら、タップダンスレッスンの始まりです。
 
普段のレッスンではヒップホップレッスンのみですが、春/夏休みは特別ダンス講師を呼ぶようにしています。
 
まどぅー
他ジャンルのダンスにチャレンジするって新鮮なんですよ! 

日によって内容やゲームは異なりますが、タップダンスの先生の大まかなレッスン内容はこんな感じでした。

  1. 基本ステップの練習
  2. バーレッスン
  3. 自分たちでリズム作り
  4. 振り付けの練習(毎日少しづつ増える)
  5. サイコロゲーム
  6. 手拍子リズムゲーム
まどぅー
中でも特に印象的だった内容を説明します!

自分たちでリズム作り

短い歌に合わせて、自分たちでタップリズムを考える時間がありました。
 
大概は「先生の動きを真似するレッスン」で1時間終わることが多いですよね。ダンスの技術を学ぶ上ではとても重要なことです。
 
でも、子どもの自主性を尊重したアクティビティを準備すると、クリエイティブな部分が養われるんですよ!

  • 自分たちで考える
  • 自分たちで創る

この二つの時間を作ることで、子どもの可能性を広げることができる。

↑リズムを考える時間

まどぅー
体験したことって忘れにくいですしね。

サイコロを使ったリズムゲーム

サイコロを使ったアクティビティを紹介します。

①まずみんなで円になります。

②一人ずつサイコロを振ってもらいます。

③出た数字の数だけ、タップでリズムを作ってもらうという簡単なアクティビティ。

3が出たら3回、5が出たら5回、6が出たら6回タップが踏めるということです。

5や6が出た時はみんなテンション上がっていましたよー!(多くのタップが踏めるので)

まどぅー
自分でどんなステップをして音を奏でるか考えるので、想像力が鍛えられますね。

手拍子リズムゲーム

これもタップダンスの先生が準備した簡単なアクティビティです。

①先生が即興で不規則な手拍子を鳴らします。

②生徒は耳をすまして手拍子の音を聴きます。

③先生が手拍子をしたテンポを、一人ずつタップで再現!

まどぅー
このアクティビティでは即興性と集中力が鍛えられますね!

バーレッスン

ヒップホップレッスンでは「バー」を使わないので、スタジオに完備していないのですが、

椅子の背を使って即席バーに代替えできるんですよ!

まどぅー
簡易的ですが、作れるんですね。

↑タップダンスのバーレッスン

ヒップホップレッスンの内容

タップダンスレッスンが終わったら、短い休憩を挟んでヒップホップダンスレッスンにうつります。
 
ヒップホップレッスンの内容をまとめました。
 
  1. アイソレーション(体の各部位を動かす基礎)
  2. リズムトレーニング
  3. ストレッチ
  4. AからGまでのダンスステップの練習
  5. アルファベットダンスゲーム
  6. フリースタイル
  7. 自分たちで振り付けを考える
  8. グラフティワークショップ
  9. 振り付けの練習(毎日少しづつ増える)

Photo by Tanabe+Photography

まどぅー
私が行った簡単なアクティビティを紹介します。

AからHまでのダンスステップを教えた

毎日2つずつ新しいステップを教えました。

私が4日間で教えたステップはこちら!

  • ATL stomp (エーティーエルストンプ)
  • Biz Markie (ビズマーキー)
  • Coffee Grinder (コーヒーグラインダー)
  • Down (ダウン)
  • Elbow-Up (エルボアップ)
  • Floss (フロス)
  • Get-Down (ゲットダウン)
  • Happy-Feet (ハッピーフィート)

ステップのレパートリーがどんどん増えれば、もっとバラエティ豊かに踊れるようになりますよね!

【アルファベット】クジ引きゲーム

まずはゲームの準備を。

ストローでクジ引きを作りました。

まどぅー
アイスの棒や割り箸でも代用可能ですね!

↑2本の細いストローをテープで止めただけ

ストローの片先端にはアルファベットが書かれています。

↑片方の先端にだけアルファベットを書く

アルファベットを下にして瓶に入れます。こんな感じに。

↑アルファベットが書かれたクジ引きの完成!

