【カナダ】生徒が作った「ジャック・オー・ランタン(かぼちゃのランタン)」のクオリティが高い!

 
毎年ハロウィンの季節になると、アメリカやカナダではジャック・オー・ランタン」を作り、キャンドルを灯し、家の外に置きます。

当日は、仮装した子どもたちが家々をまわってお菓子を貰いに行くのですが、「ジャック・オー・ランタン」がある家にだけお菓子が準備されています。

まどぅー
どの家に訪問すればいいか、目安になっているんですね。
 
 

スポンサーリンク

「ジャック・オー・ランタン」ってなに?

簡単に言うと、かぼちゃのランタンです。
 

↑こんな感じの、かぼちゃの中身をくり抜いて作るランタンのこと。

善霊を引き寄せ、悪霊を追い払うために家の外に置きます。

かぼちゃ畑に行くのもハロウィンの恒例行事

9月の後半ごろになるとスーパーなどでかぼちゃが売り出されます。
 
日本のかぼちゃのように外側が緑色で中がオレンジ色のものではなく、外側も中側もオレンジ色をしています。
まどぅー
中には自分の顔よりも大きいサイズのものや、手に乗っけられるほど小さなものもあるんですよ。

しかし、スーパーで買うよりももっと楽しい買い方があります!それがかぼちゃ畑に直に行くこと。

秋の雰囲気満載のオレンジ一色に染まったかぼちゃ畑で。

形、色、重さ、痛み具合のチェック、割れていないもの、などを考慮しながら自分好みのパンプキンを探します。

まどぅー
これがスーパーで買うよりも数倍楽しい!

↑オレンジ一色のかぼちゃ畑

かぼちゃ畑までは藁が積まれたトラックに乗って行きます。

↑畑に到着するまでカントリーソングを聞かせてくれる演出があります

↑自分好みのかぼちゃを見つけましょう

生徒が作ったハイクオリティな「ジャック・オー・ランタン」たち

私と私のパートナーは現在ピアソンカレッジというカナダにある国際学校でハウスペアレントをしているのですが、先日生徒たちと「ジャック・オー・ランタン」を作りました。

【UWC】国際学校ピアソンカレッジの魅力!「世界がもし100人の村だったら」を超えるインターナショナルスクールをご紹介

2017.11.07
まどぅー
この学校はなんと世界80ヶ国以上の高校生が在籍しています。

ハロウィンを祝う習慣のある国から来ている生徒は「ジャック・オー・ランタン」を作ったことがあるのですが、そうでない生徒は初めての「ジャック・オー・ランタン」作りとなりました。

↑かぼちゃの上から下に向かって上部分を切り落とします

↑かぼちゃの中身を取り出します

各部屋に一つづつかぼちゃを渡し、ルームメイトとデザインを相談しながら彫っていきます。

全部で9部屋、9つの「ジャック・オー・ランタン」。

みんなが作ったのがこちらです。

↑35人の生徒がルームメイトと協力しあって作ったジャック・オー・ランタン

とてもクリエイティブ。

まどぅー
キャンドルを灯すとこんな感じです。

↑中にキャンドルを入れたので、くり抜いた部分が光ります

顔ではなく、お化けをデザインしていたり。

↑生徒4人で作ったもの

ギザギザと彫ったり、スパイラルに彫るのって意外と難しいんですよねー。

↑両目のデザインが違う

ルーム10の生徒たちは自分たちの部屋番号を彫っていました。

↑顔以外を彫るのもあり

かぼちゃの中にかぼちゃをデザインした生徒たち。斬新なアイディア

↑かぼちゃインかぼちゃ

私と私のパートナーが作ったのはこちら。

私たちが住んでいるハウスの名前が「Victoria House(ビクトリアハウス)」なので「Vic」とう文字で目と鼻を作り、顔に見えるようにしてみました。

↑くり抜いた「Vic」は冠としてかぼちゃの頭に爪楊枝で刺しました。

様々な国から来ている生徒たち。

異なる文化、背景、言語を持ち合わせながらもお互いにコミュニケーションをとりながらユニークな「ジャック・オー・ランタン」を完成させました!

↑私たちのハウスに住む40人の生徒たち

「ジャック・オー・ランタン」の詳しい作り方

こちらのブログにめちゃくちゃ詳しく「ジャック・オー・ランタン」の作り方が掲載されていました。

実際に作ってみたい方はこちらを参考にしてみてください。

パンプキンで「ジャック・オー・ランタン」を作る手順を詳しく紹介!

まどぅー
最近は日本でもオレンジ色のかぼちゃが売り出されているそう。ハロウィンの過ごし方も様々です。

【ピアソンカレッジ】5大陸80ヶ国出身の生徒が団結ダンス!高校生のダンスでお客さんが感動する理由とは?

2018.04.26

【UWC】国際学校ピアソンカレッジの魅力!「世界がもし100人の村だったら」を超えるインターナショナルスクールをご紹介

2017.11.07
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】