初めてのカヌー・カヤックに必要なもの!服装や持ち物は?

まどぅー
カナダ在住の旅するダンサーのまどぅー(@madocanada)です。

カナダに来てから初カヌーを体験し、すっかりハマっています!

本記事では初めてカヌー・カヤックをする方への持ち物や服装を紹介しています。

【カナダ】ビクトリアにあるティティス・レイク (Thetis Lake)はカヌーやピクニックに最適の場所だった!

2018.08.08

【RICOH THETA(リコーシータ)】360度全天球カメラで実際に撮影して面白かった場所をあげてみる。被写体の参考にどうぞ!

2018.07.31

【カナダ】「ハイダグワイ島」の観光スポットをご紹介!神秘的な場所として注目されているよ

2017.11.12

 

スポンサーリンク

カヌーとは?

カヌーとは水上を漕ぎながら進める小さな船のようなものです。

今ではウォータースポーツとして知られています。

広いオープンデッキの造りなので安定性が高く、ゆったりと船でくつろいだり、釣りを楽しむのに向いています。


わたしはカナダに来てからカヌーをするようになったんですが・・

まどぅー
まさか自分がここまで好きになるとは!!

カヤックとは?

カヤックは非常にカヌーと似ているウォータースポーツです。

カヌーとはパドルや小舟の形状が違います。

まどぅー
個人的にはカヤックよりゆったりしたカヌーの方が好み。

Kayak Gramさん(@kayakgram)がシェアした投稿

早速、必要なものを紹介していきますね。

レンタルできるもの

体験コースでは以下のものがレンタルできます。

  • カヌー・カヤック
  • ライフジャケット
  • パドル

ライフジャケット

ウォータースポーツにライフジャケットは必須!

カヌーやカヤックのパドリング(水を漕ぐ)の時は動きやすい方がいいですよね!快適さ、動きやすさ、軽さを兼ね備えたライフジャケットをオススメします。

ライフジャケットは必ず必要ですが、レンタルできるところも多いので確認した方がいいですね。

パドル

カヌーにはシングルプレートパドルを使用します。

カヤックにはダブルプレートパドルです。

素材が軽いものだと疲れにくいです。ライフジャケット同様、初めての場合はレンタルで充分♪

自分で準備するもの

日焼け止めクリーム

市販の日焼け止めクリームを顔に塗ったらヒリヒリした!って経験はありませんか?

あれは防止剤が含まれているせいなんですよね。

敏感肌の方はこちらをオススメ。冬でも紫外線はあるので年中使えます。

虫除けスプレーとセットでぜひ。

サングラス

紫外線対策には欠かせないのがサングラスですよね。

市販のサングラスでも充分だと思いますが、カヌー・カヤック用のサングラスもあります。

メリットはこちら。

  • 水を弾いてくれる
  • 万が一落としても沈まない
  • 顔に柔軟にフィットする

帽子

ツバが大きければ日差しから守ってくれるし、顔が濡れることも防げます。わたしはキャップタイプを愛用しています。

風で帽子が飛ばないように注意してくださいね〜。

紐付きハットの方が人気です。

iPhone防水ケース

これ絶対に必要!!

iPhoneで写真撮影しててウッカリ水の中に落としちゃった・・なんてことが防げます。

カバーの上から指紋認証も使えるし、首かけの長さは調整可能だし、水に浮くので落としても沈むことがないんです。

飲み物、お菓子

チョコレートやキャンディーなどかさばらないお菓子を持っていくのがグッドチョイス!

環境のためにペットボトルではなく、マイタンブラー・マイボトルで♪

THETA(シータ)全天球カメラ

今THETA(シータ)カメラは、大流行中のカメラなんですよ!

こんな写真をSNSで観たことありますか?(↓)

↑カヌーの上から撮影

これは全天球カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」で撮影したものです。

THETA(シータ)には2つの広角レンズが付いているので、面白い写真が撮れるんです。

水の上から撮影すると、本当に面白いですよ〜。

 

夏の服装

水着を着用し、その上にTシャツや短パンが定番ですね。

日焼けが心配な方は薄手の長袖・長ズボン。

かかとがあるサンダル・KEEN(キーン)

KEEN(キーン)はカルフォルニア発のサンダルブランドです。

つま先、かかとを保護してくれるタイプのサンダルなので、夏のウォータースポーツに適しています。

わたしが使っているのはこちら(↓)

↑わたしが使っているもの

かかとがあるタイプなので、脱げにくいのが特徴です。

通気性もいいので濡れても乾くし、水の中にそのまま入っていけるのが最高ですね。

冬の服装

様々なタイプのウェアがありますが、冬はドライスーツが定番です。

上下がつながっているタイプも多いですが、わたしはセパレートタイプが好きです。(トイレが楽)

夏場でも水温が低い場合はドライスーツで身体を保護しましょう!

レインウェア

カヌーは比較的ゆったりしたスポーツなのであまり濡れることがありませんが、カヤックは濡れます。

とはいえ、カヌーでも形状や場所によっては着替えが必要ですね。

特に冬は濡れたままだと風邪をひいてしまうので、風を通さないレインウェアをオススメします。

インナーは乾きやすい長袖のドライシャツを着用するといいですよ。

レインブーツ・セーリングブーツ

雨が降っている時や秋冬には、サンダルよりレインブーツがオススメです。

レンタルシューズを用意してくれているツアーも一部ありますが、ないところの方が多いです。(もしくは有料)

濡れてもオッケーなレインブーツが最適。

履き心地重視ならこのタイプですね(↓)

まとめ

その他に着替えとタオルの準備を忘れずに!

基本的には濡れるウォータースポーツだと思っていた方がいいですよ〜!

以上、旅するダンサーまどぅー(@madocanada)よりお届けしました。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】