【カナダ】クッキーエクスチェンジとは?クリスマス前のパーティーに参加してきたよ

10月のハロウィンが終わると、街は少しづつクリスマスモードになりますよね。この時期、カナダやアメリカではクッキーエクスチェンジが開かれます。

まどぅー
文字通りの「クッキーを交換する会」です。交換した場ではクッキーを食すことなく、持ち帰り用として交換するんですねー。今回はそんな行事のご紹介です。
 

スポンサーリンク

クッキーエクスチェンジとは?

クッキーエクスチェンジとは、文字通りの「クッキーの交換会」です。今回は参加者の人数×3〜6枚のクッキーをホームメイドで作り、みんなで交換するというものでした。
 
別名「クッキースワップ」とも呼ばれています。

3時間かけて200個の大量クッキーを焼く

実際に焼いたクッキーはなんと200枚!
 
ハウスペアレンツという仕事をしているので生徒へあげる分として多めに焼いたのもあるのですが。
 
スコットランドの伝統的お菓子として知られている「ショートブレッド」というクッキーを3時間かけてせっせと作りました。
 
見た目はシンプルなのですが、食感がサクサクしていて重くないので一度食べだしたら止まらないんですよ〜!
 
一般的なショートブレッドは長方形にかたどるのですが、星型にしてみました。
 

⬆︎シンプルな星型ショートブレッド。卵不使用。

 

グルーテンフリーとは?

グルテンフリーとはグルテンが入っていない食品や、グルテンを体に取り入れない食事をすることです。
 
うどんやパスタなどのモチモチした食感は全てグルテンからきているものなんですね。
 
グルテンアレルギーを持つ人や健康のためにグルテンフリーを実施している方が欧米を中心に広まってきました。
 
なので、このようなパーティーの場では自分がグルテンフリーでなくとも、グルテンフリークッキーを少量でも持っていくと喜ばれますよ〜!
 

⬆︎グルテンフリークッキーのメモ書きを添えて。

 

クッキーエクスチェンジの始まり

今回は私が住んでいるピアソンカレッジにて、カレッジ内に住むハウスペアレンツの先生たちでクッキーエクスチェンジを開催しました。
 
それぞれが手作りで作ったクッキーを持ち寄って交換会が始まります!
 

⬆︎机の上にはみんなが焼いたクッキーがずらり。

 
まずは一人ひとり、どんなクッキーを焼いたのか説明をします!
 
一通りの説明を終えると、各自持参したタッパーにクッキーを詰めていくという感じでした。
 
参加者は13人でしたが20種類以上のクッキーが集まりました。
 

⬆︎様々な種類のクッキーを貰えることが交換会の目的

オレオ風のクッキー。

⬆︎これがめちゃくちゃ美味しかった!

スノーボールクッキー。

⬆︎右のスノーボールクッキーはアーモンド入り。

ココナッツクッキー。

⬆︎グルテンフリーでした

アールグレイ入りのショートブレッド。

⬆︎香り豊かで美味しかったです

クッキーはお持ち帰りするのが定番

開催場所となった友人宅ではティーやコーヒーでおもてなししてくれるのですが、クッキーはその場では食べないんですよ!
 
タッパーに入れて持ち帰るんですね。
 

⬆︎手に入れたクッキーたち

 
大量のクッキーを作るのは時間がかかるので、大変だなぁと思っていたのですが、様々な人が焼いた個性あふれるクッキーを見ると、改めて参加して良かったなぁと思えました。
 
あとでいろんな種類のクッキーが食べられますしね(笑)
まどぅー
ご紹介したクッキーエクスチェンジ。年の最後にみんなで集まってワイワイしたり、子どものクリスマス会などにも活用できそうですよ♪
スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】