【カナダ】「ハイダグワイ島」の観光スポットをご紹介!神秘的な場所として注目されているよ

 
カナダのブリティッシュコロンビア州北にあるハイダグワイ島にパートナーと新婚旅行に行ってきました。

クイーンシャーロット島と呼ばれていたこともあったそうですが、先住民の歴史を守るため「ハイダグワイ島」にもう一度名前が戻りました。

この「ハイダグアイ島」なんですが、伝説のスピーチをしたセヴァン・スズキが住んでいることでも知られているんですよー!

まどぅー
ということで、美しい見所がたくさんあったので紹介します♪

カナダでレンタカーを借りるなら「レンティングカーズ」

 

スポンサーリンク

ハイダグアイ島ってどこにあるの?

ハイダグワイは南のモレスビー島と北のグレアム島のふたつの島をメインとし、周りには約150の島々から構成されています。
 
人口はたったの4700人ほど。
 
かつては2万人ほど住んでいた先住民ですが、ヨーロッパから持ち込まれた死亡率の高い天然痘ウィルスが蔓延し、多くの村人が命を落としたそうです。
 
ちなみにハイダは先住民の言語で「人々」という意味を持ち、ハイダ族と呼ばれる先住民が今でも住んでいます。
 
ブリティッシュコロンビアの北に位置します↓
 

 

↑そびえたつトーテムポールと朝一の日の出

↑放置された中古車でさえも観光スポット

行くなら絶対ここ!観光スポット7選をご紹介

実は私のパートナーの妹がこの島で歯医者さんをしているんですよ。
 
島でたった一人の歯医者さんみたいです。
 
現地を熟知した妹さんにすべて案内してもらったので間違いない観光スポット7選です!

1. バランスロック (Balance Rock)

超存在感あふれる「バランスロック」と呼ばれる石がビーチにあるんですよー!
 
調べてみると世界には様々なバランスロックがあるそうですが、この「バランスロック」はビーチにたたずんでいます。
 
最後の氷河期以来、何世紀ものあいだ同じ場所に立っているそうです。
 
過去に何人もの人がこの石を押し倒そうとしましたがビクともせず、その名のとおり、凛と目の前に立ちはだかっています。

↑朝日がいい感じに反射

まどぅー
この場所から見る朝日が最高でした。

↑遠くから見ても存在感あるバランスロック

こんな写真も撮影できちゃいます。

↑夕日と共に

2. スリーピングビューティートレイル (Sleeping Beauty Trail)

グーグルマップで調べたのですが、なんと地図上にはまだ掲載されていないハイキングスポットです。

ハイダグワイの公式ホームページには「地元の人に行き方を聞いてください」と出ていました。

まどぅー
地元の人なら必ず知っている場所だそう。

↑6時間のハイキング

ハイキングに慣れていない私は往復6時間もかかりましたが、がんばった甲斐あっての圧倒される景色を目にすることができたんです。

まどぅー
諦めなくてよかったw

ハイキング慣れしている方なら大丈夫ですが、一番さいごの山の傾斜がすごく急でした。

頂上に着くと少し肌寒く、持ってきたサンドウィッチをみんなで食べて、頂上からの景色を楽しみました。

↑頂上からの景色

↑頂上の少し手前の山の中の池

↑頂上に着く前の木々も癒される

《アクセス》Sleeping Beauty Trail

3. ハイダヘリテージセンター(Haida Heritage Centre)

先住民の伝統的な工芸品やアート、トーテムポールという先住民がつくった彫刻柱など多くの展示物が保管されています。

まどぅー
先住民の歴史と文化を伝えるために建てられたそうです。

中は撮影禁止だったので外観だけ。

↑センターの外観

センターの外には先住民がつくったカヌーが’展示されていました。

↑先住民のアートがデザインされたカヌー

先住民ハイダ族が多く住む島なので行くことをオススメします♪

↑想像以上に大きなカヌー

《アクセス》Haida Heritage Centre

4. ペスータシップレック (Pesuta Shipwreck)

