【30日間無料】Amazon Music Unlimitedで音楽聴き放題!

不適切な画像が勝手に送られてくる「Airdrop痴漢」とは?対処法をまとめました。

まどぅー
こんにちは、まどぅー(@madocanada)です。

先日、「Airdrop痴漢」の被害にあいました。

公共の場でいつもと同じようにiPhoneを使用していたら、携帯の画面上に不適切な画像がポップアップされたんですよね。

見知らぬ人から写真などを勝手に受信しないように設定しておきましょう!!

 

スポンサーリンク

そもそもAirdrop(エアドロップ)とは?

Airdrop(エアドロップ)とはファイル共有機能のことです。

まどぅー
ガラケーでいう赤外線に少し似ているかな。

Airdrop(エアドロップ)はiPhoneやMacなどのアップルユーザー同士なら誰もが使うことができます。

メールを使用せずに画像や動画をすばやく送信できるので、めっちゃ便利なんです。

画像や動画以外でも以下の情報をすばやく相手と共有できます。

  • ウェブサイトのURL
  • 連絡先
  • 位置情報
  • アプリ
  • メモ など

Airdrop痴漢とは?

便利なAirdropですが、その機能を悪用する人が増えてきました。

「Airdrop痴漢」と呼ばれています。

Airdrop機能を使って不適切な画像を赤の他人に送りつける迷惑行為のことです。

電車に乗っている時に被害にあうことが多いです。

加害者は以下のような画像を送りつけてくる傾向が強いです。

  • グロテスクな画像
  • 恐怖画像
  • 男性器の画像 など

れっきとした犯罪行為ですので、書類送検に至ったケースもあるんですよ。

まどぅー
とても悪質ですからね‥。

Airdrop痴漢を防ぐためにできること

具体的な対処法をまとめたので、iPhoneの設定を見直してみてくださいね。

①公共の場ではあらかじめ受信設定を変えておく

公共の場ではAirdropの設定を「受信しない」または「連絡先のみ」に設定しておきます。

iPhoneユーザーの場合は、設定>一般>AirDropです。

その後に「受信しない」または「連絡先のみ」を選択できます。

②プロフィールは本名からニックネームに変更する

念のために、名前はニックネームに変更しておきましょう。

設定の一番上から変更できます。

③プロフィール写真は削除する

写真を設定している人は、写真も削除しておきましょう。

<下に続く>


Airdrop痴漢にあってしまったらすること

設定をし忘れていて、見知らぬ人から不適切な画像が送られてきた場合は以下のことをします。

①その場で顔の表情に出さない

画像が自分の画面上にポップアップされた時に驚いた顔をしたり、辺りを見回すと、個人が特定されてしまいます。

相手が写真を送っている段階では、どの人に写真を送っているか気づいていません。

すぐに設定を変更し、冷静に対応しましょう!!

②スクショして警察に届け出る

残念ながら、混雑している場所や離れた場所からでは犯人を特定するのは難しいそう。

しかし、警察に届け出ることでセキュリティを強化してくれる可能性がありますよね。

同じ被害にあった人が他にもいるかもしれないので、犯人逮捕に繋がることもあります。

まとめ

iPhoneに限らず、MacBookノートパソコンをカフェなどで使用する際も気をつけたいところ。

以上、まどぅー(@madocanada)でした。

スポンサーリンク

【シェアしてくれたらめちゃ喜びます!】