さて、この棒状のクジ引きを使ったアクティビティです!

①円になって一人ずつクジをひいていきます!

②ひいたアルファベットのステップをみんなの前で見せる

BをひいたらBiz Markie(ビズマーキー)、FをひいたらFloss(フロス)と、アルファベットに合わせたステップをする、ということです。

たったのこれだけなんですが、めっちゃ楽しんでくれるんですよ!

「練習しなさい!」「ダンスステップの名前覚えなさい!」と強制されるより、全然いいと思いませんか?

子ども
Cのステップが好きだからCを引きたい!C!C!マジでCお願いしますっ!

こんな感じで、クジを引く前に結構盛り上がってくれますw

このアクティビティをしたかったので、アルファベット順にステップを教えたんです!

自分たちで振り付け

AからHまでのステップを必ず使って、振り付けを「自分たちで」考えてもらいました!

まどぅー
自分で振り付けを考えることで、感受性や創造力がめきめき育ちます!

別記事にも詳しくアップしています!

ダンスインストラクターになりたい!子どもに【ゲーム感覚で】ダンスを教える具体的な方法

2017.12.07

オリジナルを作ることがあなたの強みになる!私がダンススタジオで実践している3つのこと

2018.01.02

「身体マップ」作り

ダンスレッスン後には「身体マップ」を作るアクティビティを取り入れました。
 

↑子どもたちが作った「身体マップ」

等身大の子どもたちを形どって作るんです。

創造性を高めることができ、自己理解にもつながると言われているんですよー。

詳しい作り方は別記事にアップしているので読んでみてください♪

偏愛マップならぬ【身体マップ】を子どもたちと作ったよ!等身大の自分に好きなものを描き足していくワークショップが大成功!

2018.03.28

「なんでダンス好きなの?」子どもにインタビュー

私自身、自分が踊っている意味がわからなくなってしまった時期があったんです。

そんな時に踊りながら世界一周をし、自分なりの答えを見つけることができました。

世界一周中に掲げていた「人はなぜ踊るのか」というテーマ。

子どもたちにも聞いてみました!

まどぅー
なんでダンス好きなの?
10歳の生徒
んーとね、踊ることで「自分自身」でいられるから。

うぉー。すげー。

10歳にしてこんな答えが返ってくるとは驚きです!

誰かがインタビューアになりきって、インタビューごっこをしても面白そう。

合わせて読みたい

野外ステージへお出かけ

天気のいい日にみんなで野外ステージへ出かけました。
まどぅー
ラッキなーことにスタジオからたったの徒歩5分♪

↑一人ずつソロで踊ってもらいました!

子どもはこの日が一番楽しかったって言ってましたねー!

↑ステージで習ったステップを披露する子ども

外に飛び出すと、いつもとは違う雰囲気を味わえるのでオススメです!

ミニ発表会

ダンスキャンプの最終日は家族の方を招待して、ミニ発表会を開催しました。
 
実は当初は発表会する予定がなかったんですよ。
 
子ども
最終日にパフォーマンスしたぁぁーいぃぃぃ!

と、子どもたちからの力強い要望により、急遽スタジオでやることにw

「身体マップ」は壁のデコレーションになったし、インタビュー映像も家族の方に見せることができました。

↑ダンス映像を見ている様子

まどぅー
春休みダンスキャンプ映像はこちらから観れます↓

たった5日間でしたが、とても濃い時間を子どもたちと過ごすことができました。

ダンススタジオ、ダンス講師によって、ダンスの教え方は様々ですよね。

厳しいダンススタジオでは技術は身についても、「ダンスが好き」という感情は失ってしまうかもしれない。

「ダンスを習うこと」は「ダンスの技術を学ぶこと」だけじゃないんです。

まどぅー
遊びながら、楽しみながら、ダンスに対する情熱を育てていきましょう!

夢を叶えるなら今しかない。あのとき夢を諦めていたら出会うことはなかった兄弟ダンサーの話

2017.11.23

「あなたのダンスは世界で戦えるレベル?それとも小さな教室で教える程度のレベル?」という問いに対しての答え

2017.11.19
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】