1928年に漂着した船がイーストビーチにあり、ハイダグワイでも人気スポットのひとつとして知られています。

↑漂着した船

バランロック同様に存在感ありましたねー。壊れた船の中に入ることもできました。

↑ほろびた船

この船を見るために20分ほど、イーストビーチ(East Beach Trail)を歩いたのですが、可愛いキノコを発見できましたっ♪

↑途中で見つけたきのこ

苔の色はこんな感じ。

↑森のなか

シップレックにたどり着きます。

↑島なのでビーチがいっぱいあるんですよね

5. ヤクーンポイントビーチ(Yakoun Point Beach)

ナイクーン州立公園内 (Naikoon Provincial Park) のあざかやな木々を越えると、ヤクーンポイントビーチがあります。

↑ビーチの手前の森

ビーチに行くまでにこういう感じの森の道を通り抜けます。

↑森の道

足元を見ると、誰かが並べた貝殻がいっぱい。

↑貝殻ロード

貝殻ロードを抜けると、小さなカヌー、木でつくられた椅子とウェディングアーチがありました。
 
どうやらここで海を背景に結婚式ができるみたい。
 
島っぽいですね。なんか小さくて可愛かったです。
 

↑小さなカヌーとウェディングアーチが。

海に癒されますよー。


6. トーヒル(Tow hill)

登山と聞くと大変そうというイメージもあるかもしれませんが、初心者でも全然オッケーな「トーヒル」というハイキングスポット。
 
ちょっとした散歩とでも言いましょう。
 

↑登っている途中の景色もグッド!

曇りのち雨でも十分に楽しめました!

↑上からの写真。

ビューポイントにて持ってきたオレンジジュースで乾杯!

7. グラフティ(Gudangaay Tlaats’gaa Naay Secondary School)

ここは観光スポットでもなんでもないのですがw、大のグラフティ好きなわたしが見つけた場所です。

↑ダンサーなのでグラフティを見つけるとテンションが上がります

学校のすぐ近くの壁にたくさんグラフティアートが書かれていて、そのほとんどがポジティブな言葉だったんですよー!

↑HOPE (希望) とか。

最後はパートナーとパシャり。

↑Feel (感じろ)とか。

日本ではあまりグラフティがないので、面白いですよー。

食べるなら絶対ここ!オススメ【レストラン】をご紹介

1. カイビストロ (Kay Bistro)

食べるなら絶対ここです。先ほど紹介した「ハイダヘリテージセンター」内にあるレストランです。

正直、今まで行ったレストランの中で第一位に輝きましたっ!口の中がたまらない美味しさに包まれること間違いないです!

もう一度言いますが、超オススメなので行くなら絶対ここ。

まどぅー
3日間滞在して2回も足を運びました。


2. オーシャンビューレストラン (Ocean View Restaurant)

窓から海が見えるレストラン。カジュアルなレストランです。

やっぱり名物フィッシュアンドチップスを頼んじゃいました。

3.  グリーンガヤ(Green Gaia)

地元感を味わいたいならここ。

↑外観がかわいい

オーガニックのお店で、店員さんがフレンドリー♪

↑オーガニックフードも購入可能

 食べるなら絶対ここ!オススメ【カフェ】をご紹介

1. クロウズネストカフェ(Crow’s Nest Cafe)

カフェ店内には、地元の人が手作りでつくった手袋や帽子が販売されていました。コーヒーも美味しかったです。

↑中の様子

《アクセス》Crow’s Nest Cafe

2. クイーンビーズカフェ(Queen B’s)

地元の人にめちゃくちゃ愛されているクイーンビーズカフェ。外観も中もすっごく可愛いんです。

↑外観

↑中の様子

ここで朝食に食べたワッフルが最高でしたっ!

日本語ではまだ情報の少ないハイダグワイ島。実際に訪れたところ、本当に自然あふれる神秘的な場所でした!

まだあまり知られていない場所なので、誰も行ったことがない場所に行きたい旅人には特にオススメの島です♪

あ、カナダ留学なら断然に「【カナダジャーナル】」がおすすめですよ〜!

無料で相談にのってくれるんです!

手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】