【カナダ】超オススメ!絶対に訪れてほしい穴場から定番スポット8選。

まどぅー
こんにちは、カナダ在住のまどぅー(@madocanada)です。

カナダ在住歴3年、世界一周経験者のわたしが自信を持ってオススメするカナダの場所を厳選しました。

カナダにワーホリや観光で訪れた際は、ぜひ参考にしてみてください♪

カナダでレンタカーを借りるなら「レンティングカーズ」

 

スポンサーリンク

サイプレスマウンテン(バンクーバー)

バンクーバーを代表する3つの内の1つをサイプレスマウンテン(Cypress Mountain)と言います。
 
スキーやスノボー、ハイキングをするのには名の知れた有名どころなのですが、今回オススメするのは、初日の出を途中の絶景ポイントで見ることです。
 

↑初日の出

カナダでは年が開けるときに「初日の出を見る」という習慣がないんですよ。そのため、日系カナダ人や中国系カナダ人が年の終わりの12月31日に集まる場所となっています。

ローカルな人にはあまり知られていない過ごし方。

展望台から見える絶景と共に最高の年明けを迎えることができるんです。

↑帰り際、遠くから撮影しても綺麗です

《場所》

《アクセス》

cypressmountain

グランビルアイランド(バンクーバー)

グランビルアイランド(Granville Island)は地元の人にも観光客にも人気スポットとして知られています。

  • 新鮮なフルーツや野菜
  • 可愛いカフェやレストラン
  • 雑貨屋や文房具屋
  • アートギャラリー など

お土産買ったり、友人と遊んだり、ショッピングするには最適な場所。
 
しかし、今回オススメするのはバンクーバーのダウンタウンを背景にカヤックすることなんです。
 

↑初めての人も大丈夫ですよ♪

「カヤックするなら大自然に囲まれて」と思う方が多いのはもちろん納得ですが、自然と街が共存しているのもバンクーバーの特徴です。

《場所》

《アクセス》

Granville Island Ecomarine
 

フィッシャーマンズワーフ(ビクトリア)

ビクトリアのダウンタウンから歩いて20分ほど、もしくは水上バスを使ってフィッシャーマンズワーフという波止場へ行けます。
 
海に浮かんでいるカラフルな家が可愛いんですよー!
 

↑海に浮かぶ家

名物は「フィッシュ&チップス」。海を眺め、名物を頬張り、可愛い家々を撮影できちゃいます。

そして、ここでもカヤックツアーがありました!テクニックは特に必要ないので初心者でもすぐにできますよ♪

↑全体的にカラフル

《場所》

《アクセス》

Fisherman’s Wharf

小さなマチュピチュ(ビクトリア)

ハイキング好きなローカルのカナディアンに教えてもらった場所。地元の人も知らない超穴場なんです。
 
ハイキングコースから少し見えにくい位置にあるため、見つけにくく、日本語での情報は皆無という。
 

↑迷路のよう

元々はリゾートホテルを作る計画だった場所なんだそうですが、予算が足りず打ち切りになり途中設計のまま残されている状態です。

そこに地元のアーティストたちがグラフティーを描いたなんとも不思議な場所となっています。

まるで小さなマチュピチュのよう。

↑森の中にグラフティがあるのが珍しい

ネットにはほぼ出回っていない場所なので知る人は少ない。訪れるたびにアートが変わっているのでそれもまた面白かったのですが、残念ながら、今は禁止区域になってしまいました。

この場所に限っては禁止区域が解放されたらまた再度詳細をリライトします。



日系収容センター(ニューデンバー)

悲しいことに、カナダには日系カナダ人が差別されていた歴史があります。
 
実際の日系収容所だった場所がニューデンバー(New Denver)という場所にあるんですよ。
 
美術館(Nikkei Internment Memorial Centre)として現在は解放されています。
 

↑日系収容センター外観

↑かつての日系カナダ人が読んでいた本が保管されていた

メインの観光スポットとしては全く知られてないですが、カナダに訪れる際は日本人として是非知ってほしい歴史です。

《場所》

《アクセス》

Nikkei Internment Memorial Centre[/aside]

合わせて読みたい

ロッキー山脈(バンフ付近)

カナダといえば定番、やっぱりロッキー山脈ですね!私もついに去年行くことができました。
 

↑ロッキー山脈

↑頂上から地上の景色を眺めるのが最高

エメラルド湖(バンフ付近)

ヨーホー国立公園にあるエメラルドレイク。文字通り、色がエメラルドで美しく、まさに絶景です。

↑この色見たいがために!

↑湖にきれいに反射している木々

《場所》

ハイダグアイ島(ブリティッシュコロンビア北)

クイーンシャーロット島と呼ばれたこともあったのですが、先住民の歴史を守るため「ハイダグワイ島」に名前が戻されました。
 
ハイダは先住民の言語で「人々」という意味を持ちます。
 

↑そびえたつ先住民のオブジェ「トーテムポール」と朝一の日の出

日本ではまだあまり知られていない島ですが、最近この「ハイダグワイ島」は神秘的な場所としてものすごく注目を集めているんですよー!

下記画像の「バランスロック」と呼ばれる石。過去に何人もの人がこの石を押し倒そうとしましたがビクともせず、凛と目の前に立ちはだかっています。

↑バランスロックと呼ばれる観光スポット

人口5000人が住む島、たくさん見所が溢れています。

↑「Shipwreck」1928年に漂着した船がビーチに。

ハイキングスポットもたくさんあり、「地球そのもの」を感じられる旅になると、断言しますっ!

↑「スリーピングビューティー」と呼ばれる山。8時間のハイキングに挑戦しました

《場所》

合わせて読みたい

 ダイナソールパーク(アルバータ)

ここも穴場スポット!まずは写真をみてください!
 

↑ダイナソウルパーク

なんだか火星みたいじゃないですか!?

↑火星行ったことないですけどね笑

地球にこんな場所あったのかぁと。

↑かつて恐竜がいた場所

本当に今でも恐竜が住んでいそうな気配さえしましたよー。

アメリカのグランドキャニオンに引けを取らないほどの壮大な場所でした。

まどぅー
グランドキャニオン行ったことないんですけどねw

↑最後はジャンプ写真で!

何が穴場かって、夏休みの真っ只中なのに観光客が誰もいなかったんですよー。全然人気スポットじゃないみたいでした。

みんなが行く場所には行きたくない人にはぜひ行ってほしいオススメの場所です!

《場所》

《アクセス》
Dinosaur Provincial Park

まとめ

今回はまだ知られてない穴場を中心に、カナダの見所を紹介してみました♪

カナダでは「カラオケ」や「漫画喫茶」などの娯楽がほぼないですが、その代わりにハイキングやカヤックをしたり、海に出かけたり、自然と隣り合わせに暮らしているんですね。

カナダに訪れた際はぜひ行ってみてください♪

以上、まどぅー(@madocanada)よりお届けしました・

カナダでレンタカーを借りるなら「レンティングカーズ」

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】