【アートバトル】って知ってる?制限時間内に作品を仕上げるライブパフォーマンスは圧巻です!

まどぅー
こんにちは!!まどぅー(@madocanada)です。

先日、カナダのビクトリアで行われた「アートバトル」というイベントに行ってきました。

日本でも最近上陸したイベントで大反響を呼んでいます。

とても興味深いイベントだったのでご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

アートバトルとは?

アートバトル(Art Battle)とは、アーティストたちが制限時間以内に作品を仕上げ、アートの勝敗を競うイベントです。

2001年にニューヨークで誕生し、今では以下の国で開催されています。

  • 米国
  • カナダ
  • イギリス
  • ニュージーランド
  • オランダ
  • イタリア
  • 日本

世界規模のイベントになっているんですね!

各国、地域によってルールやテーマが違ったりします。

まどぅー
日本でも2016年から開催されているんですよー!

↑出場アーティスト

今回のアートバトルの概要

わたしが訪れたアートバトルの概要はこんな感じでした。

アートバトル概要(カナダ)

道具:キャンバス、アクリル絵の具(ブラシ、パレットナイフ持ち込み可)

制限時間:1試合20分間

年齢:19歳以上

競技方式:勝ち抜き戦

パフォーマンス方式:出場者一斉にスタート(ライブパフォーマンス)

ラウンド:1回戦、2回戦、決勝

オフィシャルサイト
https://artbattle.com/ 

Facebookページ
https://www.facebook.com/events/628826590574391/

 

バトルがスタートすると、会場の真ん中に集められた出場アーティストたちが一斉にキャンバスに作品を描き始めます。

↑バトルが始まりました

周りにいるのは観客です。

わたしたち観客は時計回りにぐるぐると歩きながら作品が完成されていく様子を見ることができます。

↑観客はなるべく立ち止まらずに歩き続けます

イベント内は誰でも撮影できましたが、『#Artbattle』でハッシュタグを推奨されました。

ライブペイントなので、1秒ごとに描き足されていきます。

↑20分間しかないのに完成度が高い!

アーティストによって全く作品が違うんですよねー!

↑出場アーティストの作品

↑筆を器用に使ってビルを描くアーティスト

観客を魅了したアーティスト

なかでもユニークな作品の描き方をしたアーティストがいたんですよ!

リンディーという出場アーティストです。

彼女は真白なキャンバスに向かって「ピンク色の髪の毛が長い人物」を描き始めました。

与えれた時間はたったの20分なので、求められるのは「スピード」と「発想力」。

このまま「ピンク色の髪の毛が長い人物」を描き続けるんだろうと、誰もが思っていました。

しかし!

20分間を経て完成した彼女の作品はコチラです↓

まどぅー
最初に描いていた「人物」がキャンバスには描かれていないんですよ。

最終的にはダイナミックな花を描きあげていたんですね。

何を描くかも、20分間をどう使うかも、完全に個人の自由なんです!

最後まで予測できないアート作品に魅了されました。

「ワイルドカード」とは?

このアートバトルには「ワイルドカード」と呼ばれるシステムが存在しました。

簡単にいうと「追加で与えられる出場権」という意味になります。

ちなみにスポーツによって「ワイルドカード」の定義は異なります。

観客の中で希望者がいれば、出場アーティストとしてバトルに飛び入り参加できます。

↑追加されたアーティスト枠

もちろんアート活動の経験は不問です。

どうやって勝敗が決まるの?

驚くことに、特定の審査員はいないんですよ!

観客投票なんです!

わたしたち観客の趣味主観で投票しちゃっていいんです。

エントランスで投票チケットがもらえます。

↑ラウンド1〜3まであります

ラウンドごとに紙をちぎって使います。

↑ちぎって使う投票チケット

アーティストたちが完成させた作品の下に、「ピンク色の紙袋」が設置されます。

↑アート下にぶら下がった紙袋

自分が気に入った作品の下にある紙袋に投票チケットをいれて、投票完了になります!

↑投票チケットを入れる

ラウンドは全部で3回あります。

【ラウンド1】6人の出場者で勝ち残れるのは2人。

【ラウンド2】6人の出場者で勝ち残れるのは2人。

【決勝ラウンド】勝ち残った4人が対決し、優勝者が決まる。

観覧料金は?

カナダ、ビクトリアのアートバトルの観覧料金は以下でした。

  • 当日チケット:20ドル
  • 事前オンライン:15ドル
  • 学生、シニア:15ドル

オンラインで事前にチケット買った方が安いですね!

書かれたアートはイベント後に売り出される!

完成された作品はイベント後にサイレントオークション式で会場に並べられます。

サイレントオークションとは、紙に値段を書き込んでいき、もっとも高い金額を書き込んだ人が作品を買い取れる方式です。(最低金額は40ドル)

まどぅー
このアートが欲しい!と思ったらその場で買えるんですよ!

作品が売れたお金はアーティストたちに還元されます!

↑並べられた作品

日本での次回開催は3月10日!

追記:イベントは終了しましたが、定期的に行われているよう。

来月、日本でもアートバトルが開催されるそう。

Art Battle Japan 2018

開催日時:2018年3月10日(土)17:00開場 18:00〜22:00
 
開催場所:東京都品川区東品川2−1 寺田倉庫 BC号棟
 
入場料:¥2,000
 
アートバトルサイト:https://art-battles-japan2016.amebaownd.com/

 

なんと、優勝賞金は10万円ですよー!

やばくないですか?だって、カナダでは賞金はかけられていませんでしたから。

見に行くのも絶対に楽しめるし、アートが好きな方にはぜひ出場者アーティストとして挑戦してほしいですね。

このアートバトルですが、国や地域によっても参加資格やルールが異なるそうので出場する方は必ず事前チェックしてくださいねー!

以上、まどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】