【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

カナダの新型コロナウイルス感染者数や状況まとめ【入国制限・日本人留学】

まどぅー
カナダ在住のまどぅー(@madocanada)です。

新型コロナウイルスのカナダの状況をまとめました。

随時、状況が変わっているので最新の情報を更新するようにはしますが、参考までにしていただけるとありがたいです。

 

スポンサーリンク

カナダの新型コロナウィルス感染者数

カナダ全体のCOVID-19患者数は7437人です。(3月30日更新)

そのうちブリティッシュコロンビア州が960人、オンタリオ州は1706人、ケベック州は3430人です。

死亡者数はカナダ全体で89人になりました。

まどぅー
ここ数日で増えましたね…。

カナダ政府のサイトがまだ最新のに更新されていませんが、随時チェックしてみてください。

また3月17日にオンタリオ州政府がState of emergency(緊急事態)を宣言し、続いて18日にブリティッシュコロンビア州もPublic health emergencyを宣言しました。

正直、わたしも素人なのでState of emergencyとPublic health emergencyの違いがよくわかりません。

ただ以下の記事によると、州によって緊急事態の名前や対応が異なるそうです。

COVID-19: What you need to know about states of emergency

追記:BC州もPublic health emergencyからState of emergencyにアップデートされました。

カナダ政府のコロナウイルス拡散防止の対応

カナダ政府の対策や要請をまとめました。

カナダの国境が封鎖された!

カナダの国境が封鎖されました。

つまり、入国制限がかかっているのでワーホリ、学生ビザ、就労ビザ、観光でカナダに来ることはできません。

カナダ渡航を延期するとビザの入国期限を超えてしまう人は、期限延長の申請ができるそうです。(詳しくはビザ期限の延長手順へ)

カナダ国籍もしくは永住権を持っている人、またその家族は入国することができます。しかし、その全ての人に14日間の自主隔離を行なうことが義務付けられました。

追記:カナダ⇄アメリカ間の国境も封鎖されました。

無期限の学校休校

現在はちょうど春休み期間とあり、偶然にもほとんどの学校が春休みです。しかしながら本日(3月17日)無期限でK-12の学校を閉鎖すると発表されました。

K-12とはキンダーガーデンからグレード12をさします。

本来の春休みも終わりになりますが、引き続き学校は休校。オンライン授業に切り替わりました。

歯医者やレストランなどのサービス業の閉鎖について

サービス業の閉鎖は各州によって対応が異なっています。

BC州では歯医者の閉鎖が決まりました。

実は先日、BC州の歯医者の大規模な会議が開催されたんですよ。その会議で集まった人数は1万5000人ほどで、うち約10人はコロナ感染者だとわかりました。

わたしが住んでいるバンクーバー島では歯医者が閉鎖の他にも、妊婦さんはスカイプ検診のみになりました。

まどぅー
生まれるまで赤ちゃんの心音やNSTチェックをしてもらえないのは悲しいですね。

スタバやAppleも閉鎖されましたね。またBC州ではレストランやカフェ、公園や図書館などの公共サービスも閉鎖しています。(テイクアウトやデリバリーはできますが)

オンタリオ州でも緊急宣言を発表した後に以下の閉鎖措置をとっています。カナダ日本大使館サイトより)

  • 屋内レクリエーションプログラムを提供する全ての施設
  • 全ての公共図書館
  • 教育法で定義されている全ての私立学校
  • 全ての認可託児所
  • 全てのバー及びレストラン(テイクアウトと配達を除く)
  • 劇場及び映画を上映する映画館

そのほか政府から要請されていること

その他に政府から要請されていることは以下です。

家にいてください

つい先日まで250人以上の集会のキャンセルを要請していましたが、50人以上の集会に変更されました。

ところが現在は、「家にいてください」という要請に変わりました。

社会的距離をとってください

不必要な外出を避けて家にいるようにと要請されていますが、生活に必要なスーパーや薬局に行くことは禁止されていません。

やむなく外出する場合は、他人と2mほどの距離をあけて行動するようにと推奨しています。このような行動をソーシャルディスタンシングと呼んでいます。

スーパーでは入場制限がかかり、前の人と距離を開けて並んでいます。

以下の写真はスーパーの前で並ぶ人の様子です。かなり距離をとって並んでいるのがわかると思います▼

↑奥の方に人が並んでる

旅行に行かないでください

カナダ国内であっても旅行はしないよう要請されています。

まどぅー
この措置がいつまで継続するか予想出来ないのが不安になりますね…。

ヒジやハンカチで口を覆ってください

咳やくしゃみをする時には手ではなくヒジで覆ってするようにします。

マスクは品薄で売ってません。

手洗いを徹底してください

手洗いは最低でも20秒。指の間や親指、爪周りを忘れずに。

<下に続く>


ソーシャルディスタンシング(Social Distancing)について

社会的距離を置くこと・他人と接触を避けることをソーシャルディスタンシングと言います。

日本語だと社会的隔離やソーシャルディスタンスとも呼ばれます。

ソーシャルディスタンシングの基準を紹介します。

AVOID(避けるべき)

  • 旅行
  • 人混み
  • お泊まり会
  • スポーツジム
  • グループ集会
  • 交通機関の利用
  • ショッピングモール
  • イベントやパーティー
  • コンサートやライブ
  • 自宅への訪問客の受け入れ
  • プレイグループ/プレイデート

CAUTION(注意すべき)

  • 食品のテイクアウト
  • レストランやカフェの利用
  • スーパーマーケットへ買い物
  • テニスコートでテニスをする
  • 図書館などの公共サービスの利用
  • 薬局やクリニックで薬の受け取り

スーパーマーケットへの買い物は仕方ないですよね…。

心配な方はオンラインスーパーを利用するか、開店時間や閉店時間ギリギリなど人がいない時間帯を狙いましょう。

とはいえ、オンラインスーパーで宅配をする人のことを考えると何とも言えません…。

スーパーによっては早朝は高齢者や基礎疾患のある人専用でオープンしています!

SAFE TO DO(安全)

コロナウイルスによる日本人差別について

コロナウイルスの感染拡大によって、アジア人差別が増えたとされます。

カナダに住む日本人として差別を受けたことは、わたし自身は今までに一度もありません。

ただ外出自体を控えているし、基本は車移動なので、差別を受ける機会がなかったともいえます。

調べてみると、差別された人もいました。

多様な生き方が尊重され、比較的に寛容だと知られるカナダでこのようなことがあったのが残念でなりません。

特にマスクを着用したアジア人が差別される傾向にあるそう。

不要不急の外出を避けるに越したことはありません。

コロナウィルスによる買い占め・品薄の商品

トイレットペーパーやハンドソープ、ハンドサニタイザーは品薄状態です。

春休みと重なったこともあり、わたしが住んでいる地域(バンクーバー島の田舎)でもパスタや缶類も品薄に。

パンが売り切れていたこともありました。

マスクは売っているところを見かけたことがありません…。

ただ、聞くところによるとアジア系のスーパーではトイレットペーパーが品薄になっていないと情報がありました。

日本人としてはちょっと複雑ですが、アジア系スーパーをチェックしてみてもいいかもしれません。

我が家は田舎に住んでいるので、卵や野菜は農家から直接購入しています。パンはイースト菌を購入して手作りに切り替えました。トイレットペーパーは今あるのがなくなったら布で代用します。

個人事業主の休業補償金について

個人事業主やスモールビジネスの人は金銭面においてかなりの痛手になっていますよね。

わたしも経営しているダンススタジオが休講中で、この先どうなるのだろうと心配です。

まどぅー
メンタルもビジネスもやられるわ。

休業補償金についてはカナダ日付の3月18日に会見が行なわれました。

補償金については毎日ニュースが更新されています。

2週間ごとに14週間にわたって補償金が支給されます→全ての労働者に2000ドル支給されることになりました(3月25日更新)

コロナに感染して仕事に行けない人や看病して仕事に行けない人、本来なら失業保険をもらえない人も支給対象だそう。

低所得層にはGSTクレジットをあげるとも。さらに税金の申告は6月1日までに延長されました。スモールビジネスには10%の助成金が出されます。

加えて子どもがいる家庭には、子ども1人につき300ドル支給されます。(0-18歳)

追記:シングル親には1500ドル支給されます。


 

もしも体調が優れない場合

息ができなかったり、症状が重いなど緊急事態の場合は911に電話するしかないですが、症状が軽い場合は他人との接触を避け、自宅安静と自主隔離14日間が基本になります。

家族であれば別部屋を用意し完全隔離。お風呂やトイレもできれば別で。

病院に行くか行かないか迷ったら811で看護師から助言を受けることができます。

「もしかして新型コロナウイルスに感染しているかも?」と思う方は、以下サイトか自分でセルフ診断してくださいね▼

BC COVID-19 Symptom Self-Assessment Tool

海外保険の確認を!

ワーホリや留学でカナダに滞在している方は海外保険の確認をしておきましょう。

コロナウイルス感染拡大によって規約が変更された可能性があります。

カナダ生活が不安になった場合

わたしが働いている国際学校でも、海外からの生徒(日本人留学生を含む)は母国へ帰国しましたが、やむなく帰国できない状況の方もいるはず。

移民している人を始め、留学や転勤でカナダに一時的に来ている人は不安を感じているかと思います。

カナダ在住日本人のFacebookのコミュニティに参加したり、友人や家族とグループチャットをして少しでも不安な気持ちが和らいだらいいな〜と。

情報源サイトまとめ

カナダの新型コロナウィルス状況まとめ

状況が毎日のように変わっているので、公式サイトやニュースを随時チェックするのをオススメします。

わたし自身、子どもがまだ小さいこともあり、言いようのない不安を抱えています。

小児の新型コロナウイルス肺炎感染(SARS-CoV-2 Infection in Children)という論文によると、「1歳未満の子どもは重症化する傾向にある」と発表されたこともあり…。

イギリスや欧米では基礎疾患のない若者も亡くなっています。

煽るつもりは一切ないのですが、やはり念には念をと思っています。

「自分は大丈夫」と思っていても、このウイルスは人にうつるので最大限気をつけなければいけないというのが個人の感想です。

自分だけの問題ではないというところが大きいし、自分の軽率な行動によって身近な誰かが死ぬかもしれない。

高齢の方、持病がある方、赤ちゃんや子どものいる家庭。

いろんなケースを考えると、特効薬やワクチンがない現状で、どんなタイミングで重症化するかわからないです。だからこそ気をつけて行動することが大事です。

一刻も早く終息することを願います。

以上、カナダ在住のまどